FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

レズの貝合わせがエンドレスな快感であることに学ぶ

 「貝合わせ」というのは、レズの女性が互いの両脚をクロスさせながら、互いの股間を擦りつけるプレーだ。本物のレズの「貝合わせ」を目の前で見たわけではないが、AVで見たことは何度かある。あんなの、AVだけの世界だとばかり思っていてけど、本当のレズの体験談を読んだりすると、本当にこのプレーをやるようだ。
 しかも、その姿勢には実にいろいろなバリエーションがあることも驚きだ。当然、全裸になり、股間も露出させてやるのかと思ったら、パンティを履いたままの着衣でもできるというので、驚きだ。

 貝合わせの基本の姿勢は、二人の女がお尻をつけて座り、上半身を後にそらせて両手でこれを支え、互いの両脚がクロスするように(側位、松葉崩しのように)、おまんこをピタリと合わせるものだ。ここから、座位のように互いに起き上がって抱きしめあうこともある。あるいは、反対に二人とも頭を反対側に寝かせて横たわる姿勢もある。互いに仰向けになってもいいし、横向きに寝てもいい。後者の場合、互いの足先が口元にくるので、指舐めを同時にできるメリットがある。互いの体が起き上がるほど、クリが直接触れあい、水平に横たわるほど、小陰唇どうしがピタリと合わさる。

 両脚をクロスさえすればいいので、貝合わせは正常位でもできなくはない。片方が横たわり、もう片方が直角正常位の姿勢で、寝ている女の片脚を真上に上げさせ、自分の脚をクロスさせて跨がるのだ。この角度だと、小陰唇どうしをピタリと擦り合せることはできないけど、クリどうしが当るので、これはこれで鋭い快感になるだろうね。もっと過激な姿勢は、一人がマングリ返しの姿勢になり、もう一人が立って上から股間を擦りつける、というのもある。

 レズの体験談を読むと、この貝合わせ、未知の快感で、そうとうに気持ちいいらしい。それはそうだろうな。一番敏感な粘膜の部分って、クンニされても気持ちいいが、この場合は、接触するのは舌先や唇どまりだ。しかし、互いのおまんこを擦り合せるとなると、大陰唇から小陰唇、そして膣前庭の粘膜、さらにはクリトリスまでをピタリと合わせることができるからだ。ずれて隙間があくことのない接触。こればかりは、クンニでも無理だ。貝合わせとはよく言ったものだ。因みに、男どうしの性器、つまり勃起したペニスの裏側どうしを擦り合せるプレーを「兜合せ」というらしい。これまたよく言ったものだね。

 貝合わせで、女性があっさりとイってしまうのも、納得がいくというものだ。しかも貝合わせの凄いところは、何度も何度も連続でオーガズムに達してしまう点にある。しかもその理由が面白い。互いの股間を擦り合せていても、必ずしも同時にイケるとは限らない。片方がイっても、もう片方は、もう少しでイキそうという場合、動きを止めることはしない。そしてもう片方がイッてしまっても、今度は最初のイッタ方が、続けられた刺激でまたイキそうになり、また腰を振る。こうして、互いのオーガズムにずれが生じる限り、股間の擦りつけは延々とエンドレスで続くという訳だ。

 なるほど、これはクンニする際にも、知っていていいことだ。舌先だけをを器用に動かしてオーガズムに導くのもいいけど、クンニのライバルは、あくまで貝合わせにある。なので、気持ちとしては、女性の股間と男の口とで、貝合わせをしているかのようなクンニが理想だろう。
 つまり、舌先だけでなく、唇も総動員して、なるべく接触する面積を広げ、おまんこ全体をまんべんなく包み込むようなクンニをすればいい。自分の唇がまるで女の小陰唇になったつもりで、相手の小陰唇に合せていくのだ。その上で、自在に動く舌先が活躍すれば、もしかしたら、貝合わせ以上の快感を与えてあげることが出来るかも知れない。

 クンニだと、どうしても舌先でイカせようとしてしまうけど、唇の役割も忘れてはいけない。舌先でクリを責めるのは、貝合わせの中の、クリどうしの擦りつけに相当する。しかし、貝合わせには、これ以外にも、小陰唇や膣前庭どうしの接触もあるのだ。この複合感覚が、貝合わせのオーガズムの特徴ではないかな。だからそ、クリに特化していないだけに、連続していけるのだと思う。

 もう一つのヒントは、このエンドレスなオーガズムだ。クンニだと、どうしても一度イカせると、男は止めてしまう。クンニ好きな男でも、せいぜい、2~3回がいいところだろう。なぜかというと、男は挿入したくなるからだ。貝合わせに匹敵する快感を与えてあげようとするなら、一度射精してしまうか、それとも初めから挿入を諦めて、ひたすらクンニに徹することかな。

 貝合わせで女性がエンドレスにイケるのは、クリ以外の刺激でもイクことがあるからと書いた。これも参考になる。確かにクリだけで連続してイカされると、さすがにくすぐったくなってくる。なので、一度、クリでイカせたら、次は尿道でイカせるなり、小陰唇でイカせるなり、ローテーションで変えていくことだ。あとは、一度イコうが、多少は無理やりにクンニを続けてしまうことだ。

 もう一つ、貝合わせをしている時に、オーガズムと同時に潮を噴いたり、おしっこを漏らしたりすることもあるらしい。これだって、クンニ中に、潮を吹かせたり、おしっこをお漏らしすることもある。しかも貝合わせでは絶対に出来ないことがある。それは潮なりおしっこを飲んであげることだ。

 クンニ優位説を唱える立場からすると、貝合わせの唯一の欠点は、挿入感ないことだ、と思っていたら、なんと双頭ディルドでこの欠点も簡単に解決してしまということに気が付いた。でも待てよ、双頭ディルドは勝手には動いてくれない。対して、ペニスの挿入は、いろいろな動きが可能だ。なので、貝合わせのようなクンニと、挿入とをセットにすれば、決してレズの貝合わせの快感に遜色ないと思うのだけど、どうだろう。




舐めることの本質

 クンニやフェラ、あるいはそれを同時に行うシックスナインなど、オーラルセックスというのは、舌で相手の性器を舐めるという行為である。なぜ、人は相手の性器を舐めるのか?この舐めるという行為にはどのような意味が隠されているのか?ここでは、舐めるという行為を生理学的に、そして哲学的に探ってみたい(ちょっと大げさかな)。

 舐めるといのは、舌先で撫でたり、ねぶるというのが本来の意味であろうが、食べ物などを舐めるとなると、その味を味わう、という意味になる。おいしそうなケーキを見て、「ちょっと舐めてみたくなる」 というのは、単に舌で舐めるのではなく、味わって見たい、という意味だ。この場合、舐められるのはケーキで、舐める側の人間が優位にたっていることからも分るように、舐めるには、相手よりも優位に立つという意味にもなる。「舐めてかかる」 という表現がこれに当たる。

 舐めるには、さらに 「総なめ」 「舐めるように見る」 の如く、くまなく及ぶという意味や、「辛酸を舐める」 の如く、経験を積むという意味もある。舐めるは嘗めるとも書く。嘗と書くと、秋に収穫された穀物を備える祭に意味にもなる。新嘗祭や大嘗祭がそれにあたる。これには、食物を味わうという意味があるのかな。

 ところで、人は、食べものだけでなく、体を舐めることもする。自分の体を舐めるのは、傷口を舐める時かな。これには唾液で殺菌する意味があり、舐めるとは傷を癒やす意味もある。なので、「互いに傷口を舐め合う」 というような比喩的な表現も生まれる。
 性的に成長すると、人は異性の体や性器をも舐めることをする。これには、おいしい食べ物を舐めるのと同じで、自然と舌先が伸びてしまうのだ。さらには、単に舐めるだけでなく味わうということもする。

 体の中でも一番多く舐めるのは、唇や乳首であろう。キスというのは、相手の唇や舌を舐める行為でもある。乳首を舐めるのは、実は大人になる前、男も女も赤ちゃんの時からやっている行為だ。男の場合、性的に成長すると、しばらく忘れていた行為を再開する。もちろん、今度は相手も違うし、目的も違うけどね。逆に女の場合は、性的に成長すると、男に舐められる立場に変わる。

 さらに性的な経験を積んでいくと、互いの性器を舐めるようになる。初めて間近に見る異性の性器、それをはじめて口にした時のゾクゾクという感覚は、空腹の時に巡り会ったおいしい料理をほおばる時の感動と似ている。涎が出るほどのご馳走。成長期の男女にとっては、異性の性器は涎が出るほど、おいしいものだ。

 性的な意味で相手を舐めるという行為には、自分の欲求を満たすだけでなく、相手への働きかけも生まれる。舐められるというのは、皮膚感覚にとっての快感であり、さらに性器の場合は、絶頂へと導くことすらできる。つまり、オーラルセックスは前戯でもあるし、絶頂までいけるという意味ではセックスに相当する。女性器を舐めるのがクンニであり、男性器を舐めるのがフェラ、そして互いに舐めあるのがシックスナインということになる。

 おいしい食べ物の場合は、最初は一舐めするかもしれないけど、最後はむしゃぶりつくように食べてしまう。しかし、体の場合、これをやるとカニバリズムになってしまうので、舐めたあとは、せいぜい甘噛みするぐらいだ。乳首を甘噛みされると、軽い痛みの中、相手に「食べられてしまう自分」に興奮する女性は多い。

 実際に食べるわけにはいかないけど、なんとか相手の体の一部を体内に取り込み、一体化したい。実際、あかちゃんの授乳は、乳を飲み込む為にやっているのだ。
 大人になってそれをかなえてくれるのが、相手の体液を飲み込むことによる一体化だ。キスは唾液の交換だし、クンニすれば愛液やおりものなどを飲み込むことができる。中には潮やおしっこまでも体内に取り込んでしまう男もいる。その時、男が味わっているのは、体内に取り込むことからくる、ゾクゾクとする興奮だ。これがあるからこそ、苦いおしっこも飲めてしまう。フェラも、射精までもっていけば、相手の精液を飲むことできる。

 シックスナインは、クンニとフェラを同時にやるわけだから、本来はものすごく愛情に満ち、興奮もするし、気持ちいいものだ。さらに互いに絶頂を迎え、精液や愛液、さらには潮やおしっこまでも飲み合えたら最高にゾクゾクする行為だろうね。
 ところで、体の中でも特に多く舐めるのが、唇や性器であること、言い換えると、キスのほか、オーラルセックスの種類がクンニ、フェラ、シックスナインというのには訳がある。それはこれらが粘膜で出来ている故に、舐める方も舐められる方も快感があるからだ。

 しかし人間が快感を感じるのはここだけではない。もっといえば全身が性感帯でもある。「全身舐め」がまさにそれだ。まあ、全身まで舐めなくても、足の指舐めやアナリングスが効果的なのは、経験した人なら分っていることだ。これ以外にも、うなじや首、背中、背中のKスポットなど、快感エリアがたくさんある。これらを舐めないで素通りしていくのはもったいない話かな。省略されがちなのは、前戯にたっぷりの時間をかけないからでもあるけどね。「舐める」 には 「尽くす」 の意味があるように、文字通り、全身を舐め尽くしてあげたいものだ。

 女体盛りとか、わかめ酒、あるいはクリームなどを全身に塗りたくって舐めとるプレーって、食べ物を食べる行為と、体を舐めまわす行為とが一体化するものだ。これも、経験した人にだけ分る、ゾクゾクした行為ではある。もっとも、そのやり方を工夫しないと、綺麗にはできないけどね。

 ここまでの話は、異性間のオーラルセックスを前提として書いているけど、もちろん、同性間でもこれは可能だ。さらにはニューハーフのように、トランス・ジェンダーの人もいる。僕はあまり経験がないけど、これはこれでまた非日常的な世界があるのだと思う。

 これと関連して、オーラルセックスにも、SとMの世界がある。言い換えると、「舐める側」と「舐めさせられる側」の違いだ。概して、舐める側が食べているわけで、優位に立っている。実際、クンニしている男は「おいしい」と思いながら舐めているし、実際にそのように口に出していいながら舐めることがある。あるいは、男がおいしそうに舐めていると、女の方から 「そんなとこ舐めて、おいしいの?」 と聞いてくることもある。よっぽどおいしそうに舐めているんだろうね。

 この立場を逆転させるのが、相手に舐めさせる行為だ。クンニなら強制的な顔面騎乗クンニ、フェラならイラマチオかな。実際、男に顔面騎乗であれ、M字開脚であれ、男に舐めさせている女はよく、「私のおまんこ、おいしい?」 と聞いてくる。これほど男をゾクゾクとさせる言葉もないかな。だって、これって、食べられているおいしいご馳走の方から、私っておいしい?と聞いてくるようなものだからだ。もっとも、これはSな女でなくても、聞いてくるけどね。

 このように、舐めるという行為は、あかちゃんの時期から行っており、実に根源的なものであるということが分る。舐める部位のバリエーションも多いし、そのテクとなると奧が深い。さらには食べ物を使うという遊びもあり得る。さらにどちらが優位に立つか、という役割もあるし、その転換もある。
 舐めるという行為を、挿入前の単なる前戯としてとらえるのは、あまりにもったいない話だ。男女とも、舐めるという行為にもっと注意を払い、バリエーションを増やし、テクを磨いていきたいものだ。そして 「経験を積む」 という意味での 「舐める」 を実践していきたいものだ。




フェラの止め時 クンニの止め時(2)

 なお、アナリングスの場合は、クンニのように簡単にイクこともないし、クンニとはまた違った気持ちよさがあるので、生まれて初めてのアナリングスで恥ずかしがる場合を除いては、女から制止することはまずない。

 これが、アナリングスをしている男にとっての問題となる。アナリングスって、クンニほど舐め方のバリエーションもなく、唇と舌のコンビネーションというよりは、舌先だけを尖らせて酷使するので、クンニ以上に疲れるのだ。しかも長時間続けても、女がイクことはないので、止め時に困ってしまう。

 今まで、最大で30分ぐらい、アナリングスを続けたことがあったが、その時は女もうっとりして、最後はウトウトしてきたので、やっと「そろそろ止めてもいいかな」と舌を離したものだった。まあ、アナリングスの場合は、そこから指入れなど、お尻の穴の開発に移行してもいいけどね。それか、バックからおまんこに挿入してしまうことかな。

 それ故、アナリングスの快感を知っている女は、途中で男が止めてしまうことに、物足りなさが残るものだ。できるものなら、ずっとこのまま舐め続けてもらいたい、とね。時には、男の側も覚悟を決めて、女から「もういい」と制止されるまで、何時間でもアナリングスをしてあげたいものだね。

 最後にシックスナインだけど、今まで書いてきたように、男と女には同じオーガズムでも連続性に大きな違いがある。こうした違いがある男女がお互いの性器を舐め合うので、止め時はもっと複雑になってくる。

 男としては射精は避けたいけど、おまんこは気が済むまで舐め続けていたい、というのが本音だろう。しかし、女にはこの男の本音がわからないので、なんとかイカせようと必死にフェラをするけど、おまんこを舐められると気持ちよくてフェラに集中できなくなる。結果として、女はどうしていいかが分らず、長時間のシックスナインを好まない、という傾向がある。

 この矛盾を解決するには、横向きのシックスナインになって、女には必ずしも射精させなくていい、ということを言い聞かせ、あとは男が好きなだけ舐めればいい。横向きのシックスナインのいいところは、男女とも、長時間、続けても疲れないことだ。おまけに、おまんこのほか、顔を出せば、お尻の穴まで舌先が届く。いわば、アナリングス・シックスナインに切り替えることもできる。

 この場合は、挿入を考えず、女を何回もイカせ、男も射精してしまっても、なおもシックスナインを続ける、というのがエロイかな。さらには、互いのおしっこも飲みあい、最後は疲れて、互いの性器に吸いつきながらそのまま眠りにつく、なんてのもいいかな。




フェラの止め時 クンニの止め時(1)

 セックスって、一度、挿入してはじめてしまったら、途中で中折れしない限り、男の射精が止め時となる。まあ、興奮していがら、抜かず二発なんてのもあるが、基本的には男の射精でもってセックスという行為は、一旦、終了となる。
 ところがフェラやクンニ、さらにはアナリングスやシックスナインとなると、セックスの時ほど明確な止め時というのがない。

 もっともフェラだけは、止め時があるといえばある。それは男のオーガズムは射精をともなうからだ。男が射精したら、連続射精にもちこむのでない限り、一応、終わりとなる。しかし、女性のオーガズムは、男と違って連続してイクことが可能なので、明確な止め時があるとはいえない。このことは何を意味しているのか。もう少し、詳しくみてみたい。

 フェラの場合、男が射精してしまったら、それで一応、ゲームオーバーとなる。しかしそうでないなら、男は何らかのタイミングでフェラを制止することがよくある。それは、このままだと射精しそう、という時だ。挿入が控えているなら、ここで出したくない、という気持ちから、制止する。もう一つは、射精しそうな訳ではないが、もう入れたい、という時だ。

 しかし、フェラしている女から止めることはない。というか、一度はじめてしまったら、射精するまで止め時がないからだ。もし女がフェラの途中で自分から止めるとしたら、自分が入れたくなってしまった時だ。フェラからそのまま男を跨いで、ペニスを手に取って自分で挿入するというやつだ。

 クンニの場合、女のフェラと違って、クンニしている男が途中で止めてしまうことって、案外と多い。女がイクと最初の止め時ではあるが、なかなかイケない女もいる。いくら舐めてもイカないとなると、男の方でもそれ以上、やる気が萎えてしまう。あるいは、舐め続けて、舌や首が痛くなってしまい、休憩を取る意味で止めることもある。

 女を一度イカせた場合でも、女がくすぐったがっている時、もしくは何度もイカせてぐったりとしている時なども、本当は続けたいのだけど、仕方なく途中でやめることがある。もう一つは、女がイクイカないは関係なく、もう入れたくなった時だ。

 反対に、クンニされている女から、クンニを制止することはまずない。生まれて初めてのクンニで恥ずかしがって抵抗することはあっても、気持ちよくなってくると、もうされるがままだ。そう、女の側からクンニを制止しないのは、単純に気持ちいいからだ。

 なので、多くの女は、男が途中でクンニを止めると、「何故止めちゃうの? もっと舐めて!」「もう少しでイキそうなのに、ここで止めないで!」あるいは「一度イッタからって、止めないで!」という気持ちになってしまう。もし、女の側から制止するとしたら、イッてくすぐったい時か、何度もイカされてイキ疲れてしまった時ぐらいだろう。




プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: