FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

名エッセー集 (3) (自薦ですけど。随時更新)


【男の体・女の体】

「ペニスの快感センサーは鬼頭だけ」
 女の膣が名器であるかないかを計るのは、指でも舌でもない。指をいれていくら気持ちよくたって余り意味はない。舌先だってそれほど深くは入らない。
 そう、当然、ペニス、しかも勃起したペニスを入れて初めて、その膣が名器であるかないかの意味がでてくる。ところがペニスってそんなに敏感な器官だろうか?………………【ペニスの構造と快感スポット】


「ペニスの包皮の役割」
 「ふにゃちんで遊ぶ女の質問集」 でも書いたように、一口に包茎といっても、その指すものは明確ではない。手で引っ張っても皮を向くことができない真性包茎と、手で引っ張るか、勃起すれば皮がむけて亀頭が露出する仮性包茎とがあり、この二つの区別が女性にはつきにくいようだ。………………【勃起について】


「勃起の筋肉」 
 ペニスの勃起という現象は、決してペニスの棹の部分だけで 「ビヨーん」 と立ち上がる訳ではない。「勃起したペニスを支える根」 【勃起のメカニズム】 でも書いたように、正面や真横からみて見える棹には、実は深い 「根」 が生えているのだ。位置的には、ペニスの根元から、お尻の穴にかけての、体の奥の方にある。お尻に近づくほど体の奥側に入り込んでいるので、女性はもちろんのこと、男でもこの根の存在を自覚している男はそう多くはない。………………【勃起のメカニズム】


「勃起して初めて作動するペニスの快感センサー」 
 女性には分からないだろうけど、ペニスの快感って、小さくなっている時と、勃起した時とでは、まるで違う。極端な話、小さくなっている時だと、ペニスのどこを触られても、さほど気持ち良くはない。一番、敏感な亀頭部分ですら、濡れていなければ、擦られても気持ちいいと言うよりは、ちょっとヒリヒリする感じだ。………………【勃起のメカニズム】


「男の生殖器に対する意識の変化」 
 男にとってのオチンチンと金玉って、子供の頃は、とりたてて意識することはない。同年代の者は、皆、同じような大きさだし、皮を被っているしね。ただ、お風呂などで、大人のペニスを見ると、大きくて、皮がむけていて、色も黒っぽくなっていて、 「大人になると、自分のもあんなふうになるのかな」 と漠然と思ったりはした。しかし、それを除けば、男にとって、オチンチンはおしっこする道具の域を出ない。たとえ勃起を経験しても、精通を体験するまでは、勃起することの意味すら理解できない。………………【処女・童貞・初体験】


「割礼ペニス VS ナチュラル・ペニス」
 割礼の習慣というのは、日本にはないので、日本にいて日本人の男とセックスしている限り、割礼したペニスを目にすることも、フェラすることも、膣で受け入れることもない。中には、割礼そのものが何なのか、知らない人も多いぐらいだ。………………【勃起について】


「背中にある 「K スポット」」 
 男の場合もそうだけど、とりわけ女性の背中には、性感帯が集中している。背中を腰の方から、首筋に向かって、温かくてウエットな舌先で舐めあげられたりしたら、ゾクゾクっとくるほどだ。前戯の途中でもいいし、セックスの後のまどろみの時でもいいので、女性がうつぶせに寝たら、是非とも背中を愛撫してあげたいものだ。あるいは、マッサージをしながら、途中から背中を舐めあげていく性感マッサージに移行していってもいい。………………【全身愛撫術】


膣の長さが鬼頭より長い理由 (1) 
 男のペニスの快感センサーは、どんなに長いペニスでも、鬼頭部分だけだと書いた。ところが、女性の膣は、どんな女性でも10数センチはある。しかも、女性の場合、膣の入り口から膣天井、さらには奥と、長い膣のほぼ全てが、快感センサーで埋め尽くされていることになる。この違いは何を意味しているのだろうか?………………【膣の構造と快感スポット】


「Forget about G Spot ! 」
「膣の構造と快感スポット」 のコーナーでも何度か書いているが、女性の膣内の快感スポットには、大きな誤解があるようだ。簡単にいうと、Gスポットが一人歩きしていることだ。ここまでくると、Forget about G Spot ! (Gスポットなんか忘れてしまえ!) と言いたくもなる。………………【江戸艶本の世界】


「膣天井の快感を熟知していた江戸の男たち」
 Forget about G Spot ! のところで触れた、『春画にみる江戸の性戯考』(白倉敬彦 学研)について、もう少し詳しく書いてみよう。前回では、引用している春画の解説文を解釈する際に、膣天井にあたるところを、誤ってGスポットとしてしまっている、と書いた ( まだ読んでいない人は、先にそちらを一読あれ )。………………【江戸艶本の世界】


「ペニスの根っこを刺激する女」
 ペニスが勃起する時って、実は表に見えるペニスの棹の部分だけが勃起するのではなく、体の奥に生えているペニスの根っこの部分から勃起する、と書いた。詳しくは、「勃起したペニスを支える根」 や 「勃起の筋肉」 【勃起のメカニズム】 をご覧ください。
 ところで、「強者」 の女性のなかには、このペニスの根っこの部分を押すと、勃起力が高まるということを、経験的に知っていて、セックスにおいて積極的に活用している女性もいる。………………【勃起のメカニズム】


「抜かれる時に分かるペニスの長さ」 
 不思議なもので、女性は膣の中にペニスを挿入されても、ペニスの長さを正確に感知できないようだ。焦らすようにゆっくりと挿入して、途中でしばらく止めていると、もう全部入ったものと思うらしく、 「全部入れていい?」 と聞くと、 「えっ! まだ全部入ってないの?」 とか聞かれることがある。こんな時は、女性の手をとって結合部分に導き、膣から半分出ているペニスの棹の部分を握らせると 「やだ、ホントだ....」 などと驚いている。………………【膣の中のペニス】


「女の体の構成要素」 
 男からみて、女の肉体って、全体とパーツとで構成されていると思う。女の体を見て、美しいと思うのはあくまで全体だ。 「美は細部に宿る」 という有名な格言があるけど、こと女の体に関しては、美しさはさ全体にある。よく言う、プロポーションというやつがそれだ。全体は一つでしかないが、特に目を引く部位というものがある。例えば、うなじと肩のライン、胸のふくらみ、ウエストのくびれ、お尻の曲面、肉感的な太股、そして長く延びた美脚.....これらは決して、人体のパーツとしてではなく、全体の中にあって、初めてその美しさが浮かび上がる。………………【男を虜にする女の体】




【セックスと男と女】

「花はつぼみと咲いた後」
 花って、満開の時よりも、つぼみの方がワクワクするものだ。花屋さんだって、売っているのはつぼみか、咲きかけの状態だ。桜だって、二分咲き、三分咲きなどというように、咲きかけの状態を細かく描写する繊細さが日本人の美意識にはある。………………【セックスのイメージ】


「初体験の定義の男女差」
 初体験って、男にとっても、女にとっても、人生で一度限りしかないので、ワクワク、ドキドキするものだ。だけど、何をもって 「処女を卒業」 したか、 「童貞を卒業」 したかは、男と女によって、微妙に違うようだ。この違いに、男と女の差異が隠されているような気がする。人生の中で、処女の女性と、あるいは童貞の男とセックスをする、というのはそうたびたびあるわけではないので、この点について深く考える人はあまりいない。………………【処女・童貞・初体験】


「愛のあるセックス・愛のないセックス」
 セックスには、愛し合っている二人の間にかわされる愛情のあるセックスと、セックスだけが目的で会った男女の間にかわされる愛情のないセックスとがある。
 もちろん、同じセックスするなら、互いに愛し合ってする、愛情のあるセックスの方が、いいに決まっている。精神的な満足感もあるし、なにより、終わった後も余韻がある。………………【セックスのコミュニケーション】


「挿入と征服感」 
 男の性欲や、射精欲は、テコキやフェラでも満足させることができる。しかし男には、本能として、挿入欲というものがある。射精もしたいが、それよりも勃起したペニスを、無性に女の膣の中に入れたくなるのだ。自分のペニスを、好きな時に膣に入れさせてくれる女がいるというのは、男にとって嬉しいものだし、オスとしての自信にもつながる。この場合、コンドームをつけてでもいいが、理想を言えば、生で入れさせてくれることだ。コンドームごしと生とでは、快感の度合いだけでなく、関係の深さからいっても、雲泥の差がある。………………【挿入について】


「S とM は表裏一体」
 S とM の定義は人によって違うだろうけど、僕が考えるS とM とは以下のようなものだ。これがさらに発展していくと、さまざまスタイルになってくのだろうけど、基本となる違いは案外、単純なものだと思う。………………【SとM】


「自分がイクセックス・相手をイカせるセックス」
 男にとってのセックスって、二通りある。自分が射精するセックスと、女をイカせるセックスだ。ED か、挿入の途中で 「中折れ」 でもしない限り、男はセックスすると、必ずイクことができる。たとえ、相手の女性がイカなくてもだ。なので、男にとっては、セックスは必ず、肉体的な快感を伴う。………………【オーガズムの本質】


「私のおまんこ、こんなに愛してくれた人はいなかった」
 女のおまんこって、男にとっては、やはり想像を超えた何物かだ。ペニスなら、排尿器から、勃起を経て、生殖器への転換も分りやすいし、手であれ膣の粘膜であれ、亀頭部分を擦られると、気持よくなって射精というオーガズムを簡単に体験できる。そしてまた小さくなって、もとの排尿器に戻る。
【オーガズムのクオリティー】




【セックスの体位】

「ヒトの進化からみる体位の分類」 
 現在、普通に使われている体位の分類って、結構、恣意的で、おおざっぱであり、あまり的確な名称とはいえない。よく使われるのをあげれば、正常位、座位、女性上位 (騎乗位) 、バックとなる。このほかややアクロバット的な体位として、立ちバック、駅弁などがある。もちろん、これ以外にも、江戸時代から伝わる「四八手」 の名称があるが、あまりに文学的すぎて、実用的ではない。 ………………【セックスの体位 (エッセー)】


「抱き合えるヒト」 
 普段、あまり意識しないことだけど、ヒトの鎖骨って、実はセックスする上でも、重要な役割を果たしている。それは、鎖骨による支えのおかげ、両腕が胴体から少し離れるようになり、両腕の可動範囲が広がることによる。上下のほか、内側にも折り曲げることができる。そう、ハグとか、男女が抱きしめ合う行為って、実は鎖骨があって初めて可能なことなのだ。………………【セックスの体位 (エッセー)】




【セックスの快感】

「男の快感」 
 初めて精通した時や、中学~高校生のころは、射精するとどうして気持ちいいのか、何が気持ちいいのかが、よく自分でも分からなかった。とにかく、射精の直前に、キーンとなるような、気持ちよさが全身を支配し、続いて、射精が起こる、という感じだった。だから当初は射精の直前の方が気持ちよく、射精はオーガズムを味わったあとに必然的に訪れる 「結果」 にすぎない、というような感覚があった。それに、当時はまだ精液は、おしっこの穴から出るからか、「汚いもの」 という意識も強かった。できれば精液がでないで、この気持ちよさを味わえたなら、という思いすらあった。………………【男のオーガズム】


「女性が動いて得る快感の限界」 
 女性には、女性上位が苦手というタイプと、自分の気持ちいいように動けるので好き、というタイプに大別される。苦手な女性は、どう動いたらいいか分からないというのが多く、好きな女性は、快感スポットに当たるよう自分で調整できるからいい、というのが多い。前者の場合、女性上位ではイキにくく、後者の場合は、女性上位の方がイキやすいというケースが多い。………………【オーガズムの本質】




【オーガズムについて】

「ゾーン (zone) としてのオーガズム」  
 スポーツ選手が神がかったプレーをした時に、よく 「ゾーンに入っていた」 というような言い方をする。ゾーンに入ると、サッカー選手であれ、野球選手であれ、まるで時間がスローモーションのようにゆっくりと流れ、ボールが止って見えた、という。これって、極度に神経が集中した時に起る現象だけど、実は、交通事故など身体に危機的な情況が起った瞬間にも、瞬時にして人はゾーンに入ることがあるようだ。・・・・・・・・・・・【オーガズムの本質】


「女性の方がセックスの余韻を感じる理由」 
 激しいセックスをして何度もイカされた後って、女性は膣内に残された大きくて硬いペニスの感触や、子宮の入り口あたりから発せられる 「重たい痛み」 を感じ、激しかったセックスを思いだす。そしてそれだけで、触れもしないのに濡れてしまい、またセックスをしたくなる。時にはその感覚が数日間も続くことがある。………………【女のオーガズム】


「女の感度はセックスを繰り返すことによって上昇」
 セックスをするのは基本的に男と女だけど、つくづく男と女の間には、大きな溝というか、違いがあるように思う。例えば、オーガズムの感度もその一つだ。
 男のオーガズムは、射精によってもたらされるので、手コキであろうと、フェラであろうと、膣内であろうと、全ての男が体験できる。もちろん、体調や情況によって感度は違ってくるが、オーガズムに至るという点では共通している。しかも、男の射精って、セックスを経験する前でも、夢精というかたちで、教えられて学習しなくたって、自然と訪れるものだ。………………【女のオーガズム】

「快感は 「時間×興奮」」
 男にとっても女にとっても、快感って、時間と興奮のかけ算だと思う。オーガズムを得るためには、一定の時間は不可欠だ。セックスを始めて、いきなり30秒でイキなさい、と言われても無理な話だ。その一方で、だらだらと3時間かければイクことができるかというと、そうでもない。………………【オーガズムの本質】


「時間をかけることが最高の贅沢」 
 オーガズムは 「時間×興奮」 であると書いた。どうやって興奮を高めるかには、いろいろな方法があり、これはこれで経験や工夫が必要だ。しかも、相手の相性や、その日の体調やノリもある。もう一つの時間をかけることは、それほど難しことではない。ひたすら時間をかけるのだ。例えば、キスだけでもたっぷりと、唇の感覚が薄くなってくるぐらいまでし続ける。足の指舐めも、左右合せてたっぷりとしてあげる。………………【オーガズムのクオリティー】


「オーガズムは肉体の感動」 
 感動というと、普通は精神的なものを思い浮かべる。精神的にリラックスしつつ、これに適度の興奮が加わったとき、人の心は感動する。だから、感動って、心地よさの延長線上にあるものだ。緊張しすぎていては、感動することはできない。しかし、リラックスしすぎても、感動することはできない。この二つが微妙にバランスをとりながら、人を感動へと導く。………………【オーガズムの本質】


「オーガズムとは随意から不随意への転換」
 人間の体の動きって、自らの意思で動かすことのできる、随意なものと、自律神経によって自動的に動いている、不随意なものとがある。
 心臓や胃腸の動きは、自律神経によって自動的に動いているもので、自分の意思で動かしているのではない。だからこそ、寝ていている間も、体内を血液が流れ、消化活動をしているのだ。但し、呼吸だけは、自律神経で動いているものの、自分の意思でコントロールしようと思えばすることができる。深呼吸がこれにあたる。………………【オーガズムの本質】


「女のオーガズムは一つの小宇宙」
 男のオーガズムって、単純明快だ。性的に興奮してくるとペニスが勃起し、これを手や口や膣の粘膜などによって刺激されると、射精に至る。まあ、その日の体調とか、精液の溜り具合、情況などによって、オーガズムのレベルには多少のばらつきがあるが、男であれば、ほぼ一定の快感レベルを感じるものだ。他の男が感じている快感と自分の快感に差があるとは、男は誰も思っていない。………………【オーガスムの本質】 


(以下続く)



    posted at 12:00 | 名エッセー集 | CM(0)
名エッセー集(4)(自薦ですけど。随時更新)



【男の体・女の体】

男性器と女性器の対応関係

 発生学的にいうと、男のペニスは女のクリトリスに、男の玉袋は女の大陰唇に相当する、と書いた。このことをもう少し、詳しくみてみたい。男と女の外生殖器は、見た目にはまったく違うが、発生学的には、同一のセットから分化していく。排子期に、生殖器のもととなるウォルフ管とミュラー管という二つの管が形成される。その後、成長するに従って、ウォルフ管から男性の生殖器が形成され、ミュラー管から女性の生殖器が形成される。この過程で、もう片方は退化し、消失してしまうか、痕跡器官を残すのみとなる。 ………………………………【女性器の大研究】


セックスを盛り上げるのはペニスの大きさだけでなく硬さ
 初体験を僕の大きなペニスで体験し、その後も数年間、僕の大きなペニスで激しく突かれ続け、膣の凄まじい快感をしってしまった女性読者のH さん。その後、何人かの男とセックスを経験したけど、僕のペニスの大きさや硬さ、持続力、テクニックが基準値となってしまったため、皆小さくて、物足りなかったという。いや、いいことをしてあげたのか、罪作りなことをしてしまったのか。 ………………………………【大きなペニス】


興奮すると逆立つ陰毛
 女性はご存じだろうか。陰毛って、興奮すると逆立つことを。はじめは単に静電気の関係だとうと思っていたけど、どうやら性的に興奮してくると、逆立つみたい。詳しいメカニズムはよく分からないけどね。男の陰毛の場合は、自分でもあまり注意して観察したことがないので、なんとも言えないが、女性ほど目立って逆立つことはないように思える。………………………………【男を虜にする女の体】


膣奥の快感スポットは、子宮ではなく、その上側の奥の壁
 ほかのエッセイでも書いているけど、女性の膣内の快感スポットに、 「膣の奥」 というのがある。女性がよく言う 「奥に当たる」 というやつだ。女性の中にはこれを 「子宮に当たる」 というように表現する人もいる。この 「子宮に当たる」 という表現が、どうも誤解を招いているようだ。………………………………【膣の構造と快感スポット】


女の膣が濡れるのは男の勃起に相当
 男にとっての性的な興奮は、一目瞭然だ。それはペニスの勃起という目に見える現象として現れるからだ。軽い興奮なら半立ち、完全勃起状態となると、即挿入可能だし、射精するまで後戻りは難しい。さらにもの凄く興奮していたら、自分でも痛いぐらいにカチカチに勃起する。この勃起の度合いが興奮のバロメーターとなっているというのは、相手をする女も分っている。カチカチに勃起していると、私とのセックスの期待で、こんなに興奮してくれているんだ、と嬉しくなる。 ………………………………【膣が濡れる】


子宮が目覚める感覚
 膣奥の快感スポットである 「子宮口の上側の奥の壁」 を大きなペニスで押される感覚って、やはり女性には特別なものらしい。これって、奥まで届くペニスを入れられて、そのポイントを押されない限り、決して味わうことのできない快感だからだ。それだけに、初めてこのポイントを長いペニスの硬い亀頭で刺激された女性は、「アッ...奥まで当たる...」 と素直に驚きのコメントを漏らす。 ………………………………【膣の構造と快感スポット】


女が 「入れてみたい」 と思うのは、ペニスの大きさよりも硬さ
 勃起したペニスに対する女の関心って、実は男が考える以上に複雑だ。男としては、大きければ、興味をもってくれるだとう、と思いがちだ。しかし、女は違う。あまりに大きすぎると、興味よりも 「痛そう」 「入るかな」 「なんかガバガバにされそう」 とか思ってしまう。特に、あまりに長いのはそうだ。 ………………………………【男の名器】


おっぱいを両手で押さえられる安心感
 男にはちょっと分かりづらい感覚だけど、女って、おっぱいを男の両手でやさしく包み込まれると、何とも言えない安心感があるようだ。強すぎてもいけない。また、グニグニと揉む必要もない。ただ、やさしく、ちょっと圧力をかけて押さえ込む感じだ。 ………………………………【バスト愛撫術】


女が覚えるペニスの基準値
 女は体のどこで、男のペニスの大きさ、長さ、太さ、硬さなどを計り、記憶するのか?最初は、目で見るので、目でその大きさを計り、記憶する。何本もの勃起したペニスを見た経験があれば、過去のデータと比較しながら、小さいとか大きいとかを判断する。次ぎに判断するのは、手だ。握った時の感触も重要なセンサーとなる。例えば、暗がりなどで見ることだできなくても、勃起したペニスを握っただけで、その大きさが分るものだ。 ………………………………【膣の中のペニス】


ペニス内側と外側両面の快感
 男のオーガズム時の快感は、ペニス内の尿道を精液が通過することによって作り出される。射精をともなわない 「ドライ・オーガズム」 に対して、まさに 「ウエット・オーガズム」 と呼ばれるように、これはペニスの内側を、濡れた液体が通過する感覚だ。実際、精液は液体だし、射精後の亀頭あたりには、精液がこびりついているので、文字通り、ペニスの内側から体を濡らしていく感覚だ。 ………………………………【ペニスの構造と快感スポット】


勃起時間比率
 勃起にまつわる基準というか、測定方法って、複数ある。「勃起力」 というのは、総合的な力だが、その下位には、勃起の硬さ、勃起のスピード、勃起の時間、射精後の回復力などいろいろとある。これらには、個人差が大きいけど、概して、年齢が若いほど、勃起力は高いといえる。 ………………………………【勃起について】


指とは違うペニスの味
 膣の中の快感ポイントをピンポイントで的確にとらえるならば、ペニスは指にはとうてい、かなわない。指には関節があり、自在に動かせるほか、太さも指を加えることによって調整できるからだ。潮を意図的に噴かせたいのであれば、指の方が確実だろう。しかし、あらゆる面でペニスよりも指の方が勝っているとしたら、悲しい。だって、ペニスが必要なくなってしまうからだ。 ………………………………【膣の中のペニス】


子宮に直結する乳首の刺激
 乳首の感度でいうと、男と比べて女の方が断然に強いようだ。もちろん、男の中にも、乳首がものすごく感じるというのがいるけど、それでも女の感度に比べたら、落ちると思うね。なので、男にとっては、女の乳首がどのように感じ、どのような時に、どのように愛撫すればいいのか、今ひとつ分かりにくいものだ。 ………………………………【バスト愛撫術】



【オーガズムについて】

中イキのための「 FP メソッド 」

 女性がセックスで中イキのためには、体調とか、興奮状態などの要因にくわえ、相手の男性との相性やテクニックの問題などもあって、決して単純なものではない。それでも、女性の側でできる、肉体的な動きというものは存在する。これまでのさまざまな経験から、編み出した、そのための方法を紹介したい。名付けて、「FPメソッド」、さて、効果のほどはどうかな? ………………………………【中イキのための FP メソッド】


オーガズムと肛門の弛緩
 女性の膣オーガズムと膣の弛緩について、今度は別な角度からみてみたい。深い膣オーガズムに達すると、女性のお尻の穴って、ヒクヒクと開いたり閉じたりという動きをすることが知られている。これは一対一のセックスでは、なかなか目にすることはできないので、あまり知らない男も多い。ましてや女性は意識することがない。 ………………………………【中イキのための FP メソッド】


ストロークに合せてお腹に力を入れたり抜く
 激しいスラストや、超高速ピストンだと、あまりの快感に力が入りっぱなしとなるけど、スロース・トロークだと、入れられた時に、女性の側で能動的な動きが可能となる。そこでお勧めなのが、スラストに合せて、中イキのためのFPメソッドを試してみることだ。 ………………………………【中イキのための FP メソッド】


我慢したおしっこを一気に出す感じ
 膣オーガズムを迎えるためにはは、膣口やお尻の穴を締め付けるのではなく、逆に弛緩させることが大切だ、と書いた。これを別な表現でいうと、お腹に力を入れる、ということだ。しかし、「お腹に力をいれる」というのが、今ひとつ、どこにどう力をいれるのか、分からない、という女性も多い。そこで、ここでは、おしっことの関係から、改めてこのことを説明してみたい。 ………………………………【中イキのための FP メソッド】


中イキに連動する子宮の動き
 中イキのためには、膣口を締め付けるのではなく、お腹に力を入れた方がいい、と書いてきた。残ったおしっこを全て押し出すような感じで、下腹部に力を入れる。そうすると、膣全体が外側に押し出されるかのように動く。で力を緩めると、膣全体が内側に戻ろうとし、その時に膣全体が軽く締まる。 ………………………………【中イキのための FP メソッド】


自律神経とオーガズム (1) 
 僕は医者ではないので、以下の話は、あくまで素人の体験から考えたこと、と理解したうえで読んで欲しい。 「セックスと興奮 」 や 「セックスと熱」 のコーナーで書いているように、男も女もオーガズムを得るには、肉体的、精神的に興奮した状態になっていなければ難しい。まあ、これは大方の男女が経験的に知っていることだと思う。 ………………………………【オーガズムの本質】


自律神経とオーガズム (2)
 男女とも、オーガズムを得るには、興奮した状態になる必要があり、それは交感神経が副交感神経に対して優位な状態になっていることを意味する、と書いた。ところがだ、オーガズムって、必ずしも交感神経が副交感神経に対して優位な状態になっている状態で起るとは限らないのではないか、と思うようになった。 ………………………………【オーガズムの本質】


自律神経とオーガズム (3)
 副交感神経が優位な状態で迎えるオーガズムって、考えてみれば、男にもある。それは、少年のころに体験した、あの夢精がそうだ。寝ている状態なので、息もゆっくりだし、完全にリラックスしている。その状態で、突然、全身を襲う快感のインパクトは凄いものがある。特に、尿道を熱い精液が通過した瞬間、そのウエットな快感に、どんなに眠たくても目が覚めるほどだ。自分の意思とは全く無関係に、突然に訪れる快感の波。 ………………………………【オーガズムの本質】



【挿入とスラスト】

濡れ具合ではなく、体温が高まった時が入れ時

 男が挿入のタイミングを計るときって、女性のおまんこの濡れ具合で判断することが多い。これ自体は、それほど間違ってはいない。まだ十分に濡れてもいないのに、無理矢理挿入しても痛がるだけだからだ。しかし、この濡れ具合を基準にしていると、もっと濡れてから、と往々にしてベストなタイミングを逃してしまうことがあるようだ。この場合のベストなタイミングとは、確実に中イキするためのタイミングだ。 ………………………………【挿入について】


男が挿入モードに入る時
 男には、射精モードがあるように、挿入モードというのがある。どういうのかというと、男が挿入を決意した瞬間に、このスイッチが入り、それは挿入が完了するまで持続する。たとえ、いつもセックスしている仲で、挿入するのが分かっていても、すぐに挿入モードになるわけではない。ペニスを痛いぐらいに勃起させていたとしてもだ。挿入以外に、手コキやフェラという選択枝も残っているからだ。 ………………………………【挿入について】


一気に根本まで入れられると
 挿入に関しては、男と女では感じ方が時として大きく違ってくる。これは、通常、男が挿入する側であり、女が挿入される側である、という違いからきているようだ。ここで、男が主導権を握っている、正常位なり、四つん這いバックでの挿入について、男女の感じ方の違いを考えてみたい。………………………………【挿入について】


ピストン運動の短所長所
 男としては、セックスの度に突いては引いて、また突いては引いてというピストン運動を繰り返しながら、「なんか、これって効率がいいのか、悪いのか?」 と思ってしまうことがある。あまりにも単純な動き、永遠に繰り返される動き。そう、人が今のような生殖方法になってから、何万年もの間、繰り返されてきた、動き。そしてこれからも繰り返されるであろう、動き。………………………………【スラストの技術】


ストロークには長さをいかせ!
 【オーガズムの本質】 のところで、「快感は時間×興奮」 と書いた。同じようなことを、スラストの際のストロークでいうなら、快感=(スラストを続ける) 時間 ×( ピストン運動の)スピード、となろう。ところがスラストの場合、実はこれに、「ペニスの長さ」 という、第三の要素が加わる。特に、膣の入り口を刺激するような高速ピストン運動をするなら、このストロークの長さが重要となってくる。………………………………【スラストの技術】


長い前戯は女性の興奮を冷めさせるだけ
 巷にあふれるセックスのマニュアルに従えば、挿入する前に、十分にキスやおっぱいを舐めたり、クンニをしてあげなければならないことになっている。中には焦らすつもりなのか、潮を噴かせるつもりなのか、指入れまでする男もいる。女性の方も、いきなり入れられると、「ガツガツしているみたいで、セックスも下手そう」 とか、あげくの果てには、「前戯もしない、手抜きのセックス」 などと、批判してくる。………………………………【挿入について】


ズンズン突くことによってしか生まれない、快感の波
 膣にペニスを挿入されて得られるオーガズムの特徴の一つに、快感の波がある。女性によるオーガズムの時の描写に、快感が波のように押し寄せてきて、段々に大きなうねりとなり、最後に大波に飲み込まれて、体が粉々に砕け散る、なんていうのがある。………………………………【オーガズムのクオリティー】




【セックスと男と女】

女の影

 男が女を抱いていて、その女の過去の 「男の影」 を感じることがあるように、女だって、セックスしていて男に 「女の影」 を感じることがあるようだ。
 もちろん、それを感じるためには、女にもある程度のセックスの経験がないといけないので、これもお互い様だけどね。処女の子だと、緊張しているし、全てが初めての体験なので、うまい、へたは分かっても、 「女の影」 までは分からないものだ。………………………………【セックスと男と女】


男の影
 知り合った女性と初めてセックスする時って、やはり緊張もするし、無意識のうちに感情や肉体のセンサーもいつも以上に敏感になるようだ。こちらのアクションに相手がどう反応するか、ということにも自然と意識がいってしまう。そのせいか、女を抱いていて、ふと、その女が今まで抱かれたであろう、男の影がチラチラとすることがある。……………………………【セックスと男と女】


女の股間は温め、男の股間は冷やせ
 興奮すると、脈拍が上がり、男も女も、体温が上昇する。本当に興奮した女の体って、抱きしめても 「熱があるんじゃないか」 と思うぐらいに熱くなる。当然、挿入すると膣の中も火傷しそうになるぐらい、熱い。同じ事は、男にもいえて、興奮してカチカチに勃起したペニスって、熱くなっている。それは膣で受け入れても分る。そして極めつけは、射精される精液も、興奮しているとものすごく熱く感じる。………………………………【セックスと熱】


おいしい料理とセックス
 おいしい料理を食べると、なぜか心が豊かになり、幸せな気分になるものだ。また料理がおいしいと、会話も自然と弾む。さらには、生きていてよかった、とすら思えるほどだ。逆に料理がまずいと、心も貧しくなり、会話もとぎれがちだ。生物としてのヒトにとって、おいしい料理を口にするというのは、単に生命を維持する以上の、なにか不思議な力を肉体と精神に与えてくれるようだ。それはまた明日への活力となる。………………………………【セックスのコミュニケーション】


クオリティー・オブ・セックス
 クオリティー・オブ・ライフ (略してQOL) という言葉がある。精神目、物質面の両方からみた、「生活の質」 という意味で、もちろん、高いQOLをどう得るか、そしてそれをどう維持するか、が問題となる。最近は、これにちなんで、クオリティー・オブ・ラブなんて言葉も使われている。そこで考えたのが、クオリティー・オブ・セックス、略して QOS だ。………………………………【オーガズムのクオリティー】


    posted at 00:00 | 名エッセー集 | CM(0)
名エッセー集(5) (自薦ですけど。随時更新)



【男の体・女の体】

膣の不思議
 
 童貞の男にとって、初めてセックスしてみると、イメージしていた膣とはいろいろな点で想定外なことがある。もちろん、今時、ネットなどで女性器そのものは見慣れてはいるけど、実際に入れる体験ができるのは、セックスしかない。初めてのセックスで感じた違和感は、慣れてくるとそのうちに気にしなくなるが、今でもときおり、なんで膣って、こうなっているんだろう、とふと不思議に思うことがある。………………………………【膣の中のペニス】


射精後にくすぐったいのは、亀頭部分だけ 
 手コキで男を射精させた経験のある女性なら、分かると思うけど、射精した後のペニスって、急速に快感が消え、それでも擦り続けられると、くすぐったくて堪らなくなる。思わず 「うっうっ…ちょっと…タンマ.…ちょっと…止めて…あっ…」 と叫び声をあげ、体をよじるほどだ。………………………………【勃起のモード】


股間のくぼみ 
 M字開脚の姿勢でも、四つん這いバックの姿勢でも観察できることだけど、女性の股間って、いくつかの 「くぼみ」 がある。ちょうど、ほっぺたの 「えくぼ」 や、左右のおしりにある 「くぼみ」 のように、張りつめている美しい曲面に、ちょっとした 「へこみ」 があるのだ。………………………………【男を虜にする女の体】


勃起とは、排尿器から生殖器への転換
 小さく縮こまっているペニスって、男からみても、情けないほどに存在感もなく、ただ股間からぶら下がっているだけだ。邪魔といえば邪魔だけど、慣れているので、それほど気にもならない。おそらく、女にとっても、こんなペニスを見たら、カワイイとは思っても、決して欲情することはない。………………………………【 勃起について】


女が硬いペニスを好む理由
 男の名器は、形状もさることながら、硬さも大事だと書いた。女性のペニス談義を聞いていると、やはり硬さへのコメントが多い。これって、男にも参考になる。女性の膣は、入ってくるペニスの形状や熱だけでなく、硬さもちゃんと感じ取っている。大きなペニスが入ってくる時の圧迫感も、実は硬くないと感じることが出来ない。大きなマシュマロを入れられても、圧迫感を感じないのは当然だろう。………………………………【男の名器】



【オーラル・セックス】

アナル舐めは長時間続けること
 世の中には、クンニをする男としない男がいる。さらに、クンニはするけど、アナルはちょっと、という男もいる。膣と肛門の距離は、わずか数センチなんだけど、そこには超えがたい壁があるようだ。これは女性にも言えて、クンニされるのは好きだけど、アナルはちょっと、という女性も多い。僕に言わせれば、これも 「食わず嫌い」 で、一度、アナル舐めの快感を知ってしまったら、クンニ以上に好きになると思うけどね。………………………………【アナリングス】


つぼみを開かせるクンニ
 クンニ前からセックスへの期待で興奮していて、パンティーを脱がすと、割れ目もべっとりと濡れ、小陰唇もクリもすでに勃起しているおまんこって、男には興奮するものだ。露わになった割れ目から、透明な愛液がこぼれ落ちそうになっていたら、思わず股間に吸い付いて、愛液を啜り飲み、そのままクンニへとあいなるものだ。こんなおいしいおまんこを、シャワーで洗い流してしまうなんて、もったいない話だ。………………………………【クンニのエッセー(クンニする男)】



【セックスと男と女】


セックスした相手の数は何人まで数える? 
 童貞や処女を卒業し、セックスという大人の世界に入り込むようになると、最初は一対一の純愛であっても、やがて別れが来たりして、他の相手とのセックスを体験することになる。すると、相手によってセックスの快感や印象がまるで違ってくる、ということに気がつく。女からみたら、ペニスの相性や愛撫の仕方、はては腰の振り方まで、男からみたら、膣内の感触からよがり声、はてはイキかたまで、十人十色であるということに気がつく。………………………………【セックスと男と女】


セックスの経験と男女の変化の差

 男女の性器の生理的な違いからくると思われるけど、セックスの経験を積むことによって、男と女とでは、セックスライフおける変化の方向が違うような気がする。
 男の場合、精子をつくる金玉や、その精子を膣内に注入する器官であるペニスは、体の外に全て出ている。ゲイでもないかぎり、お尻の穴の快感を知り、それを日常的に使うことは、普通の男にはない。……………………………【セックスと男と女】



【セックスのイメージ】

雨のなかの全裸  
 いわゆる 「露出狂」 というのは、人前で恥部を露出するか全裸になること、あるいは、もしかしたら人に見られるかもしれないという情況で、恥部を露出するか全裸になることに、性的な快感を覚える人をいう。しかし、こうした 「露出狂」 とは別に、人間には裸になりたい、という願望があると思う。………………………………【露出と覗き】


春画の 「正しい」 見方
 東京の永青文庫で開かれている春画展に行ってみた。2年前にロンドンの大英博物館で開催された春画展を、日本でも開催しようとしたけど、いろいろと交渉しても会場の提供を受けられず、最後は、永青文庫の理事長である細川護煕元首相の一声で開催にこぎ着けることができたという。春画の部分的な展示はあっても、今回のような本格的な展示会は日本でも初めてのことだという。………………………………【江戸艶本の世界】


女がして欲しい着衣性交
 何度かセックスを繰り返していると、意図せずして着衣性交となることがある。着衣性交とは、文字通り、互いに全裸にならず、下半身だけを露出して性器を結合するセックスのことだ。………………………………【着衣性交】


前戯よりも挿入後の焦らしを好む女性
 焦らしというと、たっぷりと時間をかけた前戯をイメージしがちだ。しかし女性が望む焦らしのパターンはそれだけではない。中には、前戯があまり好きではない、という女性もいる。前戯が好きではないという女性は、どちらかというと、フェラやクンニもあまり好きではない。従って、シックスナインも好きではない。………………………………【焦らしの効果】



【セックスの快感】

「大きなペニスの感覚は格別」 大きなペニスを持っている男は、自分のペニスが平均値より大きいというのは自覚している。そして、それが女にとって、見た目にも、膣内に入れた時も、いい影響を与えているというのも自覚している。大きなペニスだと、挿入しようとした瞬間、入り口のきつさは、男でも分かる。これを裏返した 「膣口を押し広げて入ろうとしている」 という感覚を、女も味わっているというのは想像できる。………………………………【大きなペニス】


浮遊感覚が気持いい理由
 がっちりと全身を抱きしめられ、逃げられない状態で大きなペニスをガンガン突かれる、というのも、Mっけのある女には、たまらないシチュエーションだ。これは射精する男の側にもいえることだ。そうした状況の対極にあるのが、浮遊感覚だ。イキそうになると、女は無意識のうちになにかに捕まりたくなる。ところがそれがないと、限りなく体と精神が不安定となり、落ち着かない感覚となる。………………………………【オーガズムのクオリティー】


膣の中の 「異物感」 から 「一体感」 へ 
 膣にバイブなり、ペニスを入れる行為って、女性にとっては、基本的に体内に 「異物」 が侵入してくる感覚のようだ。オナニーで、レコーダーとか、魚肉ソーセージとか、擬似ペニスを挿入したり、さらにはバイブを挿入した場合も、この 「異物」 感は消えない。………………………………【膣の中のペニス】



【オーガズムについて】

おしっことお尻の穴の関係
 普段、あまり意識することはないと思うけど、女性がおしっこしている時って、実はお尻の穴も開いている。実際、うんちをしている時、同時におしっこもしてしまう女性も多い。男の場合でも、実は、ペニスの先からおしっこを出す時って、お尻の穴も開き気味になっているけど、まず意識しない。というのも女性と違って、別段、下腹部に力をいれなくても、脳の中で「おしっこを出す」 という指令をするだけで、勝手に流れ出るからだ。………………………………【中イキのための FP メソッド】


たかがオーガズム、されどオーガズム

 男であれば、教えられなくても、女がいなくても、ペニスは勃起をするし、それを擦っていると、射精をするし、誰でも性の快感を味わうことができる。しかし、女の場合、必ずしも男のようにはいかない。もちろん、中には少女時代に、クリトリスの快感を覚え、オナニーでイケるようになり、セックスをするようになってもすぐにオーガズムを味わえる女性もいる。………………………………【女のオーガズム】


男に強引に与えられるオーガズム
 オナニーをまったくしないわけではなく、それなりに 「気持ちいい」 という感覚は分かる。だけど、なぜかイクことができない、という女性は多い。そういう女性は、セックスしても気持ちいい、というのはあるけど、どうしてもイクことができない、という悩みを抱えていることが多い。………………………………【オーガズムをコントロールする女】


何度もイッて敏感になった女の体
 男の体って、何度も射精を繰り返すと、それだけ疲れが溜まっていき、最後は勃起もしなくなってぐったりとなってしまう。快感が増すと言うよりは、ペニスにある種の痛みすら覚える。ところが、女の体はそうではない。もちろん、経験や、体質、体調にもよるけど、女の体って、一度イクと、より敏感になるものだ。クリトリスや乳首がそのいい例で、イッた直後に触れると、ピクンとなる。………………………………【女の連続オーガズム】


大きなペニスが女性をイカせやすい訳
 大きなペニスは、明らかに女性を膣オーガズムに導きやすいと思う。これは自分自身の体験のほか、多くの女性が語るところだ。この理由としては、大きい方が、膣口も押し広げるし、膣内の快感スポットである「膣天井」も突きやすいし、さらに長くて硬ければ、膣奥の壁(正確には子宮口の上側の壁)を突くこともできる、と考えられる。………………………………【大きなペニス】


女の快感レベルは「温度計方式」
 今まで、女性の腰が抜けてしまうような連続オーガズムを何度か味あわせてあげた経験からいうと、女性がオーガズムに達するには、短い時間で十分だ、ということだ。言い換えると、長い時間をかければそれだけ深いオーガズムに達するというように、快感と時間は比例していない、ということだ。たっぷりと全身を愛撫するとか、クンニをするというのは、時間のある時にはいいけど、だからといって、連続オーガズムに到るとは限らない。………………………………【女の連続オーガズム】


上質なオーガズム 
 女性をセックスでオーガズムに導くことができるようになったら、上級者のテクニックとしては、次に、オーガズムの質を高めたいものだ。女性は、セックスして、「ただイケばいい」というものでもないのだ。「男の射精前に、なんとかイクにはイッたけど...」では、セックスを終えても、物足りなさが残るものだ。………………………………【オーガズムのクオリティー】


セックスの後味
 おいしい料理をおいしく食べたあとって、後味がいいものだ。もうその後には、何も口にしたいとは思わない。逆に、料理があまりおいしくなかったり、せっかくのおいしい料理もサービスの悪さなどでおいしくいただけないと、後味が悪くなる。………………………………【オーガズムのクオリティー】


お腹に力を入れて客を欺いた遊女のテク
 
 江戸時代の性愛技術に関しては、『江戸の性愛術』(渡辺信一郎著、新潮選書) が詳しくて、参考になる。この中で、FPメソッドと関連のあるテクニックがあるので、紹介したい。それは遊女に対して、「まら巧者」(セックスに長けた男の客) に、どう対処したらいいか、を教えている部分に、関連するテクが書かれている。………………………………【江戸艶本の世界】



【女のよがり声】


声を出せないセックス
 男にとって、最初から最後まで無言でセックスすることは、それほど難しいことではない。射精の瞬間だけ、思わず 「ウッ」 っと声が漏れるぐらいで、あとはなんとか息を殺すことができる。しかし、女の場合は違う。膣という体の真ん中にあるメスとしてのウイーク・ポイントに、大きなペニスを挿入され、激しく腰を振られと、全く声を出さない、というのはかなり難しい。………………………………【女のよがり声】


クンニの時のよがり声こそ本物
 「女のよがり声が出る理由」で、女が出すよがり声には、生理的に二種類ある、と書いた。即ち、女のよがり声には、性的な興奮が高まり、脈拍や血圧の上昇によって呼吸が乱れてくることから出るものと、男のスラストにあわせて圧迫された肺から吐息として出されるものとがある。………………………………【女のよがり声】


女のよがり声が出る理由
 女のよがり声って、男には色っぽい限りだけど、なぜセックスの最中によがり声が出るのかについては、様々な理由があるようだ。「え? 女のよがり声って、気持ちいい時に出るんじゃないの?」と思っている男には意外に聞こえるかも知れない。しかし、実際には、女のよがり声には個人差が大きいし、よがり声だ出る理由にもいろいろとあるのだ。………………………………【女のよがり声】


女のよがり声が一段と高くなる3つの刺激
 女性の中には、恥ずかしいのか、気持よくても、あまりよがり声を上げないタイプの女性がいる。概して、普段の会話でも、声の小さい女性は、よがり声も控えめだ。但し、こういう女性は決して、感度が鈍いわけではない。むしろ、感じすぎて、声を出す余裕もない、ということでもある。………………………………【女のよがり声】


イク直前の絶叫
 よがり声というのは、挿入され、スラストされている時の声だが、特にオーガズムが近づいてくると、一段と高い声になる。その変化は男にも簡単にわかるもので、女から「イク」と言葉でイキそうなことを告げられなくても、女のオーガズムが近い事が分かる。なかには、オーガズム直前になっても、よがり声にほとんど変化のない女性もいるし、ごく僅かだけど、黙ってイク女性もいる。………………………………【女のよがり声】




【男の性欲 女の性欲】
 
出産で変わる生理のリズムと体のうずき 
 よく、女性は生理前になると、体が疼く、セックスしたくなる、ということを言う。これはこれで間違ってはいない。だけど、出産を経験した女性に言わせれば、これは出産前の若い女性には当てはまるけど、出産を経験したら、確実に女の体は変わっていくという。生理の周期と性欲も、出産を機にはっきりと変化するという。………………………………【男の性欲・女の性欲】


体の内側に向かう女の性欲
 ペニス、しかもその亀頭部分に快感センサーが集中している男と違って、女の体って、性的な快感を感じる部位が明らかに男よりも多いように思う。上半身ではおっぱいや乳首、下半身ではクリトリスと膣 (膣内も入り口、膣天井、子宮口と3個所もある) という快感センサーが集中している部位がある。まあ、男でも乳首に快感を覚えるタイプはいるけど、射精するほどの快感ではない。……………………………【男の性欲・女の性欲】




【スラストについて】


体幹を駆使したスラスト
 スポーツにしても武道にしても、これを極めていくと、体幹の動きが基本であることが分かってくる。ここでいう体幹とは、手脚ではなく、胴体部分ということだ。これらの動きをよくするには、体幹の筋肉を鍛える必要がある。といっても、単なる腹筋、背筋、大胸筋などといった目に見える筋肉だけではなく、その内側にあるインナーマッスルをも含む。従って、最近のトレーニングは、このインナーマッスルを鍛えることが流行となっている。……………………………【スラストの技術】


スラストの仕上げはお尻の筋肉
 挿入してからのスラストで男が使う筋肉は、基本的に腹筋と背筋だ。押し込む時に腹筋を使い、引き抜く時に背筋を使う。もっとも、厳密には、腹筋といっても、表面筋だけでなく、インナー・マッスルも駆使しているんだろうけどね。これは、大きなストライドのゆっくりとしたスラストや、超高速ピストンをしてみると、よく分る。 なので、激しいスラストをするには、腹筋や背筋の瞬発力を鍛える必要があるし、長時間のスラストに耐えるためには、持久力も鍛える必要がある。………………【スラストの技術】

(以下続く)


    posted at 00:00 | 名エッセー集 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: