FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

スラストの種類 ー ペニスの当たる部分からの分類

(1) ニュートラル・スラスト
 ペニスの円周全体に、まんべんなく刺激がわたるようなスラスト。膣の穴に対して、きれいに直角にペニスが出入りするようにすると、こうしたスラストとなる。
 一番、やりやすいのが、四つん這いバックだ。もし正常位でやろうとすると、 「直角正常位」 にして、引く祭に腰を引き気味にしないとできない。
 あるいは、女性の両脚を男の両肩にあげて、膣の角度を上向きにすれば、正常位でも、ニュートラル・スラストとなる。

 このスラストのメリットは、ペニスが一番感じる裏側への刺激の集中を分散できることだ。当然、大きなゆっくりとしたストロークが基本で、もちろん、スピードを上げていってもいい。女から見たら、長く太いペニスを、「ニュー」 と入れられているという、挿入感を得やすい。
 もっとも四つん這いバックの場合、このスラストでも、視覚的刺激にくわえ、ポンピング的な刺激が加わるので、場合によっては、男にとってもイキやすいスラストとなる。

(2) ペニスの下側を擦るスラスト
 「抱きしめ正常位」 の場合、腰の角度の関係から、男が普通にペニスの出し入れをすると、自然とペニスの裏側に強い刺激がいくようになる。男が強い摩擦感を感じると言うことは、女性も同じように、強い刺激を感じている。また、膣入口への刺激感も強くなる。
 女をイカせようと、絶頂トラックに乗せようとするとき、あるいは男が射精しよううとするときには、効果的なスラストだ。
 但し、ペニスの形状により、せっかく摩擦感をだしても、女性があまり感じない膣の下側のみを刺激しては、効果は薄い。

 四つん這いバックの場合、男が腰を浮かせ気味にして、斜め上から突き刺すようにすると、男女ともに効果的だ。寝バックも当然、双方に強い刺激がある。
 四つん這いバックから男女とも膝立ちとなり、女性の上半身を起こす体位 (「跪き垂直バック」とでも名付けましょうか)でも、双方に強烈な刺激となる。さらに、背面騎乗位で女性の上半身を男の上に寝かせた体位 (「背面水平騎乗位」とでも名付けまょうか) の場合もそうだ。

(3) ペニスの上側を擦るスラスト
 これは体位を問わず、男が意識的に腰を持ち上げ気味にして、スラストをすると、ペニスの上側が刺激されることとなる。ペニスの形状が日本刀のように上にそっている人には、こうすると、正常位の場合、女性が最も感じる膣の上側を刺激することができる。それでいて男には刺激が少ないので、長時間プレーには向いている。また素早い、小刻みな動きをすると、女性をオーガズムに導きやすい動きでもある。

 座位の場合も、女性の体重を男に乗せるようにすれば、ペニスの上側に加重がかかる。同じように、駅弁の場合も、ペニスの上側に刺激が集中する。だから、駅弁をしても、それほど男は射精に到らないのだ。

(4) 鬼頭部分が擦られるスラスト
 深く入れたまま、大きなストロークをせず、「グリグリ」 と膣奥を小刻みに刺激する動き。ペニスの位置でいうと、鬼頭部分が擦られるスラストだ。これは女性には効果絶大だが、男にはそれほどの刺激ではないので、長持ちするし、小休止するときにはもってこいの動きだ。それに女性が両脚を閉じていたりすると、実は膣入口も小刻みに刺激され、女性には気持ちいいものだ。
 これを続けていても射精に至ることはできるが、やはり射精前は豪快に腰を振りたいものだ。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (基礎編) | CM(0)
ピストン運動の短所長所

 男としては、セックスの度に突いては引いて、また突いては引いてというピストン運動を繰り返しながら、「なんか、これって効率がいいのか、悪いのか?」 と思ってしまうことがある。あまりにも単純な動き、永遠に繰り返される動き。そう、人が今のような生殖方法になってから、何万年もの間、繰り返されてきた、動き。そしてこれからも繰り返されるであろう、動き。

 ピストン運動って、その名の通り、車のエンジンからきた言葉だ。シリンダー内の圧縮した空気にガソリンを噴射して火をつけて、膨張した空気の圧力でもってピストンを上下に動かす。その動きがクランクシャフトを経て、回転する運動へと転化され、タイヤを回転させて前へ進む。正確には、レシプロエンジンというやつだ。
 このシリンダーの数が多いほど、パワーが出る。6つあれば、6気筒 ( 亀頭じゃないよ ) となる。一人の男は、1気筒 ( この場合は亀頭 ) エンジンということになる。二人の男に同時に責められると、二気筒エンジンンということになるかな。このように、女がよりパワーを得たければ、高性能の1気筒エンジンを探しまわるよりも、気筒 ( つまり亀頭 ) の数を増やすのがてっとり早い。8気筒とか、12気筒とかね。

 まあ、容量や重量の問題もあるので、車の場合、6気筒エンジンで十分だ。同じ気筒数で、よりパワーを絞り出すには、ボアとストロークの値を大きくすることだ。ボアとはシリンダーの径、ストロークとはピストンの長さだ。これが排気量というやつだ。ペニスに言い換えると、より太くし、より長くすることだ。つまり、全体の容積を増せば、よりパワフルになる。かといって、ボアとストロークをあまり大きくすると、大味となり、いいことばかりではない。

 もう一つの方法が、回転数を上げることだ。レーシングカーはこれをやっていて、乗用車と同じ、6気筒で3000cc ながら、回転数を1万回以上/1分 にしているので、数百馬力の力が出る。しかし、回転数をあげるには、エンジンの強度や精度をあげなければならず、燃費も悪いし、エンジンの消耗も激しい。これは、激しいセックスをした後の男なら、よく理解できることだ。レースが終わる度にガレージに送られるレーシングカーの如く、メインテナンスが必要になるぐらいだ。

 こうした性質をもつレシプロエンジンだけど、ピストン運動を回転運動に転換する際に、エネルギーのロスが生じる。それに回転数をあげるほど、問題も出てくる。
 そこで開発されたのだ、マツダの誇るロータリーエンジンだ。詳しい説明は省くけど、燃焼によって生じた回転運動をそのままクランクへ伝えるので、ロスが少なく、振動も格段に減り、滑らかな加速感が味わえる。しかし、現実には、さまざまな理由で、レシプロエンジンを凌駕することはなかった。

 セックスの話に戻ろう。セックスって、基本的にピストン運動だ。ボアとストロークを増やせない以上、あとはピストンのスピードをあげていくしかない。しかしこれには限界がある。かといって、他の 「 亀頭 」 と共同で動くのもちょっとね。
 ところが、セックスにも、実はロータリーエンジン的な動きがある。女性上位で、深く入れ、上下ではなく前後にグリグリと動かす動き、さらにこれにグルングルンという回転運動を加えると、ピストンではなく、ローターエンジンの動きに似てくる。男女とも、ピストン運動で得られる快感とは、ひと味違った快感を覚えるものだ。これはこれで、滑らかで、女性の身体能力が高ければ、スピードもあげやすい。

 では、こちらの方が効率がいい動きかというと、これがそうでもないのだ。ピストン運動にはピストン運動ならではの良さがあるのだ。
 何故かというと、これは膣の快感スポットと関係がある。ピストン運動することによって、実は、女性の膣内の快感スポットをまんべんなく刺激するようになっているのだ。先ず、膣の入り口が擦られ、膣天井をはじめとする膣内の粘膜を亀頭がかすめていき、最後、膣奥の壁を亀頭が 「 コンコン 」 とノックされては、また膣口まで引き戻される。
 このペニスを引く動きがミソだ。男にとって引く動きは、次ぎの 「 突き 」 のための準備でしかないけど、女にとっては、ペニスを引かれる時に、膣壁に得も言われぬ快感が走るのだ。男にとっては、引く時よりも、突く時の方が気持ちいい。つまり、ピストン運動をしている時って、男女は交互に快感を味わっているのだ。よくできているね。

 ペニスにとっても、ピストン運動は、突く際の摩擦の快感に加え、奥の壁に当たる亀頭の快感とがミックスして、多様な快感を味わえる。一方、深く入れたままの回転運動だと、亀頭や棹の部分への摩擦の刺激はゼロとなり、亀頭部分がグリグリと粘膜に圧迫される快感だけだ。

 こうしてみると、ピストン運動というのは、決して効率の悪い動きではなさそうだ。効率が悪いどころか、男女の快感にとっては、これ以上の究極の動きはないかも知れない。だからこそ、何万年も続いてきた動きなんだろうね。




    posted at 12:00 | スラストの技術 (基礎編) | CM(0)
ストロークには長さをいかせ!

 【オーガズムの本質】 のところで、「快感は時間×興奮」 と書いた。同じようなことを、スラストの際のストロークでいうなら、快感=(スラストを続ける) 時間 ×( ピストン運動の)スピード、となろう。ところがスラストの場合、実はこれに、「ペニスの長さ」 という、第三の要素が加わる。
 特に、膣の入り口を刺激するような高速ピストン運動をするなら、このストロークの長さが重要となってくる。

 同じピストン運動のスピードなら、ストロークの長い方が、「総合走行距離」はより長いことになる。例えば、1秒間に2回のリズムでストロークを繰り返すとする。1分で120回、5分で600回となる。これに、ストロークをかけた数値が、膣の壁をペニスが擦った、「延べの走行距離」 となる。5センチのストロークなら、600×5=3000cm (30メートル)となるが、10センチのストロークなら、600×10=6000cm ( 60メートル) の 「延べの走行距離」 と、倍の距離になる。

 5センチのストロークでこの値にするためには、ピストンのスピードを倍にするか、スラストの時間を倍にする必要があるが、ピストン・スピードを倍にするのは、人間では不可能だ。また、高速ピストンを射精せずに10分間も続ける、というのも事実上、不可能だ。

 このことからも、ストロークの長さが、女性をオーガズムに導く上で、どれだけ重要かが、理解できるのではないだろうか。
 長いストロークをするには、ペニスは長い方がいいに決まっている。しかし、日本人の平均チン長である、13センチあれば、5センチのストロークなど、問題ないし、うまくすれば、10センチのストロークだって可能だ。たとえ、途中で 「スポン」 と抜けてしまっても、また入れ直して再開すればいいだけのこと。その度に、女は挿入の感触を楽しむことができるし。

 逆に、せっかく長いペニスを持っていても、長さに慢心してしまい、ストロークを意識せず、自分のは長いんだから、ストロークも長くなる、と思っていると、実際には5センチしか動いていない、なんてこともあり得る。そうすると、13センチの長さでも意識して長いストロークを心がけている男に負けてしまうことになる。

 AVなんかをみると、皆、大きなストロークで出し入れしているが、あれは見せるためのスラストだからだ。素人の普通のセックスって、案外、短いストロークで、「チョコチョコ」 と動いているものだ。短いのになると、ほんと、2~3センチなんてこともある。
 
 今度、膣の中で、ペニスを出し入れする機会があったら、「女の快感=時間×スピード×ストロークの長さ」 という定理を思い出してみて欲しい。女の反応が違ってくるから。




    posted at 12:00 | スラストの技術 (基礎編) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: