FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

口内射精後の精液の飲み方

 口内射精の精液の飲み方って、普通は、口の中に精液を溜めておいて、最後に「ゴクリ」と飲むことが多いと思う。AVなんかもそんな飲み方をしているし、僕の今までの経験でも、そのように飲まれたのを記憶している。
 ところが、もう一つの飲み方があることを知った。とある女性とセックスした際に意外な展開になってしまったのだ。彼女からは、事前に、「今度会う時、○○さんの精液飲みたい」と言われていたので、互いにそのつもりでいた。僕の方も、彼女のために精液をたっぷりと溜ていたし、彼女の方も、挿入されながらも、いつ精液を飲ましてもらえるのか、ずっと期待していたと思う。だから、互いに満を持しての口内射精だった。

 射精めがけてスラストしている間、安全をとってスキンをつけてもよかったが、瞬間に外すのも不自然だし、初めての飲精でゴム臭い匂いがしてはかわいそうなので、生で挿入した。精液はやはり出したてが一番おししいと思うからだ。

 そして生で挿入しながら、射精感がこみ上げてきた。ついにその時がきた。安全日ではなかったので、少し早めに抜いて起き上がろうとすると、彼女も待ってましたとばかり、上半身を起こして口を開けながら、愛液でテカテカにぬれたペニスをパクリとくわえてきた。
 こみ上げてきた射精感をきらさないように、彼女の口の中にペニスの前半分を差し込みながら、残った棹の部分を必死にしごいた。
「いくよ!」
「...んっぐ」とくわえたまま頷く彼女。
 溜めていただけに、大量の精液が長い真綿の糸のように、切れ目なく尿道を通過している感覚があった。
 当初は、「お口をあけてアーン」をした状態で、舌の上や口の中に精液を出してあげよう、と考えていた。たけど、やはり瞬間は無意識のうちに奥に入れたくなる。ペニスが5センチぐらい彼女の口の中に入ったところで、勢いよく最初の噴射が始まった。
 自分でもびっくりするぐらいの、大量の精液が4~5回に渡って噴射した。全てを出し切ったところで、急に彼女がむせこんだ。かわいそうになってまだ硬いペニスを抜くと、ペニスの回りには精液がついていなく、きれいなままだ。咳き込む彼女の口から精液がこぼれ出ることもなく、口の中には一滴の精液も残っていなかった。
「え? 全部、飲んじゃったの?」
彼女は咳き込みながらも、うなずく。
 
 あとで聞いたら、口の中に溜めてまとめて飲もうと思ったけど、喉の奥にすごい勢いで大量の精液が流し込まれてきたので、飲み込むしかなかったという。
 自分としては、ペニスの先っぽだけいれたつもりだったけど、よく考えたら、18センチもあるので、先だけ入れたつもりでも、彼女の喉の奥まで入り込んでしまっていたのだ。
 しかも、なんとか一回目の多量の精液を飲み込んだ次の瞬間、また次の噴射がはじまり、精液の味や匂いを味わう暇もなく、次から次へと飲みこむしかなかった、という。噴射は4~5回続いたので、これを彼女は4~5回、続けたことになる。そしてついにむせこんでしまったというわけだ。

 初めての「精液飲み」の経験だったのに、彼女にとっては、イラマチオに近く、喉の入り口のところに勢いよく噴射されてしまったわけだ。
「どんな味がした?」
「いきなり喉を通過したので、よく味わっている暇がなかったけれど、思っていたよりも苦くはなかった」
「そう、精液って甘い時もあるよ」
「そうなんですか」 

 その夜、彼女から「精液を飲んだってことにもの凄く興奮して、家に帰ったからまたオナニーしちゃいました」というメールが届いた。男としては嬉しいね。
 返信で、彼女の飲み方が、イラマチオというやつで、どちらかというと上級者向けのマニアックな飲み方であったことを教えてあげた。
「こんどは、お口をあけてアーンというので、飲んでみたいです」
「また飲んでくれるの?」
「うん、飲ませてください」

 初めての口内射精で、精液を飲むことの精神的、肉体的な興奮を知ってしまった女性は、その後も、当たり前のように口内に射精された精液を飲むようになるようだ。なにごとも、最初が肝心かな。それにしても彼女、いきなりのマニアックな飲み方が「原体験」としてインプットされちゃったかも。




    posted at 12:00 | 男を虜にする女の仕草 | CM(0)
玉を揉みながら棹を握ってくる女

 別にフェラしてくれなくても、半立ち状態や勃起状態の棹を女の柔らかな手の平でニギニギしてくれるだけでも、男としてはイヤラシイ気分になるし、肉体的にも心地いいものだ。手でペニスを握るというと、ついつい、射精を目的とするテコキを考えてしまうが、別にテコキをして欲しいわけではない。ただ、握ってもらいたいのだ。
 
 この時の握り方だけど、ただ握りしめるよりは、ちょっとした動きを加えて欲しい。今まで実際にされて、これはいいな、という握り方を二つ紹介しよう。いずれも男に向かい合って座っているか、立っている場合だ。

 一つは、女性が右手を出して、棹の中央部分を持ち、まるでペニスの形状や硬さをチェックするかのように、「キュッキュッ」 とやや力をいれてリズミカルに握る。亀頭部分には敢えて触れない。この時、ペニスの根本から先に向かって、乳搾りのように、締め付ける指を一本ずつずらしていくと、さらに効果的だけど、カチカチに勃起している状態なら、ただ同じ場所を手の平全体でニギニギされるだけでも、かなり気持ちいい。
 
 この時、「もうこんなに硬くしちゃって....」とか「すごーい」とか、別に言葉責めの必要はないが、色っぽいコメントをしてくれるとさらにいい。いたずらっぽく目を見つめたり、女から軽くキスしてくれてもいい。
 興奮していて溜まっている時だと、握るリズムがピタリとはまると、絶頂トラックに乗ってしまい、そのまま射精しそうになるぐらいだ。絶頂トラックに乗せたかったら、1秒に2回ぐらいのリズムかな。これは挿入している男が腰を振って女を絶頂トラックに乗せる時のリズムと同じだ。

 この時、いたずらするかのように、射精まで持っていきたければ、もう片方の手で、玉を軽くニギニギし、最後、射精する段になったら、ちょと痛いぐらいにギューと握りしめると、あっさりと精液を飛ばしてしまう。

 もう一つの握り方は、右手で棹全体を握るのだけで、力を入れて握りしめるのではなく、表面をかるくスリスリする感じだ。その際、握った手のひらを前後に動かすのではなく、回転させながらひねりを加えていく。女からみたら、右手を軽く握りながら右回りに回転していく。まるでステレオのボリュームのつまみを右に回すかのようにだ。これを棹の根本から始め、最後は、鬼頭部分を手のひらで「クルン」となぞって、そしてまた根本に戻って、同じ動きを繰り返すのだ。

 握ったまま前後に動かす動きは、男もオナニーの時に自分でしているので、新鮮味があまりないが、回転する動きは、自分の手ではできないので、味わったことのない複雑な感触がペニスを通り抜けていくのだ。
 でもって、この動きをしながら、もう片方の手で、玉をやさしくニギニギしてもらうと、もう堪らないね。この動きでは、ローションをつけて強めに握りながら長時間続けないと、射精にまでは至らない。しかしそこがいいところだ。男としては、安心して、ペニスと玉の愛撫を受け続け得られる。

 セックスを始める前、男がパンツを降ろして勃起したペニスを近づけて来た時とかにこれをすると、男の期待はさらに高まり、ペニスはカチカチになるだろう。
 一度セックスした後、じゃれ合っている時とかに、半立ち状態に戻ったペニスをこうされると、すぐに回復してしまう。特に、仰向けに寝ている女の股間に男が割って入り、半立ちのペニスを女のお腹の上に乗せた姿勢で、女が両手を伸ばし、この動作をしてくると、まるで 「早く硬くして、また入れて!」 と言われているみたいで、あっという間に硬くなってしまう。もちろん、そうなったら、そのまま即、挿入してあげるけどね。




    posted at 12:00 | 男を虜にする女の仕草 | CM(0)
ペニスを握ってくる女

 抱き合ってキスしたりしていると、男は勃起してくる。童貞のころは、勃起しているということを、女性に悟られるのも恥ずかしかったものだが、慣れてくると、勃起を女性に誇示したくなる。君がこんなに魅力的だから、もうこんなに硬くなっちゃたよ! と教えてあげたいしね。

 そんな時、女性にまったく無視されるよりは、ズボンやパンツの上からでもいいから触って欲しい。きっと女性にしてみれば、自分からペニスを握るなんて、はしたない女と思われないかしら、という気持ちが働いて、遠慮しがちだ。しかしこれからお互い、もっとはしたないことをするわけだから、この場におよんで、遠慮はいらない。

 こんな時は、自分からパンツを脱ぐのではなく、女性に跪いて、脱がせてもらいたいね。すると、パンツに引っかかりながらも、「ビローン」 と勃起したペニスが露わになる。男としては、「どうだ!」 と誇示したい瞬間だ。
 だから、この時も、無視するのではなく、なんらかの女性の側からのリアクションが欲しい。「すごーい」 でも 「もうこんなになっている」 でも、「硬い」 でもいい。で、このあと、ペニスを握って欲しいのだ。もちろん、我慢できなくなっていきなり、ぱくっと口でくわえられるのもいいけど、ゆっくりと楽しみたい時には、一度立ち上がって、片手でペニスを握って欲しい。
 
 握る時の強さは好きでいい。軽く握られると、「この女性、わかっているな」 と思い、これからの展開が楽しみになるし、逆にきつく握られても、それはそれでまた 「すごく興奮しているんだ」 と分かって、こちらも興奮する(但し、童貞にあまり強く握ると、思わず射精してしまうかもしれないので、ご注意を)。

 全裸で立ったまま抱き合い、キスするのって、興奮するものだが、そのとき、女性にペニスを握られていると、もっと卑猥だ。こちらもおかえしで、バストに手を添えるとか、股間に指を入れたりとか、したくなる。

 その後、フェラにいってもいいけど、ベッドに移動する時とか、勃起したペニスを握って引っ張ってもらうと、楽しいね。
 それと、いざ挿入という時にも、もう待ちきれない、と言わんばかりに、女性からペニスを握って、自分の股間に導こうとされると、男としても堪らなくなる。もちろん、入り口が分からない童貞に、膣の穴を教える仕草とは違うようにしなければならない。
 こうされると、男としてはわざと焦らしたくなる。いっこうに入れてこない男に、我慢できないように、ペニスを握りながら、自分から腰をせりあげてきたりしたら、もう最高に興奮するね。 
 時には、入り口ではなく、クリトリスあたりにあてがって、入れる前に亀頭でクリトリスを愛撫して、とおねだりしてもいい。  

 スラストの途中で抜けてしまった場合も、女性からすぐに手を伸ばして、ペニスを握り、穴に自分から導いてくれると、「すぐにでもまた入れて欲しいんだ...」 と思って、男としてもすごく興奮する。

 なぜ、女性にペニスを握られると気持ちいいか、興奮するのかというと、男は毎日、自分での手でペニスを握っているが、女性の柔らかい手で握られると、まったく別な感触があって、それだけで心地いいのだ。
 それと、女性から勃起したペニスを握られると、恥ずかしさをおして、目の前のペニスを求める女がいじらしく映るし、その興奮が男にも伝わってくるからだ。女がそこまで自分をさらけだしているなら、こちらも遠慮なく、スケベな部分をさらけ出しちゃうよ、という感じで、男の方も燃えるのだ。




    posted at 12:00 | 男を虜にする女の仕草 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: