FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

閉脚と開脚の違いによる女の快感の変化(2)

 セックスの時、女性の両脚は、閉脚した状態よりも大きく開脚した状態の方が、膣天井が引っ張られ、結果的にスラストされている時の快感が増す、と書いた。実は、これにはさらなる裏技というか、上級テクニックがある。それは、単に女性の両脚を大きく広げるのではなく、股間部分に「ひねり」を加えるのだ。

 どのようにするかというと、女性の片方の脚は真っ直ぐに伸ばし、もう片方の脚の膝を思い切り折りまで、女性のお腹側に持っていく。その上で、この折り曲げた脚をさらに外側に向かって押すのだ。この際、相当に体が柔らかい女性なら、上側の脚は膝を折らなくてもお腹側に持っていくことができようが、これができる女性はそういない。それに、膝を折った方が、引っ張られた筋肉がバネとなり、よりお腹の筋肉を引っ張ることができるので、膝は思い切り折った方がいい。

 こうすると、両脚を左右対称で大きく広げられるよりも、股間にひねりが加わり、より膣天井側のお腹が張られるのだ。両脚を左右に広げるだけだと、お腹の筋肉は横方向に引っ張られるだけだ。ところが片方の脚を真っ直ぐに伸ばして固定し、もう片方の脚の膝を折ってお腹側に押し込むと、縦方向にお腹の筋肉が引っ張られる。この状態からさらに外側に向けて押すと、縦と横に力が働き、結果として「ひねり」が加わる、という訳だ。

 どのような体位だと、これが可能か?一番、やりやすいのは側位だ。それも、僕が「クロス側位」と名付けた、女の下側の片脚を男の股間の間に入れて真っ直ぐに伸ばすやり方だ(女の上側の脚を高く上げれば、松葉崩し)。男は自分の下半身の体重を使って下に入っている女の片脚を固定し、片手で女の上側の片脚の膝を思い切り折り、それを女のお腹にくっつけるようにして折り曲げ、さらにその折った脚を外側にひねるようにするのだ。この状態でスラストすると、膣天井側のお腹が引っ張られるだけでなく、ひねりも加わるので、強烈な快感となる。
 この側位で女をイカせたら、必ず反対側もして、膣内の壁をまんべんなく刺激してあげたいものだ。
 正常位でも、女の片脚を男の両脚の下側にいれ、もう片方を上に上げることはできるが、これは限りなく側位になっていくので、ここでは側位の中に含めることとする。

 もう一つのやり方は、ややアクロバティックになるが、これを立った状態でするものだ。一つは、「対面立位」で、女の両脚を床に降ろすのではなく、片脚だけを降ろすのだ。そしてもう片方の脚の膝を折り、女のお腹側に持っていく。女は片脚で立つことになるので、激しい動きは難しい。この欠点をカバーするには、壁際でこれをやり、女の背中を壁にもたれるようにすれば、女の姿勢も少しは安定する。

 これって、実は「対面立位」から駅弁になるときに、通過する体位だ。あるいは、逆に駅弁から「対面立位」になる時にもする。「正駅弁」ではないので、未完というか、不完全なイメージもあるが、実は駅弁以上に膣天井が擦られ体位なのだ。

 似た状況は、立ちバックでも作り出せる。立ちバックで女の片脚を持ち上げればいい。この場合も、女の姿勢が不安定となるので、台なり壁に女の手を着かせるといい。
 さらにひねりを加えたければ、「立ち側位」にすればいい。これは文字通り、側位を立ってやる形だ。普通の「立ちバック」と違うのは、女の体が男に対して側面を向くことだ。真後ろだとバックとなるが、横に向けていくと、限りなく側位になっていく。もちろん、45度になるまでには、その中間的な角度もあり得るが、理想は45度だ。これも女の体が不安定になるので、台などで状態を支えるひつようがある。それと、女の膝を折るにしても、ある程度、女の体、特に股関節が柔らかくないとできないけどね。

 男女とも側位になる体位でも、背面から挿入すれば、完全ではないが、これに近い体位にもっていくことはできる。女の下側の脚を男の両脚の間に入れることはできないが、真っ直ぐに伸ばし、もう片方の上側の脚を高く上に上げれば、ひねりが加わる。もっとも、この体位だと、男が力強く動けないという欠点があるかな。

 こうしてみると、一件、アクロバティックで、体位変換の「つなぎ」の体位だったり、遊びの体位のように見えても、実はされている女性にはもの凄く快感が強くなる体位なのだ。但し、これらの中で、一番、自然で長時間続けられ、女を確実にイカせることのできるのは、やはりクロス側位かな。
 次に有効なのが、男女とも横向きになる背面側位かな。それも、女の下側の脚は折り曲げることなく、できるだけ真っ直ぐに伸ばし、上側の脚は膝を折ってでも、思い切り上に上げることだ。挿入の角度的には、女の体を横向きにするほど亀頭が膣天井を直撃するので、激しく動けなくても、効果は十分にある。お試しあれ。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(0)
膣内の3つの快感エリアをまんべんなく刺激するスラスト術(2)

 続いて、体位変換をしないで、一つの体位で、3つの快感エリアを刺激するやり方を紹介したい。それぞれの体位で、いきなりイカせてもいいが、最初は挨拶代わりに、3つのポイントは突くも、敢てイカせず、一巡したところで、改めて一個所ずつイカせるというのもいい。

(1)正常位の場合
 M字開脚して挿入し、入口だけを刺激してイカせる。続いて、女性の片脚を上げて、膣天井を側面から刺激してイカせる。これは左右やるといい。あるいは、寝たままロディオで膣天井を刺激してイカせてもいい。最後、屈曲位で膣奥を突きまくって子宮口のお腹側でイカせる。

(2)側位の場合
 パラレル側位で挿入し、入口だけを刺激してイカせる。続いて、クロス側位にして、膣天井を側面から刺激し、イカせる。これは左右やるといい。最後は、クロス側位で、女性の体を真横にし(松葉崩し)、片脚の膝を折ってお腹側にもっていく。これだと、奧までペニスが届くので、膣奧を突きまくって、イカせる。

(3)四つん這いバックの場合
 四つん這いで挿入し、ニュートラル・スラストで入口だけを刺激してイカせる。続いて、女性の片脚を上げさせて側面から膣天井を刺激し、イカせる。これは左右やるといい。男が中腰になる「膣天井直撃四つん這いバック」だと、もろに膣天井を直撃することができる。最後に、通常の四つん這いに戻り、ニュートラル・スラストになるようにして、膣奥を突きまくり、イカせる。

(4)立ちバックの場合
 女の上体を台などにつけさせて、腰を折り曲げ、入口を刺激してイカせる。続いて、女の片脚を上げて側面から膣天井を刺激、さらに女の上体を引き寄せて直接、膣天井を刺激してイカせる。最後に、女の両手を床につけさせ、女の腰を持ち上げるようにして、奧を突き、イカせる。

(5)座位の場合
 抱きしめ座位で、浅めに挿入し、入口を刺激してイカせる。続いて、横向きの座位になって膣天井を側面から刺激する。背面座位になり、女の上体を後ろに反らせて、膣天井を突き、イカせる。そこから対面座位に戻り、男が後ろに反り返るようにして、女性上位のようにし、深く結合して、奧を突いてイカせる。

(6)女性上位の場合
 対面で結合し、女性のお尻を持ち上げて浅い挿入にし、入口を刺激してイカせる。次に女を横向きに座らせ、側面から膣天井を刺激する。そこから背面女性上位になり、女の体を反らせて、膣天井を直接刺激して、イカせる。そこからまた横向き女性上位を経て、対面に戻り、女性の上体を抱き寄せて「抱きしめ女性上位」になり、下から膣奥を突き上げて、イカせる。

(7)駅弁の場合
 駅弁をしながら女の体を抱き寄せて、浅めの結合にし、女の体を上下に動かして、入口を刺激し、イカせる。次に、片方の脚を床に降ろさせ、側面から膣天井を刺激する。これを左右やり、イカせる。最後に、女の上体を男の体から離し、V字になるような駅弁にし、深く挿入できるようにする。その上で、男から腰を前後に振って、膣奥でイカせる。

 これ以外にもいろいろなやり方があろうが、ポイントは、女性に男の意図が伝わるようにすることだ。勘の鋭い女性なら、直ぐに分るかも知れないけど、快感に溺れてしまうと、それどころではなくなるかな。
 ひととおりの体位で責めた後、女が最も反応した体位になり、入口から膣天井、そして膣奥と、それまでの総ざらいをするような大きなストロークで、男が射精するまで突き続けるのがいいかな。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(0)
膣内の3つの快感エリアをまんべんなく刺激するスラスト術(1)

 女性の膣内には、大別して膣口、膣天井、そして子宮口と三つの快感エリアがある(詳しくは、「女性の膣内の快感スポット」【膣の構造と快感スポット】を参照のこと)。
 セックスで女性をイカせるには、挿入してただ闇雲に突きまくるのではなく、これらの膣内の快感エリアを効果的に刺激してあげる必要がある。そのためには、男女にとって相性のいい体位を見つける必要もあるし、スラストのやり方も工夫が必要だ。

 ところで、確実に女性をイカせることができるようになると、男の側にも余裕も出てくるので、快感エリアを責める前に、敢て膣内の壁全体をまんべんなく刺激してあげる、なんて「遊び」もできるようになる。深い快感の前のウオーミングアップのようなものかな(これについては「膣内の粘膜の全ての側面を刺激する体位変換(1~3)」【スラストの技術】を参照のこと)。

 その一方で、逆に敢て最初からピンポイントで快感エリアだけを突きまくる、というやり方もある(「無駄な動きのないセックス」【スラストの技術】を参照のこと)。この二つは、ベクトルとしては逆だが、決して矛盾はしていない。時と場合によって使い分ければいいだけのことだ。時間のある時なら、じっくりと回りから攻めてもいい。反対に、時間がなければ、速効で責めてもいい。女のオーガズムとしては、じっくり責められた方が快感も深く重たいと思う。しかし、速効で責められるのも、鋭くて純な快感が連続するので、これはこれで忘れられないものとなる。

 ここでは、この両者の中間的なスラスト術を紹介しよう。それは、膣内の3つの快感エリアをまんべんなく刺激する、というスラスト術だ。膣内のそれ以外の側面は捨てるけど、3つの快感エリアだけは、徹底して責めまくる、というものだ。

 やり方には、二つある。一つは体位変換をしながら、3つの快感エリアを刺激するというもの。この方が初心者には分りやすいかな。もう一つは、一つの体位の中で、姿勢を変えることによって3つの快感エリアを刺激するというもの。こちらは、途中で体位変換による中断が入らないので、連続していろいろな気持ち良さを味あわせて上げることができる。
 さらに、理想をいえば、それぞれの体位で3つの快感エリアを刺激してイカせたあと、次々と体位を変えて同じようにイカせ続けることかな。3つの体位なら、9回、7つの体位なら、21回、イク計算になる。

 先ずは、体位変換をしていくもの。この組み合わせは限りなくあるので、一例をあげるにとどめたい。先ず、膣口を高速ピストンで刺激するには、ニュートラル・スラストがいい。これに向いた体位は、正常位なら女性の両膝を折ってお尻を持ち上げ気味にする、屈曲位がいい。四つん這いバックなら、男の腰の高さを調整すれば、簡単にニュートラル・スラストにできる。

 続いて、膣天井を刺激するには、クロス側位か、四つん這いバックが向いている。後者の中でも、男が中腰になって突き降ろす「膣天井直撃四つん這いバック」が分りやすい。あるいは、この裏技である「つぶれ四つん這いバック」でもいいかな。四つん這いバックから女性の上半身を起こす「跪きバック」や、寝バックでも、膣天井を刺激できる。

 そして最後の子宮口のお腹側だが、これはペニスの長さや膣の深さとも関係してくるので、一概に言えないが、要は一番奥まで突ける体位になればいい。四つん這いバックか、正常位なら屈曲位がいいかな。女性によっては、対面座位や対面女性上位が深く入る、という人もいる。

 始めに書いたように、これらの組み合わせは色々とある。ただし、刺激する順番としては、やはり膣口→膣天井→膣奥がいいかな。例えば、正常位で挿入して膣口でイカせ、次に側位にして膣天井を刺激してイカせ、そこから四つん這いバックにして膣奥でイカせれば、ペニスを抜くことなく、流れるようにそれぞれの快感エリアでイクことができる。お試しあれ。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: