FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

フーゾク嬢にとってのいい客、いやな客

 男の自分がもし女性向けのフーゾクで働くことになったとする。そう思って街行く女性を眺めていると、ああ、こんな若くて綺麗な女性ならいいな、このあたりまでなら許容範囲かな、いやこんな太って人相の悪いおばさんなら、とてもじゃないけど耐えられないな、などと想像してしまう。そしてこんな人に無理やりキスされたり、おまんこを舐めさせられたりしたら、もう1分1秒でも耐えられないと思う。ましてや本番となると、よっぼど若くて性欲の塊でもない限り、ペニスも勃起しないので仕事にならない。

 あるいは、フーゾク嬢の立場になってみて、街行く男性を眺めても、こんな爽やかなイケメンならいいな、スポーツマンでこんな格好いい人ならいいな、スーツの似合うこんな渋いおじ様ならいいな、と思う反面、不摂生な体つきのオタクや、腹も出て頭も薄くなっているさえないおじさんなんかだと、イヤだろうな、と思ってしまう。フーゾクが給料のいいのは、こうした辛さに耐える代償という意味あいもあるな、と納得してしまう。

 このことを現役のフーゾク嬢に聞くと、そりゃ、清潔感があってかっこいい、紳士的な人の方がいいにきまっているとのこと。あと話がうまくて、その場の雰囲気をつくれる人かな。
 男の側からしても、相手の女性が自分のことを気に入ってくれているというのは、分るものだ。中には、話をしていて「ドアを開けた瞬間に、『やった』と思ったよ」と言われたこともある。ということは、その反対もあるということだ。

 いやな人に体を触られたり、フェラさせられたりするのは、それは耐えられないだろうな。ましてや挿入までされたら、それはもっとイヤだ。そのストレスが溜っていって、いつしか、辞めたくなってしまう。中には精神的に病んでしまう子もいる。
 これは料金が定額であるからくる問題ともいえる。女性が相手をみて値段を決めるシステムであれば、ストレスも軽減されるのではないかな、とも思ってしまう。

 相手によって女性が値段を決めるシステムをフーゾク嬢に話してみると、そういうえり好みをしているのも新人の間で、慣れてくると、相手の年齢や容姿はあまり気にならなくなるという。
 ここが、男と女の違いかな。基本的に能動的な男は、性欲があっても、誰でもいいというわけではない。それなりに魅力がないと、勃起しないし、やりたいとも思わない。しかし、基本的に受け身の女性は、相手が誰であれ、とりあえず股間を開けば、セックスは成立してしまうのだ。ここに、男性向けのフーゾクはいろいろあっても、女性向けのフーゾクが成り立ちにくい理由があるようだ。

 フーゾク嬢に言わせると、いい客、いやな客というのは、客の年齢や容姿ではなく、むしろ遊び方だという。高いお金を払っているのだから、それだけのことをしろ、とばかりに色々と要求をしてくる男、しつこい男というのが一番、イヤだという。夜だと酔っ払いも多くて、一方的な男が多いという。
 要は、対等な関係ではなく、女性を性欲処理のモノ扱いするような男が一番、いやだということだ。まあ、これって人格の否定にもつながるからね。

 あと、イメクラなど、本番なしの店なのに、素股の隙に無理やり入れてこようとする客もイヤだという。お店自体は気に入っていても、毎回、客が入れようとしてくることがイヤになって、店をやめてしまうという子も多い。かくいう自分も、相手がその気になってくれば、入れてしまうことはあるけど、絶対に無理やりにはしないけどね。

 男のテクでいうと、本当にテクがあって、メロメロにイカされてしまうのも、体調のいい時や、自分のエッチな気分になっている時ならいいけど、毎回だとイキ疲れてしまうという。テクがなく、かえって乳首やクリ、膣内が痛くなってしまうのも困りものだが、一番困るのは、自分はテクがあると思い込んでいて、ずれた愛撫を延々と続ける勘違い男だという。

 今はホテルに女の子が派遣されるのがほとんどだ。女の子も、きれいなホテルに呼ばれると気分も乗るという。部屋がきれいなだけでなく、ホテル代を惜しまない客は態度も落ち着いていて、ガツガツしていない。逆に、安いホテルだと、気分も今ひとつだという。そしてそういうホテルの客は、遊び方も元をとろうと、しつこいとのこと。
 まあ、これなんか、落語の遊郭ものを聞いていると、よく似た話がたくさんある。昔も今も、遊び慣れた客というのは、お金に執着せず、きれいに遊ぶ客ということかな。




    posted at 00:00 | 今どきのフーゾク | CM(0)
今どきのピンサロ

 一昔前というか、二昔前のピンサロって、正直、あまりいいイメージを持っていなかった。ピンサロというのは、女性がフェラだけで、男の客を射精までもっていく場所だ。いわば、抜くだけの場所で、値段も3000円ぐらいから、高くても6000円ぐらいと安いけど、時間も30分と短い。

 場所も雑居ビルの地下の薄暗い小さな部屋で、ミラーボールの証明のもと、音楽がガンガンなっている。中はボックスシートになっていて、軽く世間話をしたあと、女性がおもむろに男性のズボンを降ろし、おしぼりで股間を拭くと、ぱくっとくわえて一気に射精までもっていく。射精したら、またおしぼりで股間を拭いて、ズボンをあげて、時間が来たら終わり、という感じかな。もちろん、シャワーもないし、本番はない。

 まあ、値段相応の場所で、フーゾクのランキングの中では決して高い方ではない。それだけに客層もそれに対応していて、豪華な遊びとはいえない。出てくる女性も、若くてかわいい子がいることはまずなく、暗がりでなければちょっと、という感じだった。反面、フェラだけで客を満足させなければならないので、さすがにフェラテクだけは凄い、というイメージだった。

 しかし、近年のピンサロはちょっと違うというのを耳にして、どんなところになっているのか、好奇心で覗いてみた。地下の小さな薄暗い部屋で、ミラーボールと音楽がガンガンなっているというのは、昔も今も変わらない。本番なしで、フェラで射精させるというのはもちろん、昔と同じだ。値段の安さもね。お金を払ったところで、指の爪のチェックと、消毒液をふりかけられる。これもなんだかな。

 では、何が変わったかというと、まあ店と値段にもよるけど、それなりの値段の店は、女性が皆、20前半の若くてかわいい女性ばかりになっていることだ。店内もボックス席ではなく、囲いはあるけどフラットなシート席になっている。シートの四方は壁で囲まれているけど、入口だけは50センチぐらいの空きがある。ここで客は靴をぬいで、狭いフラット・シートに寝そべる形になる。フリーでも指名でも、待っていると、女の子が入ってきて、プレー開始となる。

 さらに驚いたのは、女性が全裸になることだ。脱ぎやすいように、下着はパンツだけで、ブラはしてなく、お揃いのかわいらしいブレザーの制服を着ている。客の男も全裸になれる。狭いシートの上で服を脱ぐのも容易ではないが、立ち上がると前後左右のシートが見えてしまうので、立つことは出来ない。できるプレーはフェラのほか、キス、おっぱい舐め、指入れ、クンニと、素股と本番以外は、イメクラと同じプレーができるようになっている。

 といっても狭い部屋だし、立つと隣のプレーが見えてしまうので、自由度はかなり制限される。それに男性従業員がしょっちゅう、部屋の中を歩きまわっているので、集中もできないかな。

 まあ、それでも狭いシートの上で、二人とも全裸になり、キスをし、抱きしめていると、それなりに興奮はしてくる。こんな狭いところでてクンニするには、男が上半身を下げて女の股間に顔をうずめるか、顔面騎乗してもらうしかない。とりあえず、顔面騎乗をしてもらう。男に舐められては、おしぼりで拭いているのか、特に匂いもしなかったけど、割れ目の内側はそれなりに濡れていた。「シックスナインもできるの?」 と聞くと、女の子は器用に向きを換え、なんとかシックスナインの形に。小柄な子だから出来たのかな。このあたりで、ペニスも完全勃起状態になってくる。

 すると女の子は体を傾けて、横向きのシックスナインになった。ちょうど僕の剥き出しになった下半身が50センチほどの入口を向く形になった。女の子がフェラをしている間は、女の子の顔でかくれるが、ちょうど、女の子の口がペニスから離れた時に、男性従業員が通りかかり、僕のフル勃起したペニスを斜め上からマジマジと見られてしまった。男は僕の顔を見ることはなかったけど、「丸見えじゃないか、というか、こいつのでかいな!」 みたいな顔をして、しばし覗き込んでいるのが分った。女の子はそのことには気が付いていない。

 正直、この瞬間が僕的には一番、興奮したかな。店に入って10分もしないのに、いきなり全裸になって、股間を舐め合うだけでも恥ずかしいのに、なんとフル勃起したペニスを同性の男に見られるわけだからね。
 それと、どちらかというと 「取材」 のノリで人ごとのように店に入ったくせに、生身の女の子のおまんこを舐め、ペニスをしゃぶられている内に、フル勃起してしまったという、自分の本当の姿を晒してしまっただけでなく、それを同性に見られてしまったことに興奮してしまったのかな。「かっこつけてきても、普通のスケベな男じゃん」 と見透かされているような、解放感もあった。

 だから僕は男に見られているのに気が付いても、敢えて隠そうとはしなかった。むしろ見せつけていることに快感もあった。18センチにフル勃起した愚息は、女の子の唾液で濡れて、薄暗いなかで黒光りしていたので、迫力も満点だったと思う。その根元には人一倍大きな金玉も丸見えだったしね。その後、また女の子にパクッとくわえられて、従業員も歩き出した。同性に勃起したペニスを見られてしまった興奮もあってか、その1~2分後、あっさりと彼女の口の中に射精した。

 まあ、それなりに気持ちよかったけど、やはりただ抜く場所、という感じかな。イメクラと同じプレーができるといっても、狭すぎるし、時間も短い。女の子の素人度は、店にもよるだろうけど、やはりイメクラの方が上かな。時間もあるので、相性しだいでは、思わぬ展開もあるしね。夜の時間帯で指名をすると、30分でも1万円ぐらいになる店もある。ということは、60分で2万円だから、値段的にもイメクラと大差ない。

 もしかしたら、女性が全裸になって、キスやクンニもOKとすることによって、客の興奮を高めているのかな。若くてかわいい子の裸が見られるだけでなく、おさわりや指入れ、キスやクンニまでできて、最後はフェラで口内射精できるわけだから、男にとってはお得感があるのかな。反面、昔は全裸になることもなく、フェラだけで勝負していた時代だったので、フェラテクは今の子よりも凄かったのかも知れないね。

 それはともかく、女の子からしたら、派遣型のイメクラなんかに比べて、ピンサロの方がいかにもフーゾク嬢という感じかな。人気店だと、次から次へと順番まちしている、会ったばかりの男のペニスをしゃぶっては、精液を吐き出させていくわけだからね。イメクラだと、待機時間もあるし、気に入った常連客だと、ホテルに行ってこっそりとエッチなことをする、という感じだからだ。

 ということで、確かに今のピンサロは、昔とはだいぶ違っているけど、やはり本質では変わりないかな。時間も短いので、客の回転も速い。それだけに女の子も手慣れたものだ。まあ、手頃な値段で、手っ取り早く抜きたいという男には、ありがたい存在なのかもしれないけどね。地上に出る狭い階段では、昼間だというのに、順番を待っている男らが数人、並んでいた。顔は涼しげを装っているけど、股間では精液をパンパンに溜め込んだ男たちがね。

 今となっては、ピンサロって、ソープと並んで、数少ない店舗型のフーゾクになってしまっている。それだけに、すぐ隣で男の従業員がいるというのが、派遣型のフーゾクと大きく異なる点になってしまっている。これって、慣れるまでは、少し敷居が高いかな。女の子をホテルに呼んでしまえば、あとは自分のペースで遊べるのと違い、常に男の監視下で射精までするわけだから、へんな緊張感があるかな。おまけに、隣のボックスで行われている行為もチラチラと見えるしね。まあ、それがまた客のドキドキ感をさそって、独特の雰囲気をかもしだしているんだろうね。




    posted at 00:00 | 今どきのフーゾク | CM(0)
イメクラで露出

 まだ店舗型のイメクラがあったころのお話。部屋に入るなり、馴染みの女の子だったので、すぐに抱き合いながらキスし、跪いて彼女のおまんこをいきなり舐めてみる。こんなことをしているうちに、もう完全勃起状態に。

 キスしながら全裸になり、しばらくいちゃいちゃしていると、「シャワーにいかなくちゃ」といわれ、仕方なく、部屋からシャワー室に移動すべくドアを開けた。いつものクセで、わざとタオルをかけず、全裸で勃起したペニスを突き出すように廊下に僕が出た時だった。突然、向こうから小柄な女のこがやってきた。完璧に見られた!女の子は恥ずかしそうにカーテンに引き下がった。僕も条件反射で引き下がった。

 だけど、女の子の恥ずかしそうな顔とあわてふためいた姿に、僕のペニスはキューンとするような何ともいえない快感に包まれてしまった。
 「もっと見せたい!」 そう思った僕は、再び廊下にでて、勃起したペニスを突き出したまま彼女を待った。すぐに彼女がまたカーテンから出てきた。また完璧に見られた! こんどは彼女、引き下がったまま出てこなかった。

 そうこうしていると、僕の相手の女の子が準備を終えて、僕に続いて廊下に出てきた。
「何やっているの? 隠さないと見られちゃうよ!」
「今、見られちゃった」
「髪の短い子だった?」
「うん、たぶん」
「今日、入った新人だよ」
「それで恥ずかしそうにしてたんだ」
 僕はその後、タオルをまいてシャワールームに向かったので、露出はその2回だけだった。

 イメクラだから女の子に裸や勃起したペニスを見られるのは当たり前なのだが、相手ではない別な女の子に偶然に見られると、これはもう普通の露出と何ら変わらなかった。ただ違うのは、場所が場所だけに警察に突き出される心配がないことだった。偶然の露出ながら、露出する男の快感が少し分かるような気がした。




    posted at 00:00 | 今どきのフーゾク | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: