FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

つぼみを開かせるクンニ

 クンニ前からセックスへの期待で興奮していて、パンティーを脱がすと、割れ目もべっとりと濡れ、小陰唇もクリもすでに勃起しているおまんこって、男には興奮するものだ。露わになった割れ目から、透明な愛液がこぼれ落ちそうになっていたら、思わず股間に吸い付いて、愛液を啜り飲み、そのままクンニへとあいなるものだ。こんなおいしいおまんこを、シャワーで洗い流してしまうなんて、もったいない話だ。

 それって、女にとってみれば、男のパンツを降ろすと、勃起したペニスが「ビヨーン」と飛び出し、膨れあがった亀頭の先から我慢汁が糸を引いているペニスを見た時の興奮と同じだ。我慢汁を床にこぼさないように吸い付き、そのままフェラへとあいなる。

 しかし、いつものクンニがこうとは限らない。女がまだ十分に興奮する前に、いきなりクンニを始めることだってある。ちょうど、男のペニスがまだ半立ち状態なのに、ぱくっとくわえていきなりフェラを始めることがあるのと同じだ。
 これが好きな女性って、柔らかだったペニスが自分の口の中でムクムクと大きくなっていく過程が楽しいという。これと同じ楽しみが、実は男にもある。

 それは舐めようとして両脚を開いてみると、小陰唇も膨らむことなく、ピタリと閉じられていているおまんこを目にした時だ。膣穴も小陰唇に固くガードされ、全く見えない。全体に濡れていなく、当然、クリもまだ顔を出していない。
 特に小陰唇が発達している女性だと、ビラビラがからむように閉じられていているので、小陰唇の形すらまったく想像もできない状態だ。

 まだ柔らかいペニスだと、大きさや硬さ、形といった表情がみえないのと同じで、こういう状態のおまんこって、まだ本当の表情が見えない。それだけに、どんなおまんこなのかな、という楽しみがある。
 こういう時って、いきなり小陰唇を舌先で広げることをせず、大陰唇から攻めたくなる。大陰唇が唾液でテカテカに光ってくるころに、おもむろに小陰唇へと移るけど、中には大陰唇への刺激で、閉じられていた小陰唇が 「パカッ」 と口を開くこともある。
 
 閉じられた小陰唇を舌先で押し広げるのって、なんか秘密の扉を開くようなワクワク感がある。実際、小陰唇を開かなければ、舌先やペニスが入り込む膣穴を見ることはできない。
 小陰唇が唾液でヌレヌレになって完全に広げられる頃には、舌先による刺激によって小陰唇は膨らんできて、最大となる。それはまるで花のつぼみが開いていくかのようだ。その隙間から尿道口も顔を出すし、下の方では、控えめに開いた膣口も見え隠れする。その口からは、体の奥から花の蜜がしたたり落ちる。

 そしていよいよクリトリスへの愛撫となる。クリも舌先による直接的な刺激によって、完全に勃起して、ピンク色のきれいな真珠のように光り輝く。
 少し距離を置いておあまんこを眺めると、舐める前とはまったく違った表情がそこにある。そう、満開に開いた花びらのように小陰唇が広がり、上の方ではクリが 「舐めて」 と言わんばかりに存在感を主張し、下の方では濡れた膣口が 「早く入ってきて」 と言わんばかりに雄の性器を誘っている。

 つぼみを花開かせるようなクンニの醍醐味はここにある。焦ることはない、つぼみはじっくりと時間をかけて咲かせてあげた方が、美しく、そして妖艶に花開くというものだ。



スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: