FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

奉仕系Mとしてのおしっこ飲み

 おしっこを飲ませる女にも、MとSがあるように、おしっこを飲む側の男にも、MとSがあると思う。SMクラブなんかは、その役割がはっきりとしていて分かりやすい。客におしっこを飲ませる女はどう見てもSだし (少なくともそれを装っている)、飲む側の男は完璧なMといっていいだろう。おしっこ系のAVも、ほとんど全てこの路線で、いやがる男の顔や口に容赦なくおしっこを浴びせるというのが多い。さらには、ペットボトルやチューブなどを使って、強制飲尿というのもある。

 ところが、僕に言わせると、おしっこを飲む男の全てが完全なM男かというと、そうでもないと思う。少なくとも僕はね。初めてのおしっこ飲みに挑戦した時には、M的な背徳感に対する好奇心がなかったとは言わない。しかし、実際におしっこを飲んであげると、女もそれまで味わったことのない興奮を覚え、自分の全てを受け入れてくれた、と感動もする。この女性の興奮と感動があるからこそ、おしっこを飲んであげることができるのだ。これって、単純なSやMの世界ではなく、「奉仕系M」 の世界だと思う。

 だから、好きでもない女のおしっこは決して飲むことはできない。あくまで好きになって、彼女を喜ばせてあげたい、と思わせる女でなければ、とてもできるものではない。誰のでもいいから飲みたい、というわけでは決してない。
 それに、いくら慣れても、おしっこそのものは、決しておいしいものではない。薄味のならまだいいとしても、濃いやつだと、しょっぱいし、苦いし、アンモニア臭い。コップにとっておいたりして、時間が経ったものだと、とても喉を通るものではない。

 これは、残念ながら好きになった女性のおしっこでも、例外ではない。あくまで、興奮している生身の女性の尿道から直接、口の中にそそがれるからこそ、なんとか飲めるのであって、そうでなければ、なかなか辛いものがある。あと、自分でも興奮していることも、条件かな。なので、一度、射精してしまうと、口に受けることはできるけど、飲み込むとなると、やはり辛いものがあるかな。
 時には、おしっこを飲みながら、「おいしい」 と感じることもあることはある。あまりしょぱくないおしっこで、自分も相手の女性ももの凄く興奮している時など、そう感じることがあるけどね。これって、きっと精神的な要素が強いと思う。

 自分の興奮のためではなく、あくまで女を喜ばせようとして飲んでいることは、相手の女性にもしっかりと伝わる。というのも、無理やりに、まずいものを飲まされているのとは真逆だからだ。どういうことかというと、その女性を愛おしく思うあまり、その女性の体から出るもの全てが愛おしく思えてきて、自分の体内に入れるわけだから、一滴もこぼさず飲みたいと思うし、何よりも、おいしそうにゴクゴクと喉を鳴らしながら飲んでくれるからだ。

 全て飲み終わった後に、おしっこだらけの股間を舐めてあげるのも、ヘアーや大陰唇についたおしっこの滴まで、全て飲み込んであげたいからだ。そんなお掃除クンニをされたら、女としては、感動しない訳がない。ほとんどの女性は、飲んでもらったあとに、心から 「ありがとう」 と言ってくれる。S壌は決してそんなことを言わない。

 ただ、面白いのは、初めておしっこを飲まれた女は、恥ずかしくてたまらず、どちらかというと、Mっ気を刺激される。ところが、慣れてくると、男におしっこを飲ませるという、精神的な快感に目覚めていき、かなりSよりになっていく。逆に、男の場合も、最初は女に恥ずかしさの極致を味あわせてあげよう、興奮させ、喜ばせよてあげよう、という、どちらかというとSよりな立場からスタートしても、徐々に、おしっこまで飲んでしまっている自分に興奮していき、Mよりにシフトしていくことは確かだ。

 それでも、好きでもない女のおしっこはやはり飲めないし、完全な自己満足というか、自分の興奮のためだけに飲むことはない。自分でも背徳的な興奮を味わっていることは間違いないけど、やはり相手の女性に興奮して、気持ち良くなって欲しい、異次元の快感を体験して欲しい、という気持ちが消えることはない。まあ、正直いうと、この両方の比率は、50対50という感じかな。

 おしっこを男に飲まれた女性の体験談なんかを読んでいると、Sな男も少数いるけど、どちらかとうと真性のMな男が多いようで、僕のような奉仕系のMの男は、それほどいないようだ。でも、こうした 「対等」 な関係のプレーというのも、男女ともに、SとMの両方を味わえるわけだから、悪くないと思うけどね。




    posted at 00:00 | おしっこの快感(飲む男) | CM(0)
おしっこプレーの両義性

 男の体や口におしっこをしたり、さらには飲ませる行為って、実はSとMの世界の両方に跨がっている。その意味では、顔面騎乗でのクンニに似ていて、両義的なものだ。

 女性が初めて体験する場合であれば、ほぼ例外なく、女性は辱めを受ける側だ。そもそも、男の前でおしっこするところを見られるだけでも、恥ずかしいものだ。ましてや、おしっこを男の顔や口に出すのは、さらに背徳的だ。そして、そのおしっこを飲まれるのは、恥ずかさの極致だ。おまけに、尿道口に吸いつかれての直飲みは、快感もともなうので、恥ずかしさに気持ち良さが加わり、なんとも言えない快感となる。おしっこをコップに取って飲まれるのも、飲む姿を間近で見ることができるため、直飲みとはまた違った衝撃があるものだ。

 ところが、何回か飲まれていると、「男に自分のおしっこを飲ませる」という意識が芽生えてくる。飲ませる恥ずかしさは完全には消えないが、背徳的な快感がやみつきになってくる。「私のおしっこ、そんなに飲みたいの?」 「私のおしっこ、おいしい?」「 私のおしっこで興奮するんだ」 となり、「なら、飲ましてあげてもいいよ。その代り、一滴もこぼさずに飲んでね!」 となってくる。

 回数をこなしていると、直飲み以外にも、全身にかけたり、勃起しているペニスにかけたり、顔にかけたりといったプレーも経験していくようになる。こうした放尿プレーとなると、もう限りなくSの世界となる。
 飲尿プレーも、コップなどにとって女の手で無理やり飲ませたり、男を拘束したりして飲ませると、もう完全にSの快感を感じるようになる。つまり、放尿や飲尿プレーをくりかえしていくと、ほとんどの女性が、MからSへと目覚めていくということだ。

 これは、相手をする男も同じだ。最初は、恥ずかしがる女におしっこさせたり、目の前で飲んでしまったりして、女を驚かせ、恥ずかしがらせるのが楽しくもある。この時点では、男はどちらかというとSだ。
 しかし、女の意識が転換し、「飲ませる」 という感情が出てくると、男には、「飲まされている」 という感情がおこってくる。Sな男がMに転換する瞬間だ。      

 一人の女性のおしっこを繰り返し飲んでいると、この転換がはっきりと分かる。中には、一回目で男に飲ませる快感に目覚めてしまう女性もいるけどね。ちなみに、SMクラブでのS壌による男への 「聖水プレー」 は100%、Sの世界だ。定番のメニューとしておしっこを飲ませるわけだから、恥ずかしがってなんかいたら、仕事にならないしね。
 そして、男としても、最初は女の驚く姿、恥ずかしがる姿を楽しんでいたはずなのに、いつの間にか、「飲まされる」 興奮と快感にシフトしていってしまう。
 なので、飲尿プレーには両義性があるといっても、それは時間軸によって一定のベクトルがあるということかな。




    posted at 00:00 | おしっこの快感(飲む男) | CM(0)
おしっこの興奮は味か量か?

 男にとって、女のおしっこを直飲みするのって、ものすごく興奮するものだけど、その興奮の度合いは、相手の女性との関係や、おしっこを飲む姿勢にくわえ、おしっこの味と量によっても大きく変わる。ここでは、特に、おしっこの味と量の違いについて、男の本音を語ってみたい。

 女性のおしっこの味って、体調やその前に飲んだ物などによって、微妙に異なる。概して、朝一番は濃いと言われている。おしっこも濃縮されていて、色も濃く、しょっぱさも格別だ。逆に、水分を大量にとった後だと、意外と水っぽいおしっこで、アンモニア臭も、しょっぱさもそれほど感じないことがある。構えていた時だと、ちょっと拍子抜けするほどだ。中には、ほのかに甘い味のするおしっこすらある。

 まあ、初心者には、こうした薄味のおしっこだと、飲みやすいかも知れない。しかし、上級者には、ちょっと物足りなく思うこともある。おしっこらしくないのだ。反対に、濃厚でアンモニア臭もきつく、しょっぱいおしっこだと、チョロチョロと漏れただけで、味の濃さは分かる。「むっ」 とくる匂いと味に、期待と怖さが交差し、ドキドキする。こんなものをオレは飲もうとしているんだ、と背徳感も凄い。

 しかし、その濃いおしっこが実際に口の中に入ってくると、飲む前の期待とは裏腹に、まるで海水のようなしょっぱさに、喉が痛くなるぐらいだ。そして 「こんな濃いの、飲んで大丈夫なのかな?」 という不安もよぎる。いかにもおしっこらしいおしっこを飲んでいる興奮と、辛さとの狭間で、「どうしよう…どうしよう」 「できれば、早く止まって欲しい」 という気持ちになってくるのだ。

 では、量はどうか。女性がどれだけ一杯おしっこを溜めていても、いざ男の口の中に出すとなると、なかなか緊張して出ないものだ。なので、男としても、どれだけの量がでるのかは、飲んでみないとわからないのだ。まあ、この緊張感がいいのだけどね。
 最初はどの女性も、出だしは 「チョロチョロ」 だけど、そこで止まってしまう女性と、その後、豪快に 「ジャー」っ と出る女性とがいる。この違いも男には予想できない。

 味が薄めで飲みやすいと、「これならいける、どんな大量でも大丈夫!」 と思うものだし、逆に、辛くなるほどの濃さだと、「うわ、これで大量にでたら、どうなるかな」 とちょと不安にはなる。そして、薄めのおしっこが途中で止まってしまうと、「もっと飲ませて!」となる。逆に、濃いめのおしここが止まってしまうと、内心、ちょっとほっとするかな。

 問題は、期待どうりというか、おしっこが大量に 「ジャー」 っと出続けた場合だ。薄めので飲みやすい味でも、さすがに大量に出続けると、息をする暇もなく、「ゴクゴク」 と喉を鳴らしながら、飲み続けなければならない。しかも、どれだけの量がでるのかは、全て出し終わってみなければ分からないのだ。

 最初の内は、自らの意思で飲んでいるのだけど、あまりに大量だと、途中から 「飲まされている」 と いう感覚になってくる。 「一体、どんだけ出るんだ!?」 と軽い、パニックにすらなる。今までの経験で、一息で飲んだ最大の量は、大きめなコップ2杯分ぐらいかな。 「ゴクゴク」 という喉を鳴らす音が30回ぐらいも連続したことがあった。さすがにこの時は、飲んでいる途中から、急にMのスイッチが入ってしまい、めちゃ興奮した。気がついたら、手も触れていないのに、お漏らしするかのように、半分ぐらいの精液が亀頭からタラタラとこぼれ出てしまったほどだった。

 また、ある時は、20回ぐらい、「ゴクゴク」 と喉を鳴らしながら飲み、止まったところで 「ハアハア」 と深呼吸しながら、一滴もこぼさずに飲んだ満足感に浸っていると、「また出ちゃう」 とまたおまんこを押しつけられ、さらに20回ぐらい、「ゴクゴク」 と喉を鳴らしながら飲んだことがあった。この第二ラウンドは、完璧に 「飲まされている」 という感じで、めちゃめちゃMっ気が刺激されたね。総量としては、この時が最高記録かな。

 こうした経験を積んでいくと、おしっこの味は濃ければ濃いほど、男としては興奮する、ということだ。ただし、あまりに濃いと、途中からは興奮よりも辛さが出てくる。そして量は、多ければ多いほど興奮するということだ。
 しかし、どちらがより興奮するかというと、やはり量の多さだろうね。濃い味だけでは、頭が真っ白になり、飲みながら手も触れずに射精してしまう、ということはない。しかし量が想像を超える場合、途中で「飲まされている」 というMの感覚にスイッチしてしまい、背徳感とは別の興奮が加わってくるのだ。

 こうしてみると、濃い味のおしっこを大量の飲むのが、最も興奮するという理屈になるかな。そういえば、大量のおしっこを「ゴクゴク」 と30回も喉を鳴らしながら飲んで射精してしまった時も、しょっぱくて濃いおしっこだった。

 なお、初めての体験でも、男の口に 「ジャー」 と勢いよく、全てのおしっこを出し切ることのできる女性って、どちらかというと、性に対してオープンで、多少はSっ気のある女性が多いかな。そういう女性だと、「飲まれる恥ずかしさ」 と同時に 「飲ませる快感」 にも目覚めてしまうので、二回目以降は、もっとハードなプレートなることが多い。おしっこも、会う前に目一杯、溜めてくるしね。それだけに、濃さはないけど、とにかくその量に圧倒され、大いにMっ気が刺激される。

 


    posted at 00:00 | おしっこの快感(飲む男) | CM(0)
おしっこの5つのモード

 おしっこプレーの世界に入り込むと、あれも試してみたい、これも試してみたいと、妄想の世界も広がっていくものだ。こうしていろいろなプレーを体験していくと、どうもおしっこをするモードって一つではないな、ということに気が付いてくる。少なくとも5つのモードがあるように思う。

 第一のモードは、日常的な排泄行為としての 「排尿」 だ。基本的に誰にも見られることのないトイレで、自分一人の世界にはいり、ただ排尿するというものだ。これは100%の生理的な現象なので、男も女も躊躇することなく、ジャーっと豪快に出す。
 もっとも、男の場合は、自宅は別として、公衆トイレで小便をする時って、回りに他の男がいることが多いので、必ずしも一人の世界というわけではない。ある意味、常に他人の排尿をチラチラと見ながら、こちらも他人に排尿している姿を見られているのだ。
 しかし、女性は小便の場合でも個室に入るので、完全に自分の世界に入る。女性が排尿を人に見られることに恥ずかしさを覚えるのはこのためだ。男は、常に人前でしているので慣れている。

 第二のモードは、「お漏らし」だ。溜ったおしっこが我慢できずに、パンツや服を着たままお漏らししてしまうというやつだ。これは男にもなくないが、多くの場合は女性によく起る。おそらく女性の方がトイレに行くのを恥ずかしがって、おしっこを我慢してしまうことが多いからだろう。しかも、膀胱と尿道口との距離が短いため、一度お漏らしをしてしまうと、もう止まらなくなってしまう。
 まあ、それがまた快感となって、お漏らしプレーにはまってしまう女性もいる。わざとおしっこを溜め、ギリギリまで我慢しながら、オナニーをし、オーガズムと同時にお漏らしをする。あるいは、人前や野外でのお漏らしの快感を味わうため、おむつをしてお漏らしをする女性もいる。
 
 第三のモードは、「放尿」 だ。「放尿」 というと、純粋な生理現象としての「排尿」よりも、その行為を人に見られる、見せるという意識が加わる。人に見られる可能性のある野外でのおしっこもこれに当たる。男の立ちションは、排尿というよりは放尿だ。あるいは、人に見られることがなくても、自分で意識的に放尿を楽しむこともある。出し方も、豪快に出してみたり、ちびちび出したりと自由だ。女性なら男子トイレに忍び込んで、立ちションの姿でおしっこをするのも、意識的な 「放尿」 になる。意識がいくので、当然、おしっこの軌跡も見るし、その匂いを嗅いだりもする。

 第四のモードは、モードとしては 「放尿」 の延長戦上にあるが、だた放尿するだけでなく、異性であれ同性であれ、おしっこをする相手がいる場合だ。その一つが、相手の体 (顔や股間) に向っておしっこをする場合だ。これを受ける側から言うと、「浴尿」 となる。顔や全身におしこを浴びるというのは、なかり屈辱的なことだけど、それがまたされる方のMっ気を刺激される。ましてや複数いれば、文字通り、「浴尿」 となる。する方もSっ気全開となる。

 第五のモードは、これもモードとしては「放尿」の延長戦上にあるが、だた放尿するだけでなく、異性であれ同性であれ、相手の口に向っておしっこをするものだ。体と口とでは全く違う。というのも、口に放尿することは、それを飲ませる行為になってくるからだ。これを飲む側からいうと「飲尿」となる。「聖水」 プレーと呼ばれるように、SMプレーの定番であるが、それだけに、飲む方、飲ませる方とも興奮度は半端ない。S女でなくても、飲まれる興奮は相当のもので、恥ずかしさや、女として受け入れられたという嬉しさもあって、味わったことのない快感となる。

 さて、これらの5つのモードのうち、おしっこプレーと関係があるのはどれかというと、実は全部あるのだ。排尿からお漏らし、放尿、浴尿、飲尿という順番で過激にはなっていくけど、排尿だけでも、マニアには興奮するプレーとなる。見られていると自覚していない女性のおしっこって、勢いも凄く、男としては何か見てはいけないものを見てしまった気分になる。反対に、偶然に見られてしまった女性の羞恥心も凄い。その時の快感が忘れられず、「覗かれ願望」 が芽生えてしまう女性もいる。

 本来なら排尿行為は、覗きでもしない限り見ることのできないものであるが、盗撮もののAVなら、見ることができる。いや、その迫力たるや凄いものだ。おしっこ好きの男としては、このトイレの下にいくことができたら、と思うものだけど、その妄想を実現するのが、「洋式トイレ」 プレーだ。簡易型の洋式トイレの下に男が寝て、女のおしっこを口で受ける、というやつだ。女の方は、下にいる男を意識してしまうので、厳密な意味での排尿とはならず、放尿に近くなってしまうけど、知らんぷりをしていつものようにおしっこをすれば、限りなく排尿に近くなる。

 お漏らしは、女一人でもできるプレーだけど、男の目の前ですれば、より羞恥心を刺激される。さらに、パンツ越しに男におしっこを飲まれてしまえば、なおさら恥ずかしい行為となる。また、パンツを脱いだ状態で、クンニされていて、オーガズムと同時に感極まってお漏らししてしまう、というのもある。この場合も、男におしっこを飲まれてしまう点では同じだ。

 排尿の次に来る放尿だけど、これはおしっこを出す対象によって大きく変わってくる。検査の為に検尿の紙コップにおしっこを出すのは、放尿というより排尿だけど、男に飲まれる事を前提にコップへおしっこを出すのは、放尿となる。なので、これを飲む男の側からしいえば、検尿コップの方が、飲まれる事を前提としていないので (プレーだとしても) 背徳感は強い。

 放尿でも、男の体や顔におしっこをかける放尿は、ある意味、飲尿よりも男にとって屈辱的だ。ましてや複数の女におしっこをかけられると、浴尿となる。浴尿でも、口めがけておしっこを出されたら、飲むことになり、飲尿プレーが加わる。飲尿プレーも複数となると、被征服感はさらに増す。もっとも、自発的に飲むのと、強制的に飲まされるのでは、まるで別物だ。もっともM男の場合は、自ら望んで強制飲尿されたいので、根源は同じだけどね。

 このように、おしっこには5つのモードがあるが、どれもおしっこプレーになり得るということだ。排尿からお漏らし、放尿へと徐々に過激になっていくとはいえ、全てに共通してるのは、おしっこを飲むことができる、ということだ。洋式トイレでの口受け、検尿コップからの飲尿、お漏らしパンツからの飲尿、全身におしっこを浴びながらの飲尿、そしておまんこからの直飲み。そしてそれぞれに味わいがあるが、洋式トイレの方が、排尿という原初的な行為からの飲尿なので、より非日常的な感じがする。




    posted at 00:00 | おしっこの快感(飲む男) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: