FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

膣の中で硬くなるペニス

 女性は、フェラをしていて、口の中で柔らかかったペニスが硬くなってくる、というのはよく経験することだ。多くの女性は、男の勃起の神秘と、自分の口で男を興奮させたことに、ある種の喜びがあるものだ。しかも、それが後で膣の中に入ってくることを考えると、卑猥なこともイメージして、濡れても来る。

 柔らかかったペニスが硬くなっていくといのは、同じように、膣の中でもよく経験することだ。そしてこれも口同様、女は嬉しくなるものだ。男のペニスの硬さは、男の興奮のバロメーターでもあるので、女は硬くなったペニスに男の興奮度を感じ取る。そして男を興奮させている自分の体に自信を持つ。さらに口と違い、硬いペニスは直接女の快感の質とも関係してくるので、女にとっては大歓迎だ。

 どんな状態で、女は膣の中で硬くなるペニスを感じ取ることができるか。一つは、半立ちで挿入され、スラストの間に硬くなる場合だ。クンニに集中していたためにペニスが少し萎えてしまうとか、中折れしてしまったあとの仕切り直しなど、半立ち状態での挿入というのは、よくあることだ。たとえ完全勃起状態でなくとも、棹の部分に芯があれば、なんとか挿入は可能だ。男がこの状態で挿入するのは、激しくスラストしている間に、刺激で硬くなることを期待している向きもある。だから、こんな時って、必ず男は高速でピストンをするはずだ。そして実際、ものの1分もしないで、柔らかめだったペニスは十分な硬さになっていく。

 もう一つの状況は、処女の女性の相手をする場合など、大きなペニスの場合、カチカチだと痛がるので、敢て少し柔らかめで挿入する、なんて裏技もある。この場合、女性は生まれて初めての挿入で、膣の中で硬く大きくなるペニスを体験することになる。もっとも、キツキツの膣の場合、ペニスもカチカチだと押し込めないことも多い。何とか入れようと、悪戦苦闘している間に、少し萎えてしまう、なんてこともあるけど、それがまた丁度よい 「柔らかさ」 になる場合もある。

 硬い状態で挿入しても、スラストをしている間に、女が興奮してイキまくると、その興奮が男にも乗り移り、男のペニスがさらに硬さを増すこともある。これは男も女も自覚できる。男としては、「よし、今日は絶好調だ」という余裕が生まれるし、女としては、「今日はすごく興奮しているんだ」 と嬉しくなる。

 もう一つの状況は、中出し後、抜かないでいて、膣の中でまた硬くなる場合だ。抜かず二発というのがそれにあたる。男のペニスは射精したら萎えるもの、という固定概念を覆される驚きもあって、女には興奮ものだ。もっとも、これを体験するには、生の中出しのセックスをしないと味わう機会もないけどね。

 ちなみに、男の射精が近づいてくると、直前にペニスが「グワン」と瞬時に硬く大きくなる。この現象は、男はあまり自覚しなけど、女によっては、しっかりと口や膣で感じ取れる女性もいる。次の瞬間には、猛烈な噴射が始まるので、それを味わっている暇もないけどね。




    posted at 00:00 | 膣の中のペニス (女から) | CM(0)
柔らかいペニスを膣で味わえるのは射精後だけ

 男としては、女の前でペニスを露出する時は、なぜか勃起していなければ恥ずかしい、という気持ちがある。しかし、フニャチンで遊ぶ女のエッセーを書いたように、女にとっては、勃起していようがいまいが、ペニスというのは自分にないものだけに、常に興味津々なものだ。

 女がフニャチンで遊ぶことができるのは、射精という一仕事を終えて、小さくなっている時だ。この時って、手で遊ぶか、口で遊ぶ以外に方法がない。つまり、フニャチン状態になってしまうと、膣で遊ぶことができないのだ。なぜなら、フニャチンだと、そもそも挿入ができないからだ。

 ところが、フニャチンの感覚を膣で味わう方法が一つだけある。それは、生で挿入し、中出しした後のペニスだ。射精後も抜かないでじっとしていると、徐々に柔らかくなっていく。最初はペニスの表面の張りが消えていき、外側から徐々に柔らかくなっていく。しかしこの段階だと、まだ芯がある。スラストしようと思えば、まだ何とか可能だ。女性の側も、膣を締め付ければ、何とかペニスの存在を感じ取ることができる。

 中出しされた女が 「まだペニスを抜かないで」 と願うのは、膣内を男の肉体の一部で満たされている感覚をずっと味わい続けていたいからだ。ここで 「スポン」 と抜かれてしまうと、文字通り空虚な感じになって、寂しくなってしまうようだ。
 しかし、女がそう望むのは、それでけではないような気がする。ペニスが硬さを失っていっても、女はまだ抜かないで、じっとしていて欲しいと思う。女が望むのはいつまでも硬いペニスではない。膣内で徐々に柔らかくなっていくペニスの感覚も、それはそれである種の快感があり、女はその過程も楽しんでいるような気がする。

 さらに時間が経つと、芯がなくなっていく。しかし太さはまだる。押し出されることもまだない。この段階になると、膣にとってのペニスは、挿入された当初の 「異物感」 は完全になくなり、限りなく膣の粘膜と同化していき、一体となる。それは男にとっても同じで、まるで自分のペニスが膣の中で溶け出してしまい、女の体との境がなくなってしまったような錯覚になる。ペニスが消えるのだ。
 実は、この瞬間が何とも不思議な感覚なのだ。生で性器を擦りあい、精液を膣奥に出した男と、それを膣奥で受け止めた女しか味わうことのできない、至福の瞬間でもある。

 しかし、さらに時間が経つと、ペニスは柔らかくなるだけでなく、小さくなってくる。それは膣との隙間から精液がこぼれ出る感覚でも分かる。男としては、なんとか抜けないようにと、腰を深く押しつける。女も、少しでもペニスをくわえこもうと、膣に力を入れて抜け出るのを防ごうとする。しかし、ついに「ポロン」と、指のように小さくなったペニスが押し出されるように、女の体から引き裂かれてしまう。

 柔らかくなってペニスの感覚が分からなくなっていた女も、このペニスが抜け出る瞬間だけは、感じ取ることができる。こぼれ出る精液の感触がそれに続くしね。
 このように、中出しした時だけ、膣は普段は絶対に味わう事のできない、フニャチンのペニスをじっくりと味わうことができるのだ。

 スキンをつけていても、これに近い感覚はあるものの、やはりゴムによって互いの粘膜の感触は遮断されてしまうし、精液も堰き止められてしまう。男が感じるのは、精液を受け止めてくれた膣の粘膜ではなく、スキンの中で行き場を失った自分の精液の感触でしかない。これって、時間が立つに従って、虚しさが増してくる。それにきつめのゴムの収縮率が、ペニスが柔らかくなっていくペースを微妙に不自然なものにしていくしね。

 ペニスは硬くなった状態で女性の体の中に入っていくけど、出ていくときは柔らかくなって出ていく。膣奥に残された精液は、その置き土産みたいなものかな。これが本来のセックスの一連の流れというものだ。




    posted at 00:00 | 膣の中のペニス (女から) | CM(0)
ペニスを受け入れると男を独占している気持になる女(1)

 男とセックスしている女って、その男を自分一人で 「独占」 している気分になるようだ。特にもてる男で、他にも抱こうと思えばいつでも抱ける女がいそうな男だと、そういう気分になる。男と複数の女性とのプレーの場合、なおさら、他の女を差し置いて、自分がその男を独占している優越感に浸ることがある。

 どうしてそういう気分になるかというと、ペニスは男に1本しかない。そのペニスを自分の膣が独り占めしているということは、その男を独り占めしていることにつながるからだ。少なくとも結合している間は 「このペニス、この男は私のもの」 という感覚なんだろうね。

 だから、女は、時に味わうように粘膜の感覚を研ぎ澄まし、時に慈しむようにやさしく包み込み、時に逃がさないようにきつく締め付ける。
 他の女の膣に入れたりしないように、少しでも長く、自分の膣の中に留まっていて欲しい。そして私の膣で最高に気持よくなって欲しいと思う。もう他の女の膣では物足りなくなるぐらいに。その何よりの証がたっぷりと精液を出してくれることだ。だから射精をともなわないセックスは、男だけでなく。女にとっても不完全燃焼なものとなる。

 中出ししたあとも、ペニスがまだ硬いうちは 「抜かないで」 と思う。それには、肉体的な快感のほかに、精神的にも 「このペニスを独占しつづけていたい」 という気持があるのだろう。

 一回のセックスで何回も求められ、もう精液が出なくなるぐらいまで自分の膣内に射精してくれると、女としては嬉しいものだ。それだけ自分の体に興奮してくれた、という気持のほかに、他の女への 「牽制」 になるからだ。実際、全ての精液を出し切ると、男としても、もうしばらくはセックスしたいとは思わなくなる。他の女とのセックスなど、したくてもできなくなる。

 こうして男を、そしてその象徴としてのペニスを独占すると、女は安心もするし、その安定感が、さらなる肉体的な快感を生み出すこともある。この男は間違いなく全ての精液を自分の膣内に出してくれている、と思うと、自分の膣が好きな男の 「専用おまんこ」 になったような嬉しさを感じるようだ。




    posted at 00:00 | 膣の中のペニス (女から) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: