FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

男に強引に与えられるオーガズム

 オナニーをまったくしないわけではなく、それなりに 「気持ちいい」 という感覚は分かる。だけど、なぜかイクことができない、という女性は多い。そういう女性は、セックスしても気持ちいい、というのはあるけど、どうしてもイクことができない、という悩みを抱えていることが多い。
 
 女性一人では、どうしてもその 「一線」 を越えられない。しかしこれは、当然のことだ。男にはこうした 「一線」 がない。勃起したペニスを擦っていれば、誰でも自動的に射精に至る。時には、擦らなくたって、勝手に射精することすらあるからだ。しかし、女性のオーガズムは全く違う。ほっておいて勝手にイクなんてことは絶対にない。
 
 この一線を自分で越えることはなかなか難しい。オナニーでも自縛して、バイブを固定し、男に無理矢理やられていることを想定して、深い連続オーガズムを求める女性がいる。こういうふうに、自分で一線を越えようと思ったら、ちょっとした工夫が必要だ。しかし、一度もオーガズムに達したことのない女性には、こんな工夫は思いつくこともない。
 
 オナニーにしても、クリトリスの快感を知ってはいても、しばらくオナニーしていると、だんだんと気持ちいいというよりは、くすぐったくなってきて、やめてしまう女性は多い。あるいは、なんだか怖くなって、途中でやめてしまう、ということもあるだろう。
 ところが、男に指や舌でクリトリスを愛撫してもらう場合、男は決して途中でやめたりしない。そもそも女がくすぐったがっているのか、気持ちいいのかは分からない。さらには痛がっているのか、気持ちいいのかも分からない。
 それに男としては、なんとしてもイカせたいと思うので、相手が完全にイッタと確信できるまでは、愛撫を続けるものだ。
「もうだめ..お願い...止めて...」 と言われても、止めない。そしてあっさりと初めてのオーガズムに達してしまう。

 自分の指を膣の中に入れるというのは、慣れるまでは多少の抵抗があるだろう。慣れてきても、長時間、出し入れしていると、腕が疲れてくる。愛液もこぼれ出てきて、途中で戦意喪失、イクことなく、指でのオナニーも止めてしまう女性は多い。
 ところが、これも男だと、途中で止めたりはしない。もちろん、腕も筋肉がパンパンに張るほど疲れてくる。それでも腕が疲れたからと、途中で止めるわけにはいかない。こうして、男の指で初めて潮を噴いたり、初めてのオーガズムを味わう、という女性は多い。

 このように、男にやってもらうと、いとも簡単に、この一線を越えてしまうものだ。セックスは男と女でするもの。女はただ、男に身を任せて、この一線を超えればいいだけなのだ。



スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: