FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

さまざまな種類のフェラとテクニック

(1) 立たない時、もういちど立たせる時のフェラ
 ペニスを勃起させたかったら、ペニスが感じる快感の3点セットの中でも、亀頭部分の真下、裏筋のはじまり部分が特に効果的だ。ペニスが柔らかくてもいいから、パクリと口に含み、舌先を使って、執拗にこの部分を、レロレロとやや強めに刺激する。すると数分で、少しずく硬くなってくる。なおも刺激を送り続けていると、さらに硬くなる。それでも他の場所には移らず、完全勃起状態になるまで、ここを刺激し続けること。それでも立たなかったら、諦めるしかない。

(2) 挿入前の前戯としてのフェラ
 これがフェラの中では一番、頻度が高いのではないだろうか。男としては、直ぐに挿入もしたいが、せっかくなので、唇の感触もその前に味わっておきたい、という気持ちがある。また、立ちが今ひとつの時は、挿入にむけて硬くしておく、という実用的な意味合いもある。

 しかし挿入が前提としてある場合、フェラと挿入のバランスは微妙だ。フェラを多くしてもらうと、あるいはフェラが異様にうまい女性だと、入れる前にほとんど射精しそうになってしまうことがある。こうなると、早漏気味となってしまうので、男としても困ってしまう。早漏も困るけど、フェラの気持ちよさも味わっていたいという葛藤のなかで、男はフェラをされているのだ。
 僕なんかは、挿入が前提としてある場合は、フェラは短めにしてもらうか、省略することも多い。女性としては、男が我慢できなくなって、入れたくなるようなフェラをめざせばいいわけで、それは必ずしも射精させるフェラではない。むしろ焦らすぐらいの、ソフトなフェラがいいと思う。
「ああ、もう我慢できない、入れさせて!」
「まだ、ダメ...」
とかいって、さらにソフトに舐められ、焦らされる、というのがいいかな。 

(3) シックスナインの時のフェラ
 これは、シックスナインのところで書いたとおりで、女性は男をイカせる必要はないので、手で握っているか、ときおり思い出したように、ソフトにチロチロ舐めるだけで十分だ。むしろ男が与えてくれるクンニの快感を味わうことに8割ぐらいの神経を使ってかまわない。

(4) フェラのためのフェラ
 これは、フェラ好きな女性の場合。これにはもうテクも何もない。ひたすら、好きなようにどうぞ、という感じだ。射精させてもいいし、焦らしてもいいし、連続して射精させてもいいし、とにかくお好きなように。

(5) 口内射精を最終目的とするフェラ
 何らかの理由で、挿入ができない場合、フェラでの射精が最終目的となる場合がある。これも時間がある時は、前半はゆっくりとしたフェラをしてもらいたいものだ。もし短時間で出さないといけない場合は、手も動員して、とにかく一気に射精までもっていっていい。射精の瞬間には、手で棹を握ったり、玉を握りしめてもらったりすると、さらに気持ちいいものだ。

(6) 後戯としてのフェラ
 口内射精後、あるいは、膣内・膣外射精後に、精液で汚れた亀頭を、舐めてきれいにしてもらうと、男としては感激する。確かに、出した直後の亀頭は、急速にくすぐったくなり、慣れるまでは、逃げ出す男もいるかもしれない。しかしそのくすぐったさに耐えていると、何とも言えない気持ちよさがあるのだ。だから、多少、男がくすぐったがっても、押さえつけて、無理矢理にでも舐めてあげるといい。




フェラをするタイミング

 フェラされるのが嫌いな男はいない。まあ、好きさの度合いに、違いがあるのは事実だけど。とにかくフェラされるのが大好きという男から、それほどでもないが、されれば喜んでしてもらう、というレベルまである。僕なんかは、フェラされる時間があるなら、その間、クンニしたい方なので、無性に好きというほどではないけど、それでもフェラされると嬉しいものだ。

 これはクンニされるのが嫌いな女がいないのど同じだ。もちろん、気持のいいクンニをされたことがなく、 「食わず嫌い」 の女は別だけどね。
 しかし、女から、 「クンニして」 と言えないように、男としても 「フェラして」 とは、あまり言いたくない。

 それは、クンニ同様、口で相手の性器を愛撫する行為なので、あまり好きではない女性というのもいるからだ。そこを無理にして、とも言いにくい。それに、愛撫って、基本的に頼んでしてもらうものではないからだ。いちいち言葉に出して頼んでいるようでは、興奮した空気にはならない。して欲しかったことを、次々と黙ってされる方が、嬉しいし、興奮もする。それは、クンニされる時のことを考えれば、女性にもよく分るのではないだろうか。

 フェラも全く同じだ。黙っていても、フェラしてくる女って、男からみたら、すごくかわいく映るし、自分のことを本当に好きなんだな、と確認できて、より絆も深まるというものだ。
 では、どのタイミングで、どのようにフェラすればいいか? これには何もマニュアルなどない。自分が舐めたい、と思った時に、素直に舐めればいいのだ。
 女性からみたら、いきなりズボンを下ろして半立ちのペニスを取り出し、 「パクッ」 っとくわえたりしたら、すごく淫乱な女にみられて、引かれてしまうのではないか、と考えるかも知れないけど、そんなことされて、嫌がる男は一人もいないね。

 それでも、自然なタイミングがあるのでは、とお思いの女性に、男の側の本音を披露しよう。部屋に入り、キスや抱擁のあと、男が下半身を脱いでペニスを露出した瞬間って、フェラされて男が最も興奮するタイミングだ。
 半立ちであれ、勃起状態であれ、この時って、男にとっても意を決してペニスを露出する。なので、これに無反応というのは、ちょっと寂しい。最低でも見て、 「やだ、もう硬くなっている」 など、何らかのリアクションが欲しい。言葉よりも、さらに手で握ってくれるのも嬉しい。だけど、フェラされるのが、一番、嬉しいかな。

 もし、シャワーを浴びることになれば、浴室で跪いてフェラしてもいい。この場合、短時間でいい。長時間はのぼせてしまうし、射精まで持って行く必要はない。
 半立ち状態なら、これでビンビンになるし、いきなり挿入するつもりであるなら別だけど、挿入可能な勃起したペニスをただ露出するのって、男としても間が悪い。女でも、パンティーを脱いだのに、指ですら触れてこないと、拍子抜けしてしまうのと同じだ。
 
 すぐに挿入してこないのであれば、次のタイミングとしては、クンニされているときとか、クンニが終わったあととかに、欲しそうにペニスを求め、お返しとばかり、フェラをするのもいい。ここからシックスナインになるのも、流れとしては自然でいい。

 挿入とセックスが終わった後、ベッドの横で休んでいる間も、さりげなくフェラするにはいいタイイングだ。男は無防備に横たわっているだけだから、自分からそっと股間に顔を近づけていって、柔らかくなったペニスを手に取り、遊んだあと、そっと口でくわえられると、ものすごく嬉しい。たとえ、射精後で柔らかくなったままであったとしても、ニギニギだされたり、柔らかな唇で舐められるのって、気持いいものだ。時には、それで回復することもある。
 
 要は、男がペニスを露出している間は、半立ちだろうが、ビンビンであろうが、フニャチンであろうが、いつでもフェラのチャンスということだ。セックスが終わって、帰り際にシャワーを浴びているときでもいいし、最後にトランクスを履こうとしているときでもいい。
 こちらから頼まなくても、いつでももの欲しそうにフェラしてくる女って、男にはかわいいものだ。それに、フェラしている女性自身も、興奮してくるので、互いに興奮を高め合うという意味でも、フェラしまくって欲しいね。




フェラされているときの男の気持ち

 フェラされている時の男の気持ちは、女性がクンニされている時よりは冷静だと思う。特に女性はイク寸前になると、結構、回りが見えなくなるみたいだけど、男の場合、射精がせまっていても、 「ここで出してしまおうか」、 「いやもう少し我慢しようか」、 「口の中に出してもいいのかな」、 「知らんぷりして出しちゃえ」、 「やっぱりフェラを制止しようかな」 などと、考えてしまう。

 フェラのうまいヘタも、もちろん、直ぐに分かる。うまい女性なら、黙って、快感に身を預ければいい。あるいは、 「ウァ...気持ちいい...」 などと、素直に表現すればいいけど、うまくない場合、一生懸命やってくれている女性に、どう伝えようか、迷うところだ。まあ、一番傷つけない伝え方は、ポイントをついてきたときに、ちょっと大げさに感じるフリをしてみせることかな。すると女性もここが感じるんだ、と分かるからだ。まあ、処女など、あまり慣れてなくて、「教えて」って、言われたら、じっくりと教えてあげるんだけどね。

 男が仰向けに寝た状態とか、仁王立ちフェラの場合、AV では、よく女性が上目がちに男の目を見るというのが多い。あれも最初は新鮮だけど、いつもそうだと、なんかプロっぽく見えてしまう。一新不乱に舐めて揺れる長い黒髪なんかも、男としては色っぽいんだけどね。長い黒髪といえば、仰向けの時、太ももにサラサラと触れる長い髪の感触は堪らないね。長くてサラサラした髪だと、フェラされながら、思わず手を伸ばして、触れたくなる時もあるぐらいだ。

 もう一つ、AV っぽいな、と感じるのが、バキュームをしているときの、へっこんだほっぺただ。どんなカワイイ子でも、これをやると、Hというよりは、なんか間抜けな顔になってしまって、色っぽさはあまりない。特に好きな女性の、へこんだほっぺの顔はあまり見たくないかな。イメージが崩れてしまうようでね。

 あと、フェラしている時の、唾液と音も、度が過ぎると、これまたAV っぽくなるかな。わざと唾液をだしながらフェラされると、確かに潤滑油となって気持ちいいが、これもしたたり落ちるぐらいに多いと、やりすぎかな。唾液が多くなると、大きな音も出せる。
 これもやはり度が過ぎると、AVっぽくなるというか、プロっぽくなってしまう。やはり、オチンチンを口でくわえるなど、しそうにない清楚な女性が、ぱくっと亀頭を呑み込んでいるという姿が男にはそそられるのだ。これはテク以前の問題だ。

 「即舐め」 は、驚くし、嬉しいけど、男にとっても微妙だ。洗ってないオマンコを、好きな男に舐められる女性の気持ちがよくわかる。女性がこれをされて 「嬉しいけど、匂うし、それで嫌いになられたらどうしよう..」 という不安な気持ちを持つのをね。男でも、ちょっと汚れていると、 「いや、どうしよう...」 と思ったりする。
 だけど、舐められていると、だんだんそんなことは気にならなくなる。でも、洗ってないオチンチンを嫌がらずに舐めてくれた、というのは終わったあとでも記憶に残るし、やはり嬉しいものではある。




プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: