FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

女が感じるスラスト術(女が感じる膣内のポイント)

 女性の立場から、膣のどこをどう擦られると気持ちいいのかを整理しておこう。基本的には、(1)入口、(2)膣天井、(3)、子宮口上奥、の3点である。

(1) の膣の入口は、まんべんなく気持ちいいもの。ここを重点的に刺激するには、奥まで入れず、半分まで入れて、高速ピストンするのがいい。これをするには、男も腰を浮かせて、腰を自在に動かせるようにしなければならない。但し、ペニスの前半部分をつかうので、男にも刺激がつよく、いきそうになる。

(2) 膣天井を刺激されるとどのような快感なのかは、指を入れてみて女性の反応をみるとよく分かる。ポイントは、女性が仰向けに寝た状態だと、膣の上側が全体に気持ちよく、下側、つまり肛門や大腸の側はほとんど気持ちよくない。だから膣の壁を擦るなら、お尻側ではなく、お腹側を擦った方が気持ちいいということを覚えておく必要がある。

 もっとも、これにはペニスの長さや、形状も関係してくるので一概にいえない。それに硬くないと、形状の差違はほとんど意味をなさない。上に反り返ったペニスなら、正常位で突いた場合、亀頭部分が膣の上側を擦ることになる。反対にバックだと、普通に突いたのでは、あまり感じない側を擦ることになる。だから上から下に突くなど、角度を考えなければならない。
 逆に、下側に反り返っている場合は、正常位だと亀頭は下側を擦っていくけど、反り返った山の部分が上側を擦っていく。反対にバックだと、亀頭が下側を擦っていくので、普通に突いていてもより大きな刺激を与えることができる。

 ちなみに、正常位で奥まで入れて、女の腰を持ち上げて上下動すると、皆、凄い声をあげる( 「寝たままロディオ」)。 聞いてみると、腰を下げたときに気持ちいいという。僕のペニスは下側に反っているので、下げた時に、反った山の部分が膣天井にあたるのかも知れない。まあ、奥も擦られるけどね。

(3)これは他のところでも書いているように、女性が実際に感じるのは、子宮口ではなく、子宮口の上奥だ。 
 だから男としては、ペニスを奥まで挿入した場合、子宮口の上側を突くような体位がいいということになる。時に痛い、と女性が感じるのは、下側を突いている可能性もある。
 もっとも、男からいうと、亀頭は敏感ではあるが、挿入していって、子宮口に当たったとか、今ついているのが、子宮口の上側か、下側かは、分からないものだ。唯一、思い当たる節があるとしたら、正常位で一番奥まで入れた状態で、腰を上下に揺すったとき、ペニスの先がコリコリしたものに触れる感触を時たま、感じることがある。これは亀頭が上下して子宮口をかすめているのだろう。

 子宮口上側の奥は、指でもそうだが、奥に当たっているだけで気持ちいい。だから、亀頭がここに当たったら、特に動かす必要はない。亀頭がポイントを押さえているかどうかは、一番いいのは、女性に聞くことだ。

 子宮口まで亀頭が届くには、一定の長さが必要だ。もっとも女性の膣の長さにもよるのでこれも一概に言えないし、奥まで届く体位であれば、標準的な長さのペニスであれば、子宮口までは届くと思う。ちょうど子宮口にペニスの先が当たり、子宮口に精液を噴射するには、適度に短いほうがいいかも知れない。
 ペニスが長いと、子宮口を通り越して、その奥の粘膜まで亀頭が当たってしまうからだ。もっとも、女性が 「奥が気持ちいい」 と感じるのは、どうも子宮口そのものではなく、その上側の奥の部分で、ここまで刺激を与えるには、ある程度の長さが必要だ。
 今までの経験で、 「奥が気持ちいいって、初めて知った」 という女性がいたので、「どうして今まで分からなかったの?」 と聞いたら、 「だって、奥まで届く人がいなかったから」 と答えられたことがあった。なるほどね、と思ったものだ。

 だから太いペニスで入口を刺激し、硬いペニスで膣天井を刺激し、長いペニスで奥を突く、というのが一番、女性には堪らないパターンといえる。




    posted at 12:00 | スラストの技術 (基礎編) | CM(0)
女性をオーガズムに導く3つのスラスト

 挿入したペニスで女性をイカせる場合、経験から言って、3種類のスラストの仕方があると思う。なお、ここでは正常位でのスラストを例に話したい。スラストの違いは、そのままペニスが刺激する女性の快感スポットの違いでもある。

 一つ目は、抱きしめた状態の正常位で、ペニスを奥まで挿入し、鬼頭部分で 「子宮口の上側の奥の壁」 を刺激しながら、小刻みな動きをする場合だ ( 奥に当たるだけの長いペニスであることが前提だが ) 。大きなストロークにする必要はなく、動いても3センチぐらいだ。また、高速ピストンにする必要もなく、1秒間で2回、10秒間で20回、突く感じで十分だ。男としては、下半身全体を激しく動かすのではなく、腰だけを 「カクカク」 と揺さぶる感じかな。体力的には楽な方だ。
 刺激としては、あくまで 「子宮口の上側の奥の壁 」への刺激だけど、男が覆い被さるため、ペニスの角度がついて、やや上側から下側に向かって突く感じになる。この際、太いペニスであれば、膣口にも刺激がいくし、クリトリスへの間接的な刺激も加わる。実際にはこれらの複合的な刺激だと思うが、女性からみれば、やはり奥を突かれて、オーガズムに達する感じだろう。

 二つ目は、これとは対照的に、膣口だけを刺激するスラストである。これを行うためには、抱きしめ正常位ではやりにくく、直角正常位か、女性の両脚を男の両腕で持ち上げた姿勢なら、45度正常位がいい。要は、ニュートラル・スラストになるようにすることと、高速で、大きなストロークをするので、男の全身が激しく動かせる体勢をつくることだ。
 この姿勢で、大きなストロークをするが、奥までは突かず、浅めに挿入して、ペニスのほぼ前半分を動かす感じかな。と言っても18センチある僕のだと、半分といっても9センチは動かしていることになる。奥まで入れて半分ほどペニスを引くのではなく、亀頭部分を5センチぐらい入れた状態で ( 高速ピストンでも抜けない程度に ) 、その位置から出し入れをする感じだ。スラストのリズムは、超高速、自分の体が出せるマックスのスピードで動かす。1秒で4回、10秒で40回も動かせれば十分だ。

 突いている男としては、鬼頭への刺激はほとんどなく、棹の部分だけがきつい膣口に擦られる感じだ。従って、ペニスへの強烈な刺激は少ないが、この姿勢を保ちながら、マックスのスピードで腰を振り続けるのは、かなりハードで、数分がいいところだ。
 これだけ超高速で、膣口を激しく刺激すると、奥にあたってなくても、女性は強烈な快感に襲われ、大きなよがり声をあげる。この場合は、膣壁への圧迫刺激ではなく、あまり感じないという摩擦刺激だけど、さすがに超高速で擦られると、熱くなり、焦げ付くような快感があるらしい。もっとも、ペニスもある程度太くないとだめだけど、膣口への刺激だけでなく、間接的にクリトリスへも刺激がいっていると思う。このスラストだけでも、女性をオーガズムに導くことは可能だ。

 経験的には、一つ目のスラストの方が、男としても楽だし、長時間持つので、確実に女性をオーガズムに導きやすい。特に奥が当たる感覚は女性に、最も膣オーガズムらしい、深い快感を与えられる。さらに、この動きだと、男も射精を我慢しやすいので、連続オーガズムに導くのも容易だ。
 二つ目のスラストは、男も汗びっしょりになるし、激しさという点では一つ目よりも格段に上だ。だから、女としても、激しく出し入れされ、強引にオーガズムにもっていかれる感覚だろう。このスラストの難点は、男にとってもハードなため、長時間つづけることが難しい点だ。もっとも、いくらでも射精が我慢できそうだったら、このスラストで、女性を連続オーガズムに導くことも可能である。

 そして三つ目のスラストが、この二つのスラストを組み合わせた、 「究極のスラスト」 だ。つまり、二つ目のスラストをする姿勢になり、超高速で大きなストロークをしつつも、毎回のストロークで、意識して膣の奥まで突く。つまり、膣口への摩擦による刺激だけでなく、膣奥への圧迫刺激もこれに加えるわけだ。
 これは女性にも強烈で、膣口が気持ちいいのか、奥が気持ちいいのか、訳が分からないぐらい、おまんこ全体が熱を帯びて溶けてしまうような気持ちよさに包まれ、深いオーガズムに達する。
 当然、男にとっては、二つ目のストロークよりも、腰の動きが激しくなるぶん、肉体的な負荷も大きい。続けても数分間がいいところだけど、それに見合う、深いオーガズムを女性に与えることが出来る。




    posted at 12:00 | スラストの技術 (基礎編) | CM(0)
男からみたスラスト

 童貞が初めてセックスする時のような無我夢中の動きは別として、セックスに慣れてくると、挿入してから射精するまでの間、男はスラストしながらも、実にいろいろなことを考えながら、腰を振っているものだ。

 こちら側が動きをするには、相手側がよく分からないとできないものだ。だから、男は無意識のうちに、ペニスの全体を使って(実際には、鬼頭部分の役割が絶大だけど)、まるでセンサーの如く、膣内のさまざまな情報を集めているのだ。

 具体的には、膣内の深さ、子宮に当たる感触、粘膜のヒダヒダ、入り口や中のしまり具合、熱、濡れ具合、そして女性の快感の度合いなどを常に感じ取りながら、スラストの仕方を考えている。 

 例えば、奥の浅い女性なら、あまり奥まで突くと痛がるので、深さを調整しなければならない。逆に、奥まで突いてみてすごく感じているようであれば、意識して奥を突く。さらにはわざと焦らして、数回に一回だけ、奥を突くこともある。
 ヒダヒダが気持ちいい時は、味わうようにゆっくりと出し入れをすることもあるし、緩ければ、激しく動いてもすぐには射精しないので、思い切り腰を振る。逆にしまりがいいと、すぐに射精しそうなので、控えめに動かす。

 びちゃびちゃと中が濡れていると、本気汁を出しているな、ということで、女性が相当感じていることが、膣からも読みとれる。あと、興奮していると、膣内が凄く熱くなるので、その熱からも女性の興奮状態を感じ取れる。中が熱く、びしょびしょに濡れていると、男としても楽しいし、もっと感じさせてあげよう、という気持ちになるものだ。

 男が調整しているのは、まだ他にもたくさんある。ペニスを入れる深さのほか、浅さも調整している。つまり、どこまで抜くかである。亀頭ギリギリまで抜くのか、小刻みな動きにするのか、さらには中でじっとしているのか、といろいろ選択肢があるなかで、一つを選んでやっているのだ。

 このほか、スラストの角度も考えながらやっている。正常位であれば、下側から突き上げるようにして膣天井を刺激するのか、比較的長持ちしやすい 「ニュートラル・スラスト」 をするのか、射精に向けて、男が感じるペニスの裏側をわざと擦りつけるように角度を調整するなど、いろいろとある。

 スラストのスピードも、微妙に調整しながらやっている。相手にとって一番感じるスピードはどれぐらいか。自分にとって、射精を我慢できるギリギリのスピードはどどれぐらいか。あるいは、ラストスパートでいかせる時のスピードも、何段階かある。

 スラストのリズムも考えながらやっている。早いリズムか、ゆっくりとしたリズムか。あるいは変速的なリズムか。そして全体としてどこでリズムを早めるか、なども考えながらやっているのだ。

 そして最後は射精のタイミングもコントロールしながらやっている、つまり、どのタイミングで射精するかだ。もちろん、気持よさにこれをコントロールできず、思わず途中で射精してしまうこともあるが。
 要は、男が腰を振って、ペニスを出し入れしている時って、女性が考える以上に、五感を研ぎ澄ませながら、繊細で複雑な動きをしているだ。

 そんな男も、やはり射精の直前となると、我を忘れて腰を振ることになる。「射精モード」に切り替え、脳が射精を決意したときから、全ての動きはコントロールを離れ、ひたすら射精に向かって動き出す。男が一番興奮する時で、当然、セックスの中でも最大のメインイベントだ。
 それだけに、女にとっても、我を忘れて射精に向かって腰を振っている男の姿って、興奮するものだ。その興奮が女を一瞬にしてメスに変え、オーガズムを呼び込むのだ。




    posted at 12:00 | スラストの技術 (基礎編) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: