FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

男にとってスラストのテクを磨くのが難しい訳

 若い男のがむしゃらな腰の動きも、一途なところがあって、女にとってはまんざらでもない。早漏であっても、回復が早くて回数をこなしてくれれば、それほどの不満もない。とはいえ、大人の男になっても、若い時のようにがむしゃらな腰の動きをしているようでは、進歩がない。肉体的な衰えを、経験によって年相応のテクニックでカバーしていくというのが大人だからだ。

 実際、自分のセックス歴を振り返ってきても、年を取るごとに、スラストのテクも段違いにうまくなったなと思う。ただがむしゃらに突くのではなく、膣内の女性の感じるエリアだけを的確に刺激する。しかも、膣口でイカせるのか、膣天井でイカせるのか、膣奥でイカせるのか、あるいはそれらの複合でイカせるのか、ちゃんと意識しながら、明確な意図をもって突くのだ。

 「ニュートラル・スラスト」という新概念は、膣のどこを狙って突くのかという時に、基本となる突き方として考え出したものだ。ペニスが大きくて硬く、体位の関係で快感エリアを突いているならば、「ニュートラル・スラスト」でもイカせることができるが、膣天井でイカせる場合、バックならペニスの棹を膣の下側に擦りつけるようにする。こうした「調整」は、「ニュートラル・スラスト」ができて初めてできるものでもある。

 快感エリアを狙い撃ちするということは、無駄な動きをしないということでもある。なので、イカせようと思って腰を振り出したら、1分以内にイカせることができてしまう。「絶頂トラック」という新概念も同様だ。相手が「絶頂トラック」に乗ったのか否かが分らなければ、確実にイカせることなどできない。また、どのように突けば、「絶頂トラック」に乗せやすいのかも、「絶頂トラック」そのものが感知できなければ無理というものだ。

 これらが分ってくると、面白いように女性をイカせることができる。一度も中イキを経験したことのない女性でも、あっさりとイカせることができる。しかも、連続でね。しかし、これも経験を積んだお陰だ。逆に言うと、若い時にはどうしてこれができなかったのだろう、とすら思ってしまう。
 思うに、若い時って、もう膣内に挿入しただけで気持ちよく、迫り来る射精を我慢しなければいけないので、スラストのテクを磨くどころではない。特に生で入れた場合、生の感触に感動し、気持ちよさを味わうだけで精一杯だ。

 生の感触の感動は今も同じだ。では、何が違ったのかというと、おそらく、射精をコントロールする力が格段に上がったということだろうね。でもこれって、逆に言うと、亀頭やペニスの感度が下がったということでもある。不感症というわけではないが、長年の刺激に耐えてきた結果、ちょっとやそっとでは射精しないペニスになってきたということだろうね。

 射精するまでに余裕が出来たことから、スラストの際、亀頭でどこを狙って突くとか、棹の部分で膣口の粘膜を高速ピストンで擦りつけるなどの、細かな芸が出来るようになったのだと思う。こうしてみると、やはり若い男にスラストの技術を磨けというのは、生理的も難しいということかな。それでも、何度も挿入してはスラストと射精を繰り返すことによって、射精もコントロールできるようになってくる。この回数をこなすことによって、質的な転換がもたらされるのだ。逆に言うと、若い時に回数をこなさなければ、年を取ってもスラストのテクは向上しない、ということでもある。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | セックスの技術 | CM(0)
FPなりの新境地(7)無駄な動きをしない(その②)

 「無駄な動きをしない」ということは、女性を速効でイカせることを意味している。クンニを始めてから、あるいは挿入されてから、ものの数十秒でイカされると、実は女って、もの凄く萌えるのだ。あっさりとイカされてしまう自分に、我ながらエッチな女だな、と思い、そんな自分に萌えてしまうのだ。イクといきなり、エッチのスイッチが入ってしまうのだ。挿入というメインスイッチをオンにしたら、オーガズムというスイッチは間髪いれずにオンにして欲しいのだ。

 なので、クンニにしろ、挿入にしろ、最初のオーガズムは、クンニを開始してから、あるいは挿入してから早ければ早いほどいい。できれば、1分を切るぐらいがベストだ。
 男でも、フェラされていて、なかなかイケないと、しらけるものだ。それと同じだ。フェラされて、ものの1分で射精させられるのって、男としては情けなさもあるけど、それ以上に気持ちいいものだ。5分たっても、10分たっても射精できないのは、フェラが下手くそということだけど、これって、言い換えると、女が無駄な動きをしているということだ。

 経験を積んでくると、この無駄な動きがなくなるのだ。無駄な動きって、クンニであれば無用に舌が突かれるだけだし、挿入していれば、無用に射精が近くなっていくだけだ。特に、ペニスにとっては無駄な動きは、意味がないどころか、マイナスに作用する。無駄なスラストを減らせば、その分、持続力も増し、より多く女をイカせてあげることができる。

 では、「焦らし」との関係はどうか。速効でイカされると女は萌えるものだが、焦らしに焦らして最後に大きなオーガズムを与えるというのも、時には効果的だ。この場合も、無駄な焦らしをしなければ、無駄な動きにはならないのだ。

 無駄な動きがないと、女にはそれがちゃんと分るものだ。例えば、キスでとろけさせ、大きなペニスを握らせて期待を持たせ、クンニで何回もイカせる。挿入してからは、感じるエリアだけを重点的に責めまくり、あっという間にイカせ、その後も体位を変えながら、何度も何度もイカせてしまう。その間、一切の無駄な動きをしないのだ。また、不必要な「間」も作らない。流れるような動作で、最初から最後まで、興奮を維持させるのだ。

 こういうセックスをすると、女から「女の体を知り尽くしているね」とか、あるいは、「どうしてそんなに女の体のことが分るの?男なのに」とか言われる。確かに。自分でも、何で女でもないのに、女の体のことがこんなに分るのだろう、と思うことがある。
 しかし、その答えは意外と簡単だ。相手の反応を見ればいいのだ。要は、感じる仕草、よがり声が出る愛撫なり、スラストをすればいいだけなんだけどね。女の「女の体を知り尽くしているね」と言う言葉は、言い換えると、世の中の男は、如何に無駄な動きをしているか、ということの現れでもある。一生懸命にやってくれている男に対して、「それって、無駄な動きなんだけど」とは言えないもね。

 「無駄な動きをしない」セックスを極めていくと、面白いように女性をイカせまくることができる。一度もイッタことのない女性には、生まれて初めてのオーガズムを与えてあげることができるし、中イキを体験したことのない女性には、生まれて初めての中イキを味あわせてあげることもできる。

 さらに、既に中イキができる女性には、10回以上も連続でイカせるとか、最後はイキっぱなし状態にさせることもできる。そんな女性がよく漏らす言葉に「からだに力が入らない」「からだがこんなふうになったことない」というのがある。イクというのは体験済みだけど、これだけ連続でイカされるというのは、生まれて初めての体験だろうね。新しい自分の可能性に出会ったようで、女の体の不思議さ、セックスの奧深さを改めて実感するようだ。

 男としても、ただ女性をセックスでイカせるだけでなく、この境地までもっていくことができれば、一生懸命に、汗だくになりながら腰を振る甲斐もあるというものだ。
 そんな状態の女性に、突きなが
「どう、このオチンチン?気に入った?」と聞いてみたことがある。
すると、あえぎなららも小声で
「はい、自分がえっちになれちゃう」とのこと。意味がよく分からなくて
「ん?」と聞き返すと
「自分がすごいエッチになれちゃいます」
とのこと。女性からこんな言葉を聞いたのは初めてで、なるほど、そういうものかと、新たな発見だった。

 女性には、表面的にはしとやかで清楚な女でいなければならないという、社会的なプレッシャーがある。だけど、心の奧底にあるメスとしてのエッチな自分がいることも確かだ。そんなもう一人の隠れた自分を、僕の大きなペニスを出し入れされることによって、表に引き出されてしまう。僕のおちんちんって、女を解放して、「すごいエッチな女にしてしまう」力があるんだ、というのは正直、嬉しかったね。
 やはり、女を肉体的に女にするのは、オスの生殖器であるペニスということなのだ。これがセックスの根底にある揺るぎない事実かな。




    posted at 00:00 | セックスの技術 | CM(0)
FPなりの新境地(6)無駄な動きをしない(その①)

 FPなりにたどり着いた新境地は、「無駄な動きをしない」だ。これって、決して省エネセックスとは違う。僕が目指すのは、エネルギーも時間もたっぷりとかけるセックスだ。但し、たとえロングプレーであっても、決して無駄な動きをしないことだ。ここで言う無駄な動きとは、無駄な愛撫や、挿入してからの無駄な腰の動きだ。

 愛撫やスラストって、人が人に対して行うもので、相性とか、その場の空気とか、いろいろな要素が複雑に絡んでくる。こうした要素を除外した上で、愛撫やスラストには、それなりの技術というか、技がある。今まで、このテクを磨いてきたけど、最近は、いよいよ極めつつあるかな、という気持ちになってきた。マッサージの名士や凄腕の外科医のことを指してよく「神の手」という言い方をする。これに習うなら、クンニの時の舌使いは「神の舌」、挿入してからの腰の動かし方は「神のちんこ」とでもなるかな(笑)。

 それはさておき、無駄な動きをしないためには、クンニなり、スラストのテクを磨くことだ。しかし、あるテクが全ての女性に当てはまるとは限らない。従って、予め予定した手順ではではなく、その場の情況に応じて、臨機応変に対応していく必要がある。僕の場合、時にはその日のセックスにあるテーマを設定することもあるけど(例えば、今日は背面性交づくしでやろうとか、今日は寝たままロディオで射精しようとか)、普通は、全て出たとこ勝負だ。特に初めてセックスする相手の場合、それしかない。しかし、臨機応変に対応するためには、さまざまな引き出しが必要だ。これこそ経験がなせる技かな。

 無駄な動きをしないためには、まず相手をよく見ることだ。相手があまり感じていないようなら、そのテクはやっても意味がないということだ。即刻、他のテクに切り替えるべきだ。そうやって、さりげなく、そして相手の一番感じるところ、一番感じるやり方を探し当てるのだ。
 一度、見つけたら、他を探す必要はない。それを徹底的に責め、イカせてしまうことだ。他のテクは、その次にまた探せばいい。

 挿入してからの体位変換も、ある意味、女性が一番感じるエリアを探し出すためにやるようなところがある。最初にやった体位、スラストのやり方でイキそうであれば、そこをたっぷりと責めることだ。最初に何も、全てを試してから、感じるやりかたをする必要はない。それこそ、女性の興奮を冷ませてしまい、無駄な動きだ。

 例えば、正常位で挿入し、大きさに慣れたところで、入口の高速ピストンをやってみる。もの凄く感じて、イキそうであれば、そのまま高速ピストンを続けて、あっさりと最初のオーガズムを与えてあげる。感じやすい女性だと、正常位で挿入して最短で、10秒ぐらいでイカせることもできてしまう。そうなると、もうどんな体位でも面白いようにイカせまくることができる。

 膣口の高速ピストンにしても、側位での膣天井への刺激でも、あるいは四つん這いバックでの膣奥への刺激でも、開始してから10秒から20秒でイッテしまう。もちろん、突いている時は、全身全霊を込めて、イカせる気まんまんで、突きまくる。その気迫が女にも乗り移って、あっさりとイッテしまうのだ。イッタ後は、動きを止めて呼吸を整えるか、ゆっくりとスラストしながら、次のアクションを考える。この時って、車でいえばまるでアイドリング状態に近い。次のアクション、次の体位に移ったら、いきなりアクセル全開にしてまたイカせる。

 これをいろいろな体位で繰り返していくのだ。挿入している時間は、20~30分ぐらいだろうけど、その間に10回から20回はイカせることができてしまう。AVとか、素人の投稿動画をみていると、5分、10分と突き続けているのに、一向に女性がイカないシーンがある。5分も突いてイカないのは、ポイントを押さえていない証拠だ。いくら女がよがり声を出していても、無駄な動きをしているとしか思えない。




    posted at 00:00 | セックスの技術 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: