FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

多くの異性と交わることの意味

 セックスって、肉体的な性器どうしの結合だけでなく、その女性 (もしくは男性) と互いに深いところで結びついていく行為だ。なぜそれをするかは、もちろん、表面的には性欲のなせる技だけど、どうもそれだけではないように思う。やはり、肉体的な快楽を超える何かがそこにあるような気がする。それって、性欲が本能であるのと同じで、はやり人としての本能だと思う。なので、処女や童貞で一生を終ると、一人の異性とも深い結びつきがないままに一生を終えてしまうことになる。これって、なんか悲しいものがある。

 もちろん、単にセックスするだけでは深い結びつきにはならない。互いに体と心を開き、快楽を与え合い、奪い合ってはじめて得られる境地に到達しないといけない。誰とのセックスであれ、射精というオーガズムが保障されている男と違い、女性の場合は特にオーガズムを与えられるセックスが大前提となる。イカせてもらえなければ、ある意味、肉体を男の快楽のために貸し出しているのと大差なくなる。

 そして女性の場合、与えられたオーガズムが深ければ深いほど、オーガズムの回数が多ければ多いほど、男性との結びつきも深くなる。精液や愛液、さらにはおしっこなど、互いの体液を体内に取り込む行為も、より絆を深めるものとなる。男は自分の精液を飲んでくれた女を忘れないように、女も自分のおしっこを飲んでくれた男を忘れないものだ。

 従って、職業的に男性に体を開く女性とか、AV男優などは、1000人を超える異性とセックスを繰り返していても、必ずしも深い結びつきにはならないと思う。時には、その過去が重荷となってしまう事もあるかも知れない。それほどまでに、セックスって、例え愛情がなくとも、体と心に記憶されるものなのだ。

 もちろん、男女の間の結びつきは、セックスの回数だけではないし、深いオーガズムだけでもない。最大の絆は子供を産むことであろうが、愛情や快楽を伴わない妊娠、出産もあることを考えると、オーガズムをともなうセックスはまた次元が違う世界のような気がする。

 この何かを求めて、男と女は体力と性欲が続く限り、セックスを求める。そのベクトルは、一人に向う場合もあるだろうが、往々にして、より多くの異性と体験してみたい、より多くの異性と深い結びつきになりたい、というベクトルに向うものだ。
 これって、果たして道徳的にいいことなのか、悪いことなのか?もしこれを本能とするなら、道徳的な判断をすること自体が、間違っていることになる。単なる好みの問題なのか、経済力や体力の関係に過ぎないのか?

 より多くの異性と結びつきたいという傾向は、特に男に強いような気がする。これって、どうやら生理的な男の性欲の強さからきているようだ。とりわけ、「英雄色を好む」 ではないが、力のある男は多くの女性とセックスする機会があり、多くの女性に種付けをする。セックスの強い男は、絶倫と呼ばれ、男女とも憧れの対象となる。

 対して、女性がより多くの男とのセックスを求めていくと、「淫乱」 とか、今の言葉では 「ビッチ」 と言われてしまう。これって、確かに不公平ではある。おそらく、文化的に女性を性的に閉じ込めてきたのかも知れない。
 だとすると、女性の性の 「解放」 は、女性も男性と同様、より多くの異性とのセックスを求めるようになるのかも知れない。少なくとも、そういう生き方を選択しても、非難されない時代がくるかも知れない。そんな時代になった時、男と女の関係はきっと今とは違ったものになることだけは確かな気がする。




    posted at 00:00 | セックスとモラル | CM(0)
女の浮気・男の浮気

 男女とも、浮気のセックスをした経験のある人なら、その時のパートナーへの罪悪感、自分の良心への背徳感、そしてそれゆえの興奮というのを味わっているものだ。これは相手のことを本気で好きなほど、強烈なものとなる。

 男の場合、他の女のおまんこに顔を埋め、舐め回している段階では、それほどの罪悪感はないかな。キスの延長みたいなもの、と自分にいいきかせている感じかな。
 しかし、いざ挿入となると、やはり罪悪感のようなものがなくはない。特に生で入れる場合はそうだ。スキンをつけていると、いや、ペニスを入れたのはゴムの中であって、他の女のおまんこの中ではない、なんて変な理屈をつけることができるけど、生はそうはいかない。それに生だと、いろいろなリスクも伴う。

 もっとも、男の本音をいうと、そんな罪悪感も一瞬のことで、こんなおいしいチャンスは滅多にないぞ、しっかりと勃起しているうちに挿入を果たして、楽しまないと、という気持ちの方が強いかな (笑)。

 まあ、他の男のペニスを挿入される直前の女の気持ちも似たようなものだろう。しかし、決定的に違うのは、浮気においても、女の方が受け身である、ということだ。勃起を維持しつづけなければならない男と違って、女はじっと男の行為を待っていればいい。
 これには訳がある。自分からは何もしなかった、男の方が勝手に入れてきてしまった、悪いのは自分ではなく、強引な男の方だから、という言い訳が欲しいのだ。その複雑な気持ちを男は知っているだけに、女の気が変わらないうちに挿入を果たそうとする。

 とはいえ、女も他の男のペニスが膣に入り込んでくる瞬間というのは、罪悪感、背徳感でいっぱいになる。しかし、その感覚が強いほど、快感も比例して強いものになるので、男が腰を振ってペニスが動き出すや否や、すぐに快感の波に飲み込まれてしまう。
 そして気持ち良くなればなるほど、ふとまた背徳感がよぎる。他の男のペニスでこんなに気持ちよくなっている自分って・・・となる訳だ。そうして迎えるオーガズムの瞬間って、それは気持ちいいものだろうね。

 男が射精する瞬間も、女にとっては決定的な瞬間だ。浮気している男にとっては、射精は挿入の延長線上にある終点でしかない。しかし、女にとっては、最後にやってくる最大の背徳感が待っている。射精までいかず、途中で抜かれれば、セックスは 「未遂」 でなかったことにできる。しかし、射精までされると、たとえ自分はイケないくても、セックスの完了を意味するからだ。

 特に中出しされ、熱い精液が膣奥に広がっていくと、ああ、ついに他の男の精液を受け入れてしまったという罪悪感に襲われる。それがまた深い快感を呼ぶ。男がペニスを抜いて、膣口からこぼれ出る精液を見る時も、女は、改めて射精されたんだ、他の男の精液で汚されてしまったんだ、という背徳感に襲われる。

 男にとっての浮気は射精し、ペニスを抜いた時点で、終了する。浮気したことは、パートナーには黙っていれば分からない (と思うー笑)。ペニスに変化はないしね。
 いつもの女のおまんこに挿入する時も、別段、罪悪感や興奮はない。むしろ、もとのサヤに戻った感じで、ほっとする。せいぜい、償いの気持ちがあるとしたら、このおまんこを気持ちよくさせてあげないと、という気持ちになり、いつも以上に頑張ることかな。もっとも、玉も軽くなっていて、出る精液の量がいつもより少なくなるのを考えると、悪いかなとは思う。しかし、これはなんとか誤魔化せる (と思うー笑)。

 しかし女の場合は違う。特に浮気した男のペニスが大きいと、再びカレシのペニスを受け入れる時って、ドキドキするものだ。まず、大きなペニスによって膣が広がっていないだろうか、それによって浮気がばれないだろうか、という不安がよぎる。
 そしていよいよ入ってくるペニス。もう何回も受け入れていて、馴染んでいるハズなのに、なぜか新鮮な感覚になる。それは、カレシのペニスってどんなんだろうと、無意識のうちに浮気相手と比較してしまうからだ。膣の意識もいつも以上に敏感になる。
 そして 「違う!」 ということに気がつく。なにが違ううんだろう、とさらに膣への意識が高まり、膣内のペニスをなぞるようにしめつけてみる。

 そうとは知らないカレシは、いつものように腰を振ってくる。ここで、男によって腰の振り方まで違う、という新しい発見をする。しかし、自分を気持ち良くさせようと、一生懸命に腰を振ってくるカレシに対し、感謝の気持ちと同時に、改めて罪悪感が顔をもたげてくる。他の男のペニスがはいってきた膣に、今、カレシのペニスがはいっている。この背徳感が、また別な興奮を呼び起こし、いつもとは違う興奮に包まれる。
 そして、いつも以上に感じることが、せめてもの償いとばかり、この時のセックスって、女も燃えるものだ。ちょうど、浮気した男がいつも以上に頑張るようにね。




    posted at 00:00 | セックスとモラル | CM(0)
性感染症のリスクを減らしながら楽しめる性行為

 オーラルセックス、生挿入、中出しといった粘膜を擦りあい、体液を交換する濃厚なセックスはのは、信頼のおけるセックス・パートナーとだけ楽しむとして、他の異性と性交渉を持つ場合、性感染症のリスクを減らすにはどうしたらいいか?
 実は、粘膜の擦りあい、体液の交換をしなくても、けっこう性交渉は楽しめるものだ。以下、性感染症の感染リスクを減らしつつ、性交渉を楽しむ方法を考えてみたい。
 
 とろけるようなキスは、へたなセックスより何倍も気持ちいい。しかもキスだけでは、性感染症が感染するリスクは非常にすくない。ディープキスでもだ。もっとも、口内炎などで、口内に傷があるときは、ディープキスは控えた方がいいだろう。

 たとえクンニはできなくても、パンティーを履いたまま、顔の上にまたがってもらうことは問題ない。正直、匂いフェチには、直接、汚れた股間を舐めるよりも、汚れたパンティーの方が匂いもきついし、より興奮するものだ。もっとも興奮のあまり、パンティーを裏返して、おりものを舐め取る行為は、我慢しなければならないけどね。

 全裸でお風呂にはいって、互いに体を洗いあったり、湯船につかるというのも楽しいものだ。そしてベッドで裸で抱き合い、マッサージをしてあげるというのも、極めて安全な行為だ。
 バストへの愛撫も粘膜ではないので、安全だ。(母乳が出る場合は、この限りではない。母乳も体液なので)クンニできないぶん、たっぷりと時間をかけてバストを愛撫すればいい。そしてバストから全身を舐め回してもいい。膣とお尻の穴の粘膜さえはずせば、極めて安全だ。相手の女性がクンニをしてほしがったら、「いま口内炎になっちゃったから、クンニは今度ね」とでもいって分かってもらうことだ。

 こんなことをしていると、互いの性器は興奮してくる。そこで男は、キスをしながら、指で女性器を愛撫してあげればいい。女性は逆に、キスしながら、手で勃起したペニスを握ったり、擦ったりしてあげればいい。この際、女性の膣内分泌液をペニスの先につけたり、我慢汁や精液を膣につけることさえしなければ、安全だ。

 そして射精したくなったら、膣内には出さなくとも、互いに性器を手や指で擦りあいながら、女性のお腹や胸に熱い精液をかけてもいい。この際も、傷口や口、目などにかからないような注意が必要だ。精液のほか、女性のオシッコも、男性の体にかける場合には、傷口や口、目などをはずせば、危険はない。
 もちろん、勃起して、挿入したくなれば、ちゃんと最初からコンドームをつけて、挿入すれば、かなりの確立で性感染症の感染は防げる。

 まあ、濃厚なフェラやクンニ、シックスナイン、精液プレーなんかはできないけど、これをはずしても、上記のプレーはほぼ安全なわけだから、これだけでも十分、性的な興奮と快感を得ることが出来る。それでいて性感染症のリスクが極めて小さいとなると、これは十分にやる価値のあることだと思う。特に、これからも多くの異性と交わってみたいとおもっている人にはね。

 さらに、興奮を高める行為としては、互いにオナニーを見せ合うとか、野外や大自然のものとでの露出プレーとか、人前でのプレーとか、あるい軽く手足を縛っての、拘束プレーなんかでこれをやってもいい。画像や動画をとりながらのプレーも興奮するものだ。
 バイブも、きちんとコンドームをかぶせれば、膣にいれても、お尻の穴にいれても、性感染症の危険はない。

 確かに、生、中出しをして、股間を精液でベトベトにするのって、セックスの醍醐味ではあるけど、これは特定のパートナーとだけにとどめ、多くの異性と交わろうとするなら、これぐらいは我慢するしかないね。まあ、一つぐらい制約があったほうが、逆に工夫もこらすし、かえって、興奮するプレーができるかもしれないね。




    posted at 00:00 | セックスとモラル | CM(0)
セックスと性感染症

 セックスの醍醐味は、なんといっても生での挿入、そして膣内への射精にある。言い換えれば、互いの粘膜の接触、そして体液の交換だ。

 ところが、やっかいなことに、生での性交渉やオーラルセックスは、粘膜の接触と体液の交換をするため、性感染症の感染の危険性が常にともなう。互いの粘膜を擦りあうって、こんなに気持いいことなのに、神様はなんでこんなことに、感染の危険を併存させたのだろうか、と思ってしまう。

 しかもやっかいなことに、必ずしも不特定多数と性交渉をもたなくても、たった一回の性交渉でも、性感染症に感染することはある。常に決まったパートナーとさえ、性交渉をもっていれば安全かというと、これがそうではない。その人が過去にどのような人と性交渉をもったかは、わからないからだ。また、つきあっている間にも、他の人と性交渉をまったくもたないとは言い切れない。かといって、はじめてセックスする前に、互いに血液検査の結果を提示しあうということも、現実的ではない。

 まあ、確率的にいうと、より多くの人と性交渉をもつほど、感染のリスクは増すといっていいだろう。ただし、所謂プロというか、フーゾクで働く女性と性交渉をもつと、感染の確率が高いというと、必ずしもそうともいえないみたいだ。むしろ、彼女らの方が、定期的な検査もおこなっているし、自分の体に対する意識は高い。逆に10代の若い女性のほうが、気軽に生でセックスしてしまいがちで、しかも定期的な検査も受けていないし、自覚症状もないため、感染に気がつかない場合が多いようだ。

 性感染症としては、淋病、梅毒、単純ヘルペス、クラジミジア、コンジロームなどがあるが、この他にも、膣炎、尿路感染症、トリコモナス症、ケジラミがあるし、忘れてならないのが、エイズ(HIVウイルス感染)だ。
 HIVは、かつては、麻薬患者の注射針や同性愛者の肛門性交が主な感染経路だったけど、最近は異性間の性交渉による感染も増えている。特に10台の若い男女に増加傾向があるとのことだ。

 これらは、体液(血液、精液、膣分泌液)などによって感染する。膣性交や肛門性交の他にも、クンニやフェラ、シックスナインなどのオーラルセックスによっても、感染の可能性がないわけではない。特に口内に傷がある場合など、生理中のクンニなんて、実は危険きわまりないわけだし、精液を口内に射精されるのも危険度が高い。クンニしていて膣分泌液を飲み込むのも、危険度が高い。

 従って、もし性感染症の感染を防ごうと思ったら、性交渉においては、最低限、コンドームの着用が必要だ。また、激しいオーラルセックスも控えなければならない。アナルも粘膜なので、アナル舐めも、感染の危険性がある。
 オシッコプレーにしても、オシッコそのものは、膀胱を出る瞬間までは無菌状態だが、その先の性器が感染症に感染していたら、やはり感染の危険性は高い。

 ところで、このサイトでも、激しいオーラルセックスの体験談やテクニックを紹介しているし、生、中出しのセックスの体験談なども書いている。ある読者から「そんなに生でやって、感染の危険はないのですか?」と聞かれたことがある。このサイトで紹介している体験談は、ほとんどが過去のものだ。必ずしも現在進行形のものではない。

 しかし、若い読者が、こうした体験談をよみ、避妊や感染症に無頓着となってしまうとすると、それはこのサイトの本来の意図するものではない。その意味では、性交渉をもつ各人が、大人としての自覚と自己責任において、性行為をして欲しい。
 また、フェチ願望でも、生、中出し、激しい体液の交換の話しばかりだが、これはあくまで願望であって、現実ではない。実際にこういうことをしても、思っているほどの快感が得られるかどうかはわからない。これらは、あくまで、空想の世界で自由に遊んでいると、考えて欲しいな。




    posted at 00:00 | セックスとモラル | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: