FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

おっぱいの大きさと乳輪、乳首の関係(1)

 おっぱいの大きさと乳輪の大きさには、概して相関関係があるようだ。通常、おっぱいが大きいほど、乳輪も大きくなる傾向がある。

 乳輪の大きさと乳首の大きさの関係だけど、これが意外なことに、必ずしも連動していない。つまり、大きな乳輪には大きな乳首がセットになっているかというと、そうではなく、普通か普通よりも小さめの乳首の場合が多い。普通か小さめの乳首というのは、突起の直径が小さいだけでなく、高さも低めで、かわいらしい乳首が大きな乳輪の真ん中にちょこんとあるという感じだ。それだけに、乳輪の大きさがよけいに強調されることにもなる。

 乳輪が大きくなるほど、乳輪の一番外側の境も曖昧となりやすく、でこぼこしていて、シャープなラインとなりにくいようだ。なお、乳輪の表面にある小さなぶつぶつのあるなしだけど、乳輪の大きさとは多少の関係があるようで、概して、大きな乳輪にはあまりぶつぶつがない。

 大きなおっぱいと大きな乳輪、小さな乳首という組み合わせになると、男としてはどこを責めたらいいのか、ちょっと迷ってしまうところがある。おっぱいが大きすぎると、舐め回すには面積が広いので、手で揉みしだく愛撫が多くなるかな。舐めるとしたら、小さな乳首は舐めにくいこともあり、どうしても大きな乳輪に意識がいってしまう。しかし、女性としては、乳輪を舐め回されるよりは、やはり乳首を責めてもらいたんだけどね。

 もちろん、これらのパターンは平均値であって、多少の例外はある。例えば、大きなおっぱいなのに、乳輪が小さく、乳首も小さいという女性も、ごく少数だけど中にはいる。なお、この組み合わせの場合、なぜか陥没乳首になっている場合も多いようだ。
 もうひとつ、大きなおっぱいに大きな乳輪なんだけど、乳首がとても大きな女性というのも数は少ないようだ。また、大きな乳輪だけど、乳輪の周辺のラインがシャープになっている女性とか、乳輪にぶつぶつがたくさんある女性も、数は多いとは言えないようだ。

 なお、乳輪と乳首の色は必ず連動していて、乳輪の色が薄めの場合は、乳首の色も薄くなるし、逆に乳輪の色が濃い場合は乳首の色も濃くなる。
 おっぱいの大きさと乳輪や乳首の色との強い相関関係はどうやらなさそうだ。濃い色の女性もいれば薄めの色の女性もいる。どちらかというと、薄めの女性の割合が高いかな。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 12:00 | おっぱいの大研究 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: