FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

男が駅弁をしたくなる時

 駅弁をするかしないかは、相手やその日の気分で決まるけど、振り返ってみると、駅弁をしたくなる雰囲気ってあるようだ。
 基本的には、極めてAV的だし、遊びの体位だ。だから本当に好きになった女と、初めてセックスする時にはあまりしない。慣れてきて、いろいろな体位をするようになったら、好きな子とでもすることはあるけど、あくまで、互いに遊び心がある時に限られるし、一度やったら、もうしないかな。一応、こういう体位もできるよ、というのを示すだけで、毎回やりたいとは思わない。

 では、どんな時にするかというと、やはり遊びのセックスでかな。あとは、女性がセックスに興味津々で、いろいろな体位を体験したいという場合には、かならずメニューに入る。初めからいろいろな体位でやってみたい、と言ってこなくても、いろいろと体位変換をしていって、 「すごい、いろんな体位、知ってるのね」 なんてコメントされうと、もう絶対に駅弁もやっちゃうね。あと、話していて 「駅弁? そんなの、やったたことない」 となれば、もうやらないわけにはいかないでしょう。

 駅弁って遊びの体位なので、駅弁で女をイカせようとか、自分も射精しようとは思わない。フィニッシュはあくまで正常位というのが多い。従って、駅弁をする時は、比較的時間があるときで、どちらかというと、体位変換の途中でアクセントとして入れるものだ。駅弁にもっていくには、少なくとも正常位から座位へ変換する必要があるので、その時点でいくつかの体位を経ていることになる。

 もう一つ、男のホンネを言うと、体調や、勃起力、持続力に自信のない時は、敢えて駅弁をしようとはしない。逆に言うと、駅弁をする時って、ペニスの硬さも持続力も絶好調な時にするものだ。だから駅弁の前か、駅弁の後も勃起を維持し、射精も我慢して、女をイカせる自信がある時でないとしない。要は、男が駅弁をする時って、ノリに乗っている時だ。

 もう一つのホンネは、相手の女性がスリムでいかにも軽そうな時ほど、駅弁をしたくなる。正直、背も高く、ムッチリ体系で、重そうだったら、よっぽどこちらの筋力に自信がないかぎり、しようとは思わない。
 だから、駅弁をされたら、女性としてはスリムな体型だと男に思われている、ということになる。それでも、女性のほとんどは、自分が重たいと思っていて、「重たいから、降ろして」 と言ってくるものだ。まあ、駅弁をされたら、そんな言い訳はせず、単純に 「すごーい」 とか驚いて、面白がってくれた方が男としては楽しいんだけどね。あと、鏡の前に連れて行かれても、恥ずかしがるのはいいけど、少しは鏡をみて、 「いやーん、恥ずかしい...」 ぐらいは言って欲しいかな。

 もっとも遊びのセックスでも、笑いがこぼれるというよりは、どこか真剣になって、ひたすら快感に没頭しているような時は、敢えて駅弁はしないかな。せっかく卑猥な空気に浸っている時に、体育会系のノリである駅弁をやって、雰囲気を中断したくないからだ。
 あと、挿入直後から、女が絶頂トラックに乗ってしまったら、駅弁などせず、ひたすら突き続けて、連続オーガズムを与えることに集中するかな。



スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: