FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

乳首への愛撫 VS おっぱいを揉みしだく愛撫

 男には、女性のようなふくよかなおっぱいがないため、どのような愛撫をしたらいいかが、感覚的によく分からない。乳首は男にもあり、触っていると勃起してくるので、乳首がそれほど感じない男でも、乳首を愛撫されるとどんな感じかはイメージがわく。しかし、おっぱい全体となると、どんな感じなのかが想像できない。揉まれるとどのような気持ち良さがあり、どのように揉まれるのがいいのか、というのが分らないのだ。

 女性による個人差もあろうが、概して、乳首を刺激されると、興奮していようが、していまいが、物理的な快感がある。もちろん、性的に興奮している時の方が、感度は上がるが、そうでなくても、乳首を刺激されると、快感のスイッチが入ってしまう。それは股間にまで繋がる快感で、股間も濡れてくるし、中には乳首への愛撫だけでイクことのできる女性もいるほどだ。

 では、おっぱいの膨らみはどうか。舌先で舐め回す場合、乳首に近い乳輪まわりの部分は、皮膚の感度も高くなるので、いきなり乳首へいくよりは、まわりから責めていくのもいい。おっぱいの裾野の部分からスタートして、舌先を渦巻きのように回転させながら、乳輪を経て最後に乳首に到達する、なんて愛撫は乳首への意識を高める意味もあり、効果的だ。この場合、おっぱいの大きさはあまり関係ない。

 おっぱいの大きさが関係してくるのは、おっぱいを手の平全体で揉みしだく時だろう。そもそも、Aカップの貧乳の場合、男はあまり揉みしだこうとはしない。ある程度の大きさになると、モミモミしてみたくなる。ましてや、張りがあって弾力のある美形のおっぱいだと、なおさらだ。あまりに巨乳だと、手の平に収まらないので、反対に揉んでみたくはならないかな。

 おっぱいを揉みしだかれると、女はどんな快感を感じているのか?これも個人差があるだろうけど、概して、おっぱいを揉みしだかれても、乳首のような直接的な快感はない。特に性的に興奮していない時だと、ほとんど快感はない。
 ところがだ、性的に興奮している状態でおっぱいを揉みしだかれると、話は変わってくる。この状態でおっぱいを揉みしだかれると、直接的な快感はないものの、なんともいえないエロい気分になるのだ。つまり、揉まれているという感覚が、心地良さというか、気持ち良さに変わっていくのだ。おっぱいという性器を持っている女としての自分を再認識する。そして自分にはないおっぱいを、男が力強く揉みしだくというその行為に興奮してしまうのだ。その雰囲気に酔ってしまうのだ。

 乳首とおっぱいの、こうした感じ方の違いを理解すると、どのような時に乳首を愛撫し、どのような時におっぱいを揉みしだけばいいのかが、分るというものだ。それと、乳首への愛撫は優しく、おっぱいを揉む時は力強く、という理由も理解できよう。
 セックスを予感していて女がすでにエッチモードに入っていれば、おっぱいを力強く揉みしだくだけで、女の興奮の度合いは高まる。さらに興奮状態になってくれば、おっぱいを揉みしだかれるだけで、通常の皮膚感覚が心地よい快感に転化していく。この状態で乳首への愛撫に移れば、効果てきめんということになる。




    posted at 00:00 | バスト愛撫術 | CM(0)
貧乳の女こそ、おっぱいへの愛撫をたっぷりと

 世の中には 「おっぱいフェチ」 だ という男が確かに存在する。「おっぱいフェチ」 の 中には、大きさよりは形の美しさを求める男もいるだろうけど、ほとんどは大きなおっぱいに萌えるようだ。

 当然、「おっぱいフェチ」 はおっぱいが好きなだけに、揉んだり舐め回したりと、おっぱいを徹底的に愛撫する。僕は 「おっぱいフェチ」 というよりは、むしろ 「おまんこフェチ」 なので、よく分からないが、「おっぱいフェチ」 の男はおまんこを舐め回すよりも、おっおぱいを舐め回す方が好きなんだろうね。

 世の中には、おっぱいよりも、お尻の方に萌える、という 「尻フェチ」 な男も存在する。「尻フェチ」 の場合も、お尻の形というよりは、女っぽい、大きくて柔らかで白いお尻に萌える。「尻フェチ」 の場合、お尻への愛撫は執拗にする。セックスの体位も、大きなお尻を堪能できる四つん這いバックが好きだ。

 貧乳でそのことにコンプレックスを持っている女性と、「おっぱいフェチ」 の男性の組み合わせは、決していい相性ではない。では、貧乳の女性と 「尻フェチ」 との男性との組み合わせが、いい相性がいいかというと、必ずしもベストとはいえない。とうのも、「尻フェチ」 の男性は、そもそもあまりおっぱいに興味がないので、おっぱいへの愛撫を省略してしまう。

 ここに大きな誤解がある。というのは、いくら貧乳の女性でも、おっぱいが性感帯であることは変わりないからだ。場合によっては、乳輪も乳首もちいさいだけに、むしろ今巨乳よりは感度がいいかも知れないぐらいだ。
 それなのに、「女はおっぱいの大きさじゃないよ」 みたいなことを言われて、おっぱいを無視されてしまうと、女としては 「貧乳でもおっぱいが感じるんだけど」 「貧乳だと、おっぱいは愛撫してくれないの?」 と言いたくなってしまう。しかし、貧乳がコンプレックスとなっているだけに、それも言いづらい。

 「敵の弱点を攻める」 のは勝負の鉄則だ。貧乳の女性は、必ずと言っていいほど、自分の貧乳にコンプレックスを持っている。小さいから感じないんだろう、とおっぱへの愛撫を省略されると、ますますコンプレックスを持ってしまうという悪循環に陥ってしまう。
 なので、貧乳の女性は、徹底的におっぱいを攻めることだ。何よりも、そこは全ての女性にとっての重要な性感帯だし、特に貧乳の女性にとっては、長年のコンプレックスを解放してくれる、という精神的な満足感もあるからだ。




    posted at 00:00 | バスト愛撫術 | CM(0)
おっぱいにフィットする手の平

 おっぱいへの手による愛撫としては、大きく分けて、手の平でおっぱい全体を揉むか、指先で乳首をつまみ上げるというのが多いと思う。最初はおっぱい全体を揉むことから入っても、すぐにより効果的で反応のある乳首への愛撫に移ることになる。従って、手の平によるおっぱい全体の愛撫はどうしても疎かになりがちだ。その上、男としてはすぐに乳首を舐めたくなるので、手の平による愛撫はなおさら、省略してしまうものだ。

 しかし、やり方によっては、おっぱい全体への愛撫も、驚くほど効果があるものだ。これを乳首への愛撫前の焦らしとして入れると、乳首への愛撫に移ったときも、相乗効果がある。 
 多くの男は、おっぱいを手の平で揉む時って、手の平をおっぱいの形に合うように丸めて、おっぱいをつかみ、指先を動かして「モミモミ」すると思う。しかしこれでは、強くやると痛みもあり、女性は決してとろけるような快感を感じることはない。

 手の平を丸めておっぱいに持っていくと、どうしても指先に力が入ってしまい、手の平や指先が硬くなってしまう。そうなると、おっぱいの曲面と手の平との間に隙間が生じてしまう。これが手の平とのフィット感を無くし、触られる女性にとっても指先の硬さが、ごつごつした感じを与え、包み込まれるような心地よい接触感を生み出さない。

 ではどのようにやるのか? ここで参考になるのが、プロのマッサージ師がやるテクニックだ。指の力を抜くためには、まず手の平を真っ直ぐに平らにした状態から、おっぱいに当てる。そして指先に力を入れないようにして、平らにしていた手の平全体の力を脱力する。すると、5本の指が「スー」っとおっぱいの曲面にそって吸いつくようにフィットしていく。どこに力が入る訳でもないのに、おっぱい全体が手の平でぴったりとまんべんなく被われる。

慣れてくると、おっぱいの曲面と手の平との間が真空状態となり、ぴたっと吸いつくように密着する。それはまるで手の平とは思えない、何物かによっておっぱいが包み込まれた感覚だ。このようにされると、女性は「もの凄く大切にされている」という感覚になる。 これに比べたら、通常のおっぱいのもみ方は、「乱暴に扱われている」という感覚だ。特に、生理前とかだと、おっぱいや乳首が張ってくるので、なおさら乱暴に揉まれると、痛みすら覚える。なので、生理中の女性には、絶対にこちらの触り方の方がいい。
 この密着感は、心地良さだけではなく、「もう逃げられない」という被支配感をも生み出す。なお、この触り方は、おっぱいだけでなく、お尻にも有効だ。

 男の手の平が温かかったり、オイルが間に入っていれば、ただ触られただけでも心地いいものだ。しかしこれに動きが加わると、さらなる快感が生み出される。
 ここでのポイントは、同じくマッサージの基本と同じだ。つまり、指先を動かして揉んではいけない。せっかく指先を脱力しておっぱいに吸いついているのに、ここで指先を動かしては、このフィット感が台無しとなってしまう。

 ではどうするかというと、おっぱいに密着させたまま、手の平全体をゆっくりと動かすのだ。その際、手の平を動かすのではなく、肘を起点として腕全体を動かすのだ。こうすると、おっぱいに手の平がやさしく密着したまま、おっぱい全体を揉みしだくことができる。その迫力たるや、指先でのモミモミに比べたら、格段の差がある。女性の反応をみながら、円を描くように回転させてもいい。あるいは、左右のおっぱいを交互に時計回りと反時計回りというように回転させてもいい。

 この動きはじっくりと時間をかけてやるのがいい。ほとんどの女性は、こんなおっぱいの愛撫を受けたことが何ので、その新鮮な感覚に驚くことであろう。女の興奮度は、手の平の中で硬くなっていく乳首の変化からも感じ取ることができる。
 なお、この愛撫をする時は、女性が仰向けに寝ているときよりは、体を起こしている時の方が、おっぱいの形も露わになるので、より効果的だ。正面からやってもいいし、背後から両手を回してもいい。女性がうっとりとしてきたら、キスを交えたり、髪を撫でたり、女の股間に男の太股を割り込ませるなど、さりげなく全身への愛撫に移行していくといい。




    posted at 00:00 | バスト愛撫術 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: