FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

指叩き手コキ

 普通、手コキというと、ローションをつけてやるものだ。いくら我慢汁が出ていようと、それだけでは亀頭や棹全体を濡らすには不十分で、その状態で手で擦ると、気持ちいいよりも痛みが出るからだ。
 ところが、指は使いようで、敢て乾いた状態でやる手コキもある。また、これは男が自分でペニスを勃起させたり、あるいは勃起したペニスの勃起状態を維持したりするのにも応用がきく。もちろん、そのまま射精までもっていくこともできる。これが粘膜への直接的な刺激ではないだけに、なかなか新鮮な快感だ。

 ではどのようにするか。男が自分でする場合を説明しよう。女性がやるには、男の後ろ側に回って同じようにやればいい。
 ペニスを露出させたら、右手を軽く広げて、ペニスを遠巻きに包み込む。この時、人差し指から薬指までの3本を軽くそろえるようにす曲げる。そして小指を思い切り閉じて、開き気味の3本の指と小指の第二関節の裏側との間にペニスの棹を挟むのだ。そうしながら、真っ直ぐ伸ばした親指の腹で亀頭の上側をスルスルと刺激するのだ。

 まったく勃起しておらず、「ふにゃちん」だと、すっぽりと手の平の中に収まってしまうし、3本の指と小指で挟んでニギニギしても、柔らかく動くだけだ。しかしこれを続けていると、少しずつ硬さを増してくる。コツは小指の第二関節の裏側で押さえながら、3本の指の腹でペニスの棹の部分を軽く叩くような感じかな。

 やがて棹に芯が出てきたら、棹に叩きつける3本の指を同時にではなく、一本づつ時間差を置いて叩く。それと叩きながら前後の動きも入れる。また親指の腹による亀頭の上側への刺激も加える。あまり強く擦ると痛いので、軽く先端からカリ首にむかって「サッ」っとなぞるようにする。要は、5本の指を総動員して、複雑な動きを素早くする。目をつむっていたら、どんな動きをされているのか分からないような動きがいい。

 勃起が最大限になったら、叩く指の力を強くしていき、さらに強い刺激を与える。このころには、ペニスの長さも最大になるので、手の指で包み込める範囲は、棹の前半部分となる。この部分こと男の快感スポットが集中しているので、さらに刺激が効果的となる。勃起を維持したいだけなら、指の刺激を調整して快感レベルを上げず、勃起を維持するだけの刺激に留めることもできる。反対に、刺激を強くしていくと、射精までできる。粘膜へのウエットでやさしい刺激とは違う、ハードにペニスを虐められる感じかな。その責めに耐えかねて精液を思いっきり噴射してしまうような感覚もたまにはいい。




    posted at 00:00 | 男の快感を倍増させる女のテク | CM(0)
手コキ VS 手握り

 男の勃起したペニスを女が握っている制止画像をみると、動きがないので、全て手コキしているかのようにみえる。しかし、実際には、「手コキ」 と 「手握り」 は別物だ。「手コキ」 という名称は広く普及しているけど、「ペニスを手で握る」 という行為には名前がない。手コキと区別するためにも、ここで 「手握り」 と命名しておこう。命名という行為は、分類の基本だ。

 両者の最大の差異は、手コキが射精を目的とするのに対し、「手握り」 は射精を目的としない点にある。もちろん、男が極度に興奮していると、動きのない 「手握り」 でも、射精に至ることはある。特にポンピングの要領で、握ったり緩めたりすると、その刺激で射精することはよくある。しかし、これはあくまで結果であって、「手握り」 の目的ではない。

 手コキをされたことのある男は多いが、意識的な 「手握り」 をされたことのある男は少ないのではないだろうか。同じように、手コキしたことのある女は多くても、意識的な 「手握り」 をしてことのある女も少ないだろう。
 男としては、女に 「手握り」 されると、何ともいえないエロさに、思わずドキドキしてしまうし、勃起力も増すというもの。何故かというと、ペニスを欲しがる女の気持ちがストレートに男にも伝わってくるからだ。例えて言えば、指を動かすことなく、膣内に入れてじっとしているようなものかな。

 では、どのような時に 「手握り」 をすればいいか。フニャチン状態で 「手握り」 してもいいが、基本的には、勃起状態で触るのが効果的だ。フニャチン状態だと、「早く硬くしてよ」 と催促されているみたいで、プレッシャーがかかってしまう。
 ベストなタイミングは、抱き合ってキスしていると、男の股間も勃起したペニスで窮屈となる。ここで男が下半身を露出したら、スーっとペニスを握ってくれればいいのだ。痴女っぽく振る舞いたければ、女から男のズボンのチャックを開けてペニスを取り出してもいい。

 握る強さ加減だけど、基本は軽くがいい。強めに握ると、S壌がいじめているような雰囲気となる。握る方向は、男の背後からでも、正面からでもいい。背後からだと、男が自分で握るのと同じ感覚なので、正面から握られた方が新鮮味がある。
 夏の暑いときだと、汗ばんだ女の手に、いやらしさを感じるけど、冬の寒い時に、女の冷たい手で握られるのも、ゾクゾクして悪くない。ずっと同じ力で握るよりは、時おり、思い出したようにギューっと握ったり、ソフトに握ったりと、緩急をつけると、意識がさらにペニスの棹の部分にいく。
 
 互いに裸になったところで、シャワーにイク時とかも、ペニスを 「手握り」 したまま、手綱のように引っ張って、移動するのも面白い。あとは、正常位で男が股間に割って入りながらも、なかなか挿入してこないときなど、ペニスを 「手握り」 して欲しがると、男としても即刻で入れたくなってしまう。

 手コキと 「手握り」 は、ペニスの棹の部分の話だけど、同じことは、金玉にもいえる。S壌が男を責めるテクに、「金玉潰し」 がある。やや強めに金玉を握るのだ。これってイタキモで、定番の責めではある。そうではなく、やさしく金玉及びその袋を握る愛撫もあっていいと思う。名付けて 「金玉握り」 だ。これも金玉潰しとは別物だ。
 「金玉握り」 の場合、二つの金玉を軽く握るのもあれば、玉袋の表面を軽く触れるか触れないかで包み込むというのがある。どちらも気持ちいいが、玉を握る方が、袋の表面への刺激というよりも、よりS的かな。反対に、袋の表面をスリスリされる方がやさしい感じは受ける。

 僕でもあまりされたことはないけど、棹の部分の 「手握り」 と、「金玉握り」 とを同時にされたら、それは気持ちいいものだ。これをキスされながらされたら、もうこのまま射精してしまいたいような気持ちになるものだ。男がそんなそぶりをみせたら、「まだダメよ」 と言わんばかり、「金玉握り」 を止めて、「手握り」 で男をシャワーなり、ベッドに誘えばいい。




    posted at 00:00 | 男の快感を倍増させる女のテク | CM(0)
挿入中に金玉を触ってくる女(2)

 「挿入中に金玉を触ってくる女(1)」 で紹介した女性と、その次に会った時のこと。あの玉握りの感触が忘れられず、また握ってよ、という話になった。前回は女性上位だったけど、他の体位でもできるのか、という話になった。先ずは正常位で結合してすぐに、また握ってもらった。すると、片手なら案外、簡単に手が届くではないか。両手も、上女が半身をかがめれば、握れなくもない。但し、両手で握られると、金玉が引っ張られるし、女の腕も邪魔になって、男の腰の動きがかなり制限されてしまうので、これは今ひとつだ。

 ということで、挿入中の玉握りは、女性上位だけでなく、正常位でも可能とういうことが分かった。その時は試さなかったけど、四つん這いバックでもできそうだ。女のオナニーが可能なのは、女の手が自分の股間に届くからで、同じ理屈で挿入されているペニス下の金玉にも届くというわけだ。

 しかし、一番、握りやすいのは、やはり女性上位だろうね。特に、背面で跨がった場合、金玉は女性のすぐ真下にあるわけだから、両手で自在にいじることができる。男にとっても、スラストの邪魔にならないし、何をされるのか分からないドキドキ感がある。男を責めるなら、これがベストの体位かな。もっとも、対面での女性上位も、女に見下ろされながらなので、これはこれで萌えるけどね。

 それはともかく、正常位のまま、その日は体位変換することなく、射精までもっていった。片手で握ってもらうにしても、男の動きは多少制限されるけど、やはり握られていると、気持ちいい。男への二点責めというか、ペニスが感じている快感 × 玉への刺激による快感で、快感の総量が倍増する気がする。

 男としては、玉を握られると、精液を金玉側から押し出されている感じになる。金玉は精子を製造するところではあるが、実際にはここを押してもすぐに精液が飛び出るわけではないのだが、そんな気がするのだ。つまり、「早く、ありったけの精液を出して!」 と女に言われている気持ちになる。
 逆に、金玉を引っ張られると、射精しそうな勢いが削がれる。男の金玉って、射精しそうおになると棹側にせり上がってくるものだ。そのことを女は知ってか知らずか、セックスの途中で金玉を女に引っ張られると、「まだ射精しちゃ、だめ!」 と言われているようで、興奮するのだ。

 いずれにせよ、棹や亀頭を握られるのは、気持ちいいだけだけど、金玉というのは男の急所なわけで、思い切り強く握られたら、激痛が走る。女を組伏しているはずの途中で、女に急所を握られると、文字通り、女に急所を握られたも同然で、責めていると同時に責められてもいるようで、不思議な感じになるのだ。
 
 その時は、初めての体験だったので、射精のタイミングと握りの強さがうまくシンクロしなかったけど、男がイキそうになったらそう告げて、その瞬間から全部射精するまで、玉を少し強めに 「ギュー」 っ と握ってもらうと、男としては病みつきになるぐらい、気持ちいいかも知れない。さらに慣れてくると、玉を握るのではなく、引っ張られて射精を我慢させられるのもいいかも。

 まあ、挿入中の玉握りは、こうした物理的な快感もさることながら、そんなことまでしてくる女がかわいくもあるし、そしてその淫乱さにドキっとするという、精神的な興奮が加わる。
 もっとも、二回目の時は、僕からお願いしたこともあり、最初の時の意外性はなかった。なので、男から頼まれることなく、ふとした時に、自然に握ってあげるのがベストかな。「また、あれやってほしい」 と思っていると、かわされ、気を緩めた時に、ふと握ってこられると、萌えると思うね。




    posted at 00:00 | 男の快感を倍増させる女のテク | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: