FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

最悪それとも最高の組み合わせ?

 前立腺肥大の薬として、有名なのは、ハルナール (タムスロシン) とユリーフかな。人によっては、ユリーフの方が効果的ということもある。但し、ユリーフの欠点というか副作用は、逆行性射精が起きてしまうことだ。これって、女には理解できないだろうし、男でも経験したことのある人でないと、感覚的に理解できないだろうね。

 逆行性射精とは、勃起したペニスに刺激が与えられ、射精に至るんだけど、肝心の精液が出ないのだ。具体的には、射精感はあるのだけど、精液が尿道を通過する感覚が全くないのだ。かろうじて、我慢汁は出る。そのかすかな気持ちよさはある。なので、知らない女からみたら、「今日の精液は少なめで透明感が高いな」 ぐらいにしかみえないだろうね。

 では精液はどこにいくのかというと、逆行してなんと膀胱に流れてしまうのだ。もちろん、膀胱に流れているという感覚もない。精液も尿道を通過しないので、膀胱に流れても、なんら気持ちよさはない。しかし、絶頂の感覚はあり、精液を吐き出そうと、ペニスも膨張し、ピクピクとはなる。しかし精液が出ないのだ。なんとも不思議な感覚というか、もっといえば不快な感覚だ。

 スキンを着けていても、ペニスのピクピクはあるけど、尿道を精液が通過するドクドクという感覚がないのだ。それは女にも分るようで、射精したのは分るけど、いつものようなドクドクという感覚がなかった、となる。もちろん、スキンを外してみても、残っているのは僅かばかりの我慢汁だけだ。なので精液特有のクリの花の匂いもしない。

 ところで、前立腺肥大の薬としては、他にサルディアというのがある。こちらは、成分がバイアグラと同じというやつだ。血行をよくする薬らしく、尿の通りをよくする効果がある。副作用として、勃起しやすくなるというのがある。これだけ飲んでもいいし、これとハルナール (タムスロシン)、もしくはこれとユリーフという組み合わせもある。

 ある時、ユリーフだけを飲み続けていた時期に、セックスすることになり、急遽、サルディアも追加で飲んだことがある。これを飲むと、確かに勃起しやすくなる。30分、クンニしつづけていても、股間のペニスはカチカチのままだ。射精したあとも、全くの刺激がなくても暫くは勃起状態が続いている。しかしだ、せっかくカチカチに勃起しているというのに、いざ射精となると、肝心の精液が出ないのだ。なので、強烈な快感もない。その時はなんという皮肉というか、矛盾なんだ、と思ったものだ。

 なので、それ以来、セックスして射精感を味わいたいときには、ハルナール (タムスロシン) とサルディアを組み合わせるか、サルディアだけにしている。しかし、時にはユリーフを飲み続けている時に、セックスすることになり、急遽、サルディアと組み合わせる、なんてこともある。

 これを繰り返していると、この組み合わせって、もしかしたら、最悪ではなく、最高の組み合わせかも、と思うようになった。ユリーフを飲むと、逆行性射精となるけど、このためか、いくらスラストを繰り返しても射精感が登ってこないのだ。というか、むしろ射精 (逆流だとしても) するのに一苦労という感じなのだ。最後、相当激しく出し入れしないと、射精できないぐらいだ。簡単に言うと、重度の遅漏状態となる。しかし、サルディアも飲んでいるので、カチカチの勃起状態はずっと続く。

 もうお分かりだろう。この組み合わせだと、何時間でも勃起状態が続き、なお且つなかなか射精感がこみ上げてこないのだ。だから、本当に1時間でも激しく腰を振り続けることができる。女の方も、もうぐったりとなってしまうけど、それでも射精することもなく、勃起し続けるのだ。これって、若い頃に求めていた、最強のペニスかもしれない。まあ、唯一の欠点は、最後に射精しても、気持ちのいい射精感がないということだ。しかし、イキ続けてぐったりとなっている女を見ると、それぐらい引き替えにしてもいいかな、と思えてくる。やっぱり自分は根っからの奉仕系Sだと思ったね。





    posted at 00:00 | 射精のモード | CM(0)
FP流、究極の挿入術

 むかし読んだ女性の体験談に、女性にとっての挿入って「気が付いたら挿入されていて一つになっていた」というのが理想、というのがあった。その意味するものが、最近になってやっと分ってきた。いや、セックスって、奧が深いね。
 これって、別な言い方をすると、「異物感のない挿入が理想」ということでもある。裏を返せば、ペニスを膣に挿入されるのって、女性にとっては、異物感があるということだ。十分に濡れていない時とか、いきなりの挿入の時とか、あるいは大きなペニスの場合、特にそう感じるようだ。

 なぜ、このことに気が付いたかというと、成り行きで偶然に体験したことがきっかけだった。詳しくは、「逆素股からの自然な生挿入」【体験談ー大きなペニスがいいの】をご覧いただきたい。FP流、究極の挿入術とは、この異物感を徹底的にゼロにする挿入術でもある。異物感を招きやすい大きなペニスの場合とか、はじめての女性とセックスする時にはお勧めだ。もちろん、生での挿入の場合だけどね。

 姿勢としては、二つの体験談にあるように女性上位でも、正常位でもかまわない。挿入前にたぷりと時間をかけて、キスやおっぱいへの愛撫、クンニなどで女性を興奮させ、膣も十分に濡れていることが大前提だ。
 その上で正常位の場合、男が逆素股をするように、亀頭を割れ目にそって軽く上下に動かし、亀頭の裏側をクリの位置にくるようにして、そのまま覆い被さるのだ。亀頭を割れ目にそって軽く上下に動かすのは、いわばご挨拶みたいなもので、決して入れるようなそぶりを見せてはいけない。

 こうすると、亀頭の裏側の粘膜がクリに圧迫刺激を与える。これだけではイク事はできないが、かすかな刺激が送り続けられる。そして、覆い被さりながら、抱きしめ、キスしたり、首や耳を愛撫したりしては、いろいろとお話しするのだ。このお話しタイムが、互いに挿入することを意識から遠ざけてくれるのだ。そして、脇の下を舐めたり、おっぱいや乳首を愛撫する。

 徐々に女性の方も、入れて欲しくなってモジモジしだす。腰をクネクネし出したら、そのサインだ。このタイミングで、きつく抱きしめ、身動きできない状態にしてキスをしながら、男の腰をほんの少し、後に引くようにする。すると、クリにあたっていた亀頭が1~2センチ、下に下がり、ちょうど亀頭の膨らみが膣口の粘膜にすっぽりと納まる。粘膜と粘膜が触れあうので、この変化は女にも分る。しかしまだ挿入しようとしてはいけない。

 熱い粘膜どうしが触れあう感触だけを、キスをしながら楽しむのだ。入れてこようとしない男に、女は「あれ、入れてこないのかな」と思うことだろう。それが期待を呼ぶ。二人の粘膜が長時間、触れあっていると、境目が消えてきて、互いに溶け合う感覚になる。入っているのか、入っていないのかも分らなくなってくる。

 男も決して腰を押し出して入れようとしてはいけない。反対に腰をほんの少し引くのだ。そうすると、ペニスに角度がつき、亀頭が数ミリだけ、膣中に潜り込む感じがある。そしてまたキスをする。まだ完全には入っていない。この時、キスのほか、乳首に吸いつくのも効果的だ。上半身の快感ポイントと、亀頭と密着している下半身の快感ポイントとの回路が接続され、女としても男と一体化する回路をさらに完全なものしたいという気持ちになるからだ。

 しばらくしてまた腰を少し引くと、さらに数ミリ、潜り込む感じがある。男としては、膣口のきつい締め付け部分にあがなおうとはせず、女の方から膣口を緩めて亀頭を迎えにこさせるようにするのだ。ただ、膣のその動きに身を任せていればいい。決して男から入れるそぶりを見せないけど、亀頭は数ミリずつ、膣中に潜り込み、それでもじっとしていると、粘膜どうしが溶け合ってきて、どこまで入っているのかも分らなくなってくる。

 それでも互いの結合部に意識を集中させると、亀頭の後側の棹の部分の皮膚感覚の違いから、「挿入された」と認定するだけの長さが入り込んでいるのが分る。長いペニスだと、まだ先っぽの4~5センチしか入っていないんだけどね。男としても、ここまで入れば、もう抜けることもない、という確信が持てる。
 でも、まだ奧を突こうとしてはいけない。というか、スラストを連想させる動きをしてはいけない。あくまで、気が付いたら、一つになっていた、という感動を味わうだけにする。

 そして女の方が動きを欲しがってきたら、上体を起こすなり、腰を突き出して、少しずつ、残りのペニスを挿入していく。でもまだ奧までは突かない。そして、またキスをし、会話を楽しむ。女の方が我慢できなくなって、腰を振ってきたり、よがり声を上げだしたら、おもむろに、まるで膣内の感触を味わうように、ゆっくりとアスラストを初めていく。

 なんだ、ゆっくりとした挿入なら、直角正上位でもできるじゃないか、と言われそうだけど、このやり方とはまるで別物だ。ただのゆっくりとした挿入は、女には焦らしにとれれが、これは焦らしではない。だって、そもそも入れようとしないのだから。粘膜の接触がもたらす快感の引力に引かれるように、互いの性器が少しずつ、重なり合って、一つに溶け合っていくのだから。

 直角正上位の場合、ニュートラル・スラストで入れることができる。しかし抱きしめ合った姿勢だと、ペニスに角度がつき、必ずしもニュートラル・スラストにはならない。しかし、不思議なことに、こちらの角度の方が、自然な合体ができるのだ。もしかしたら、挿入に関しては、ニュートラル・スラストよりもよりよい角度というのがあるのかも知れない。

 この挿入方法で結合すると、最初の違和感がまるでないので、その後のセックスも、なんかそれまでのとは別物という感覚になる。なんというのか、とにかく自然なのだ。二人の性器が溶け合った状態で一つになっていて、そこからスタートしているので、どんな体位であれ、どのようにスラストするのであれ、二人の性器の心地よい一体感がずっと続くと言えばいいかな。セックスが終った後も、なんか離ればなれになるのが惜しいような感覚になるだろう。

 この挿入方法って、あまりに自然なため、エロさがまるでないのだ。「一番エロイ瞬間は男が挿入モードに入る時」【挿入について】で書いたように、男が女の股間に割って入り、挿入モードに入る時って、一番エロイ瞬間でもあるが、それをないからこそ、エロさもなくなる。まあ、それと引き替えにこの自然さを得ているとも言える。
 逆に言うと、エロさを最大限に出したければ、男が挿入モードに入ったことを女に知らせ、「異物感」をたっぷりと味わうような挿入をしてあげることかな。これはこれでワイルドでいいけどね。しかしそればかりでは、動物的になってしまう。それを強調させるためにも、時にはこういったまったり系の挿入も必要だ。

 女性上位での挿入でも、ほぼ同じ感覚となるけど、女性上位の方がやや女に主導権があるといえるかな。あと、横寝バックでも、上体を密着した姿勢での挿入ができなくはないが、男がペニスを指で握って角度をつけないと挿入できないのと、やはり膣口のきつい部分を押しのける感覚があるので、これほどの自然な挿入感はないかな。

 男としては、女が異物感を感じるほど、大きなペニスを「ぶち込む」というワイルドな興奮を味わえないのが欠点といえば欠点かな。しかし、それは体位変換をする時とか、二回戦でやればいいことだ。このとろけるような挿入だけは、最初しか味わえないので、そのチャンスを活かしたいものだ。




    posted at 00:00 | 挿入のテクニック | CM(0)
バックでの高さ調整

 男女の身長差は、正上位にしろ、女性上位にしろ、対面性交の場合はさほど問題とならない。しかしバックとなると、身長差が問題となることがある。平均身長でいうと、男のやや方が高いので、大きな問題はないが、女性の身長が極端に低い場合や、同等か女性の身長の方が高い場合、多少の調整が必要となってくる。

 特に身長差が問題になるのが立ちバックだ。女性の身長が極端に低い場合、女性を台の上に乗せるか、あるいはわざと持ち上げて空中セックスという手もある。普通にしたければ、男が両脚を広げ気味にすれば、腰の位置を下げることができる。

 女性の身長が男と同等か、高い場合、男としては立ちバックはやりにくくなる。そもそもバックって、動物的な交尾の体位だから、強靱なオスがか弱いメスを背後から襲うイメージがあるけど、女の方が背が高いと、その図式も崩れてしまう。それに、バックの場合、女性の膣内の性感エリアは、下側にくるが、女の身長が高いと、その性感エリアをペニスの亀頭や棹の下側で刺激しにくくなる。見た目だけでなく、与える快感にも影響がでてくるのだ。まあ、男が台の上にのればいいのだけど、それも情けないので、こういう場合は、立ちバックは避けることかな。

 四つん這いバックの場合も、同じ事がいえるけど、こちらの方はまだ調整がしやすい。背の低い女なら、男が両脚を広げ気味にすればちょうどいい高さにすることができる。問題は、背の高い女性の場合だ。女性の背の高さだけでなく、背の高い女の場合、膝から股関節までが長いことが多い。
 この場合、四つん這いバックになった時に、お尻の位置、つまり膣の位置が高くなり、男としては挿入やスラストがやりにくくなるのだ。まるで背伸びをしながらやっているような感覚になり、征服欲を満たすことは出来ない。

 こういう時にどうしたらいいか?実は、簡単で、女の両脚を開き気味にすればいいだけだ。肩幅だと高すぎるなら、両脚をハの字に広げていけば、股間の位置は下がっていく。さらに広げていくと、限りなく寝バックの姿勢に近くなる。
 女性がこの姿勢を取ることには、もうひとつのメリットがある。それは膣内の性感エリアである膣口や膣天井が左右方向に横に引っ張られるため、ペニスで擦られた時の摩擦が増し、感度もさらに増すのだ。

 なので僕は、ちょうどいい高さの女性でも、敢えて女性の両脚を広げ気味にさせることが多い。それと、女の股間の位置を下げれば下げるほど、「膣天井直撃バック」と同じ体位になっていく。男が腰を高くあげて、下に向って突き刺す「膣天井直撃バック」って、女には効果てきめんだけど、男には体力的な負担が多い。なので、女の両脚を広げて股間がベッドから20センチぐらいの高さにすれば、男はそれほど腰を高く掲げなくても、「膣天井直撃バック」と同じように膣天井を突きまくることができるからだ。

 AVとかみていると、四つん這いバックのあわせ技として、女の片手や両手を後にひっぱたりと、いろいろなやり方をやっているけど、一番、大切なのは、見た目の派手さではなく、女の両脚を広げて腰の位置を下げ気味にし、膣天井を亀頭やペニスの裏側で擦りまくることだ。これこそが、バックをやる意味なんだから。




    posted at 00:00 | セックスの体位 (バック) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: