FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

前戯よりも挿入後の焦らしを好む女性

 焦らしというと、たっぷりと時間をかけた前戯をイメージしがちだ。しかし女性が望む焦らしのパターンはそれだけではない。中には、前戯があまり好きではない、という女性もいる。
 前戯が好きではないという女性は、どちらかというと、フェラやクンニもあまり好きではない。従って、シックスナインも好きではない。当然、アナリングスや、足の指舐めも好きではない。そんな汚ない所を舐められても、気持ちいいどころか、変な気持ちになるだけとなる。まあ、潔癖症といえば潔癖症かもしれない。なので、全身を舐め回されるのもあまり好きではない。
 こうした性癖は、生まれながらのものもあれば、セックスの経験を繰り返していくうちに変化もしていく。さらには、生理の周期や体調もあるし、相手との関係もある。

 ではセックスが好きではないかというと、そんなことはない。そもそもセックスすることを前提で会いにきているので、股間の準備はすでにできている。入れたくなったら、遠慮なしにいつでもどうぞ、とのこと。まあ、その意味ではMっ気が強いのかも知れない。前戯をしなかったら、膣も十分に濡れていないので、痛いのではないかと思うが、外側の見た目は濡れてなくても、膣の中は十分に濡れている。その証拠に、挿入してペニスを引き抜くと、もう白い本気汁でべっとりとしている。

 確かに、女性の中には、マニュアル的な前戯をだらだらされるよりは、さっさと挿入して欲しい、と思うこともある。特に興奮している時には、前戯は不要だ。それに男が我慢できなくなって直ぐに入れてくることにも、興奮してしまう。
 この気持ちは男でもわからないことはない。さんざんお預けをくって、いざ二人きりになれたら、フェラなんかしてもらわなくていいから、さっさと挿入したい、と思うものだ。

 なので、こういう女性は、入れたくなったら、速効で入れてあげるのがいい。といっても、ここからが求めているものがひと味違う。速効で入れられたら、速効で射精してしまうのがパターンだが、それは望んでいない。入れられてからイカされるまでを、焦らしに焦らして欲しいのだ。
 これには、イキそうになったら動きを止める、というのが定番だが、それ以外にももっと確実に焦らす方法がある。それは、挿入しても敢て膣内の快感スポットを外すことだ。まあ、これはペニスの大きさや形状との相性もあるけど、大きなペニスだったら、わざと奧深くまでは突かず、膣奥の快感スポットを刺激しない。女としては 「もうちょっと奧まで突いてくれると気持ちいいポイントなのに」 と焦らされる。

 女性に言わせると、快感ポイントを常に突き続かれるよりも、その一歩手前で止まっていて、 「もう少しで届くのに」 と思っている時に、不意に快感ポイントを突かれると、焦らされていただけに、その快感も鋭いものになるとのこと。これを繰り返していると、徐々に快感曲線が上昇していき、下半身全体が熱く、とろけるようになってくる。そうした状態から快感が飽和点に達した時に、もの凄い快感に襲われるようだ。その最後のスイッチは男の早い動きもいいが、もっといいのは、ゆっくりとした動きの中で、自分から登り詰めていってしまうことだ。

 これだと男も楽だ。自分がイキそうになって動きを止めて休んでいても、女の方で勝手に自分で登り詰めていってしまうのだから。小休止できた男は、またゆっくりとした、快感スポットを外した動きをする。時たま、快感ポイントを直撃するだけで、女にとっては焦らされていることになる。
 激しい動き、奥まで突きまくる動きではないので、膣への負担も少なく、これなら膣が弱い女性でも比較的長時間のスラストが可能だ。男としても、イカせようとして激しく動く必要もないので、体力を温存できる。射精も我慢できる。
 
 この快感スポットを敢て外してスラストする焦らしのいいことろは、女性の快感レベルがずっと上がりっぱなしになっていることだ。なので、連続オーガズムも簡単に体験できる。男の激しい突きでイカせるのではなく、焦らされた女が自ら登り詰めるので、男のちょっとした動きですぐにまたオーガズムに達してしまう。しかも、その間隔も短くなり、イッた30秒後にはまたイクことも可能だ。時には、イッている間も突き続けると、その間、ずっとイキっぱなし状態となる。

 普通、イキっぱなし状態は、男の強引な長時間の突きによって引き起こされると思われている。それも一つの方法だけど、こうした挿入後の焦らしによっても、イキっぱなし状態となることができる。しかも、こちらの方がマイルドで優しい気持ちよさなせいか、女の体への負担も少ないようだ。

 同じ時間をかけるなら、前戯に時間をかけるのではなく、挿入してからイカせるまでの時間をたっぷりとかけて欲しい。そしてイクまでに焦らしに焦らして欲しい、というのが、こうした女性の本音だ。これって、もしかしたら、かなりセックスやオーガズムの本質を分かっている女性の発言だね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 焦らしの効果 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: