FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

セックスがうまい男の割合

 今までお相手をしてきた女性の中には、生まれて初めてクンニでイッタとか、生まれて初めてセックスで中イキできた、という女性も多かった。
 僕の射精が終わったあとで、ベッドに横たわりながら、それまでの男とのセックスについていろいろと話を聞くことが多い。

 そうした話の中で、僕よりも大きなペニスの男と出会ったことはなかった、ということをよく聞く。まあ、これはあまり驚かないけど、テクニックがあって、女をイカせるのがうまい男はそんなにいなかった、という話を聞くと、 「そんなもんかな、世の中の男は一体、どんなセックスをしているんだろう」 と疑問に思ってしまう。
 
 では、実際に 「セックスのへたな男」 、 「セックスのうまい男」 の割合はどれぐらいかというと、こればかりは、正確な統計をとることは難しいだろうね。そもそも、何をもって 「セックスのうまい男」 と定義するかが、問題だ。ただイカせることができる男から、今まで一度もイッタことがない、という女性をイカせることができる男まで、一度ならイカせることができる男から、連続して何度もイカせ、最後にはイキっぱなし状態にまでもっていくことのできる男まで、いろいろだからだ。

 なので、こればかりは、女性の側の印象論でしかいえない。その印象でいうと、だいたいセックスした男の2~3割ぐらいかな、ということのようだ。 「えっ、そんなに少ないの?」 と思ってしまう割合だ。逆にいうと、7~8割の男はセックスが下手くそだ、ということになる。これって、女からみたら、出会った男のほとんどが下手くそ、というのと同じようなものだ。

 なんでそんなに少ないかというと、ほとんどの男が、自分はセックスがうまい、と思い込んでいて、テクニックを磨くことをしないからのようだ。では、どうして自分のセックスはうまい、と思い込むかというと、女性の側の演技がそうさせているようだ。あまり愛撫がうまくなくても、感じた振りをするし、最悪、イケなくても、イッタ振りをするものだ。
 なので男としては、女をヒイヒイ言わせた、最後はちゃんとイカせてあげた、と思い込んでしまう。まあ、セックスが本当にうまい男は、女の演技も見破るけど、下手な男に限って、演技を真に受けてしまうものだ。

 では、女性が一切の演技を止めたら、世の中の男は、皆セックスがうまくなるか、というとこれもまた疑問だ。第一、現実的には、下手くそな男に 「あなたは下手過ぎ、もっと勉強しなきゃ」 なんて言ってしまったら、喧嘩になるだけだ。そこまで言わなくても、つまらなそうに黙って服を着るだけでも、男にはその気持が伝わってしまう。

 世の中の男の多くがセックスが下手なのは、女性の側の 「甘やかし」 が原因ではない。これはあくまで男の側の感性や自覚の問題だ。そして感性の領域となると、限りなく互いの相性のいい悪いの問題になってくる。相性のいい相手だと、それほどのテクも必要なく、ただ手をつないでいるだけで、ただ抱き合っているだけで、うっとりとしてくるものだ。そして、この相性のいい相手と出会うのも、またセックスのうまい相手と出会う以上に、確率の低いことのようだ。

 なので、相性のいい相手と巡りあうためには、それだけ数をこなさなければならない、ということかな。これは女にとってだけではなく、男にとっても言えることだけどね。しかし、女が相性のいい男に巡りあうため、という理由でいろいろと男を変えてセックスしていると、日本では 「ヤリマン」 「ビッチ」 と非難されてしまう。男も同じようなことをしているのにね。
 こう考えると、最初の出会いで、相性のいい相手に出会えたら、奇跡だと思って、手放さないことかな。次の出会いもまた、これぐらいに相性のいい人と出会える確率はかなり低い、ということを覚えておいた方がいいかな。




    posted at 12:00 | セックスの技術 | CM(0)
巨根の男はセックスが下手か?

 巨根の男に対する女性の評価は、まちまちだ。大別すると、やはり大きいのに越したことはない、と素直にその良さを認めるものと、巨根の男って、自惚れが強くてテクも今ひとつでよくない、というものに分かれるようだ。

 大切なのは愛であって、ペニスのサイズなんて関係ない、と思っていたけど、実際に大きなペニスの男とセックスしてみたら、それまで味わったことのない快感に圧倒され、本物の男の凄さと、女の喜びや弱さを教えられた、という女性もいる。この場合は、体の相性もよかったうえに、男のテクニックもうまかったのだろうね。
 一方、痛いだけで、全然よくなく、おまけに自分の持ち物をみせつければ、女が黙ってついてくるかのような、傲慢な態度も許せなかった、というものもある。まあ、この場合は、当たった男が悪すぎたとしか言いようがないね。

 セックスの下手な男、傲慢な態度の男って、なにも巨根の男に多いわけではなく、普通のペニスの男にだっている。ただ、その男が巨根だったために、それが必要以上に印象に残ったのかも知れないね。

 結論から言うと、巨根であるか否かと、セックスのテクニックとは次元が異なる話だ。だから、大きなペニスを持っているうえで、さらにテクニックを磨けば、鬼に金棒となる。望ましい順序としては、

 巨根だけどセックスが下手 〈 普通のペニスの男でテクニシャン 〈 巨根でテクニシャン となる。

 巨根でテクニックも磨いた男だと、普通のペニスの男がいくらテクニックを磨いても、かなわない。これは単純な原理だ。
 僕の場合は、勃起しても18センチなので、巨根ではない。上には上がいるようで、20センチ以上のペニスを巨根と言うようだ。ただ、人よりやや大きい目のペニスだという自覚はある。だから少年のころから、巨根に男に対するネガティブな女性のコメントを聞いたり読んだりするたびに、自分は絶対にそういう男にならないようにしよう、と心に誓い、人一倍、テクニックを磨いてきたつもりだ。

 しかし巨根を体験したことのある女性のコメントを聞いていると、ただテクニックを磨くだけでもまだ足りないようだ。
 自分のペニスはたいしたことないよ、と変な卑下をするのではなく、あくまで自分のペニスの 「破壊力」 を認識したうえで、さらに女性に対する思いやりや、情況に応じた繊細なテクニックを仕掛けてくる男が、女性にとっては最高らしい。そんな男に僕もなりたいものだ。




    posted at 12:00 | セックスの技術 | CM(0)
彼氏にこのサイトを読んでもらいたい

 このサイトは、基本的には女性読者を対象に書いているけど、考えてみると、女性を気持ち良くさせ、オーガズムに導くには、男の側のテクニックが向上しないと難しい。なので、このサイトの目指すものを実現するには、男性読者を増やすべきかも知れないね。

 まあ、実際には、読者の半分は男性だと思うけど、女性の間からは、 「彼氏にこのサイトを読んでもらいたい」 という声をよくきく。彼氏がこのサイトを読んで勉強して、もっと女の気持を理解してくれたら、こんなふうに私にしてくれらたいいんだけどな、という思いを持っている女性は案外と多いようだ。
 かといって、 「ねえ、このサイト読んで、参考にしてよ」 とは、女の口から男に言えるものではない。さりげなく、男にこのサイトを教える方法ってないかな、という相談を受けたこともある。

 あります、その方法! それは、エッチの後の会話などで、さりげなく 「絶頂トラック」か、「寝たままロディオ」 の話を持ち出すのだ。 「ニュートラル・スラスト」「膣天井」 でもいい。

イキそうでイケなかった時に、
「もう少しで絶頂トラックに乗るところだったのにな」
「なに絶頂トラックって?」
「友達に聞いたんだけど....」 とその説明をする。

あるいは、体位の話題になれば
「寝たままロディオって、なんか面白そう」
「何それ?」
「この前、友達がされたんだけど.....」 とかえしておくだけでいい。

あるいは、早漏気味の彼と
「ごめん、我慢できなくて」
「ニュートラル・スラストにすると、長く持つんだって」
「ニュートラル・スラスト?」

あるいは、膣内の快感ポイントが分っていない男に
「Gスポットよりも、膣天井を押されると、すごい気持ちいい」
「膣天井?」

 今時の男はすぐに後で、ネットで検索する。すると、このサイトにヒットし、他の記事も密かに読むというもの。 「もしかして彼女も読んでいるのかな?」 と勘ぐるよりは、 「おっと、これは参考になるぞ、こんどやってみよう」 となるだろう。女としても男が何をしていくるか、先に手の内を知っているので 「おっ、なかなかしっかり読んで、忠実に実践しているな」 なんてのが分かるから、面白いかも。

 但し、男はこの文章も読むだろうから、話題の持って行き方を少し変えないと、バレるかも(笑)。 もし勘ぐられたら、 「私も検索してみたら、そういうサイトがあったよ」 なんて正直に読んだことを話してしまえばいい。あとは、二人で共有できるサイトとなるだろう。性交、いや成功を祈ります (笑)。




    posted at 00:01 | セックスの技術 | CM(0)
セックスの技術

 これまでの経験から思うに、何事にも 「基本の技術」 (技といってもいいかな) って、あると思う。料理にしたって、ダシの取り方から、素材の切り方、煮方まで、 「基本の技術」 がある。これを守らなくてもそれなりの料理は作れるっけど、おいしく作るには、絶対にそのための 「技術」 が必要だ。

 そう言う意味での 「基本の技術 (技)」 が、セックスにも絶対にあると思う。これは愛情の深さとか、性欲とか、性器の大きさなどとは、また別な次元の話だ。

 だけどセックスって、基本的に 「秘め事」 なので、人がどうやっているのか、もっとうまいやり方があるのか、自分はうまいのかへたなのかなど、調理やスポーツなどに比べて、ずっと分かりずらいと思う。人に聞けないし、ましてや相手に聞けないしね。昔の人はきっと本で勉強したんだろうな。今はAVがあるけど、あれはやはり 「見世物」 であって、本当のセックスではない。 「顔射」 や 「潮噴き」、「駅弁」などのアクロバティックな体位 (もっともこれは僕もよくやっちゃうけど..) は、その悪い意味での影響だろうね。

 セックスの場合、もう一つやっかいなのは、本能的にセックスそのものは、誰に教えられなくてもできることにある。若い男であれば女の裸をみたら勃起するし、女の股間にペニスを入れて激しく腰を振っていれば、なんら技を駆使しなくても、女をイカせる可能性は十分にある。だけど、いつまでも本能にまかせて腰を振っていては進歩がない。本能から先の、味のある 「大人」 の世界には「技術」があると思う。

 たとえて言えば、初めてセックスを経験した男は、車の運転でいえば、免許をとっただけのようなものだ。免許をとって大人の世界に仲間入りはしても、車の運転がうまくなったわけでは決してない。人の運転する車に乗っていて、へたくそで怖くなるという経験をしたことがあると思う。逆に、プロのドライバーの運転は、ただ免許をもっているだけでなく、どんな情況でも、安定感や安心感があってうまい。

 セックスもこれと同じで、免許をとってから何年も車の運転をしているのに、一向にうまくならない人もいれば、経験を積んで、努力もし、どんどんうまくなる人もいる。その差は歳を取るごとにますます広がっていく。もちろん、 「技術」 が一人歩きしてもいけない。しかし愛情だけでも、限界がある。理想は、愛情の深さと技の巧みさがうまくマッチすることだろう。




    posted at 00:00 | セックスの技術 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: