FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

射精後にくすぐったいのは、亀頭部分だけ

 手コキで男を射精させた経験のある女性なら、分かると思うけど、射精した後のペニスって、急速に快感が消え、それでも擦り続けられると、くすぐったくて堪らなくなる。思わず 「うっうっ…ちょっと…タンマ.…ちょっと…止めて…あっ…」 と叫び声をあげ、体をよじるほどだ。

 この時の感覚って、どうしても我慢できないほどではないけど、正直、くすぐったさを通り越して、ちょっとした痛みに近いものがある。快感らしきものは、少しもない。Sっ気のある女性なら、もだえる男を見るのが面白くて、わざと亀頭をグリグリと擦ってくる女もいる。これって、男からみたら、限りなく拷問に近いかな。
 実際、Sな女性のプレーとして、「射精後の亀頭責め」 というのが、一つのジャンルとして確立されているぐらいだ。

 射精する前は、「射精後も擦り続けたら、どうなるのだろうか? 勃起を維持して二回目の射精までもっていかれてしまいのかな?」 という好奇心もあって、「出した後もそのまま擦り続けてみて」 と頼んだことが何回かある。だけど、実際には、ペニスは小さくなっていくし、連続射精の可能性は限りなく低く、痛みに似た感覚が強くなるだけなので、どうしても止めてもらう。

 この感覚は、女性も、イッタ後のクリトリスが敏感になっているのに、しつこく舐められたりすると、くすぐったくなり、時には軽い痛みを感じるのと同じだ。ただ、亀頭の場合は、さらにその感覚が強いような気がする。
 とりわけ、女性の柔らかな舌や唇ではなく、指や手の平で刺激されると、強烈な刺激となる。なので、フェラで口内射精した後なら、少しの間、亀頭部分への強い刺激をさければ、勃起を維持させ、連続射精にもっていくのは、手コキよりはやりやすいはずだ。

 ところで、射精後にくすぐったく感じるのは、実はペニスの全体ではなく、あくまで亀頭部分だけだ。だから、勃起の維持、さらには連続射精にもっていこうとするなら、射精直後は亀頭部分への刺激を避けて、棹や玉の部分をやんわりと握り、ゆっくりと上下に動かし続けるといい。感じとしては、棹の根元に残った精液を搾りとるように動かす。そしてそれをしつこく続けていると、自然と次の射精に向けた愛撫となる。

 もっとも、男を責めるのであれば、途中に亀頭への刺激を、さりげなく、ほんのちょっと混ぜてもいい。そして、数分が経過して、棹の芯が硬くなり出したら、そろそろまた亀頭にいっても大丈夫だ。この頃になると、痛みに似たくすぐったさは和らいでくる。と言っても、まだ快感を感じるというよりは、どちらかというと無感覚になった状態だ。男の感度を測るには、軽く亀頭に触れて男の反応をチェックすればいい。亀頭部分が快感を感じるようになるのは、さらに時間が経ってからだ。

 こうした亀頭部分の感度の変化を知った上で、手による刺激を微妙に変えていくと、勃起を維持させて、二回目の強制射精にもっていくことは、可能であはる。男としても、くすぐったいのに、やみくもに亀頭を擦られるよりは、男の快感の変化を知り尽くしているかのように刺激されると、その女に精液を搾り取られているかのような感覚になり、肉体的にも、精神的にも支配されている気持にさせられる。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 勃起のモード | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: