FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

3Dアダルトビデオ

 ハードウエアーの普及の陰には、ソフトウエアーの存在が不可欠だ。そのソフトの中で、最も力をもっているのは、アダルトものだ。理由は単純、誰もが見てみたいからだ。
 歴史を振り返ると、VHSビデオデッキの普及に際しての、アダルトビデオの存在がある。僕は経験ないけど、街の電気屋さんなんかでデッキを買うと、おまけのアダルトビデオがついていた、なんて話をよくきく。これはDVDになっても同じだ。そしてこれからはアダルトビデオも、PCからのダウンロードが主流となるかもしれない。

 デジタルカメラや、ビデオカメラの普及の時もそうだった。それまでのフイルム・カメラの時代には、街の写真屋さんに現像に出さなければいけなかった。だから、性器の見える裸体や、セックスの行為を普通の人が撮影するということは、まず不可能だった。

 現像の必要のないデジタルカメラや、ビデオカメラの普及は、こうした情況を一変させてしまった。もはや、誰もがヌード写真家となれ、誰もがAV男優や女優、そして監督となることができるようになってしまった。アダルトビデオ業界に、大量の素人集団が加わり、アダルトビデオそのものの持つ意味が大きく変わろうとしているのが現状であろう。

 こうしたなかで、ビデオ映像のソフトは、3D化へ移行しようとしている。ここでもハードの普及には、ソフトの存在が不可欠だ。今のところ、3Dのアダルトビデオって、売り出されていないようだけど、これも時間の問題だろうね。そして3Dでの名作、傑作、衝撃作でもできて話題になれば、誰しも見てみたい、となることだろう。

 3Dのアダルトビデオが生まれれば、それまでのアダルトビデオに、さらなる革命が起こるかも知れない。これは白黒からカラーへの転換に次ぐぐらいの、大きな事件となるような気がする。
 なにしろ、目の前の女性の裸体や、勃起した男ペニスが立体的に見えるのだから、それはもう、映像の世界に引き込まれないわけにはいかないだろうね。画質もハイビジョンレベルで、よくできた映像なら、もうはまってしまうだろうね。

 おそらく、男と女のどちらをより興奮させるか、といった作り分けも進んでいくものと思われる。フェチ的な画像もさらに深化しそうだ。例えば、 「顔射」 や 「ぶっかけ」 ものにしても、射精する男の視点から撮れば、目の前のペニスから精液が飛び出ていって、女の体に引っかかる映像を疑似体験できるし、女の視点から撮れば、勃起したペニスの先から勢いよく精液が顔に飛んでくるような映像も可能だ。見ている女性は、本当に顔にかかりそうに思えて、思わず画面から顔を反らしてしまうかもしれない。

 顔面騎乗位クンニが好きな男であれば、顔の上に降りてくる、女性器のアップが、立体的に見えるということになる。挿入シーンでは、拡げた股間に、男の勃起したペニスが押し入ってくるシーンも、あたかも自分の膣に入れられているかのような臨場感があるかもしれない。

 それはそれで、楽しみな世界ではあるけど、どんなに科学技術が発達しようと、人間の行うセックスという営みは、不変だ。男を興奮させるのは、画面の中の高画質で立体感のある「裸体」ではない。あくまで感情と肉体感覚をもった、生身の女の体だ。これは女にもいえることで、女の体に火をつけるのは、男の愛情、肌のぬくもりや体臭、そして絶妙な硬さに勃起した男の生殖器であり、自分の体に興奮して、熱い精液を噴射してくれる、生身の男の体だ。

 セックスレスのカップルが増えているのには、性のバーチャル化も大いに関係しているように思える。より刺激的な3Dアダルトビデオが普及すると、ますます現実世界でのセックスが、縮小していってしまうような気がする。バーチャルな世界が増大する中だからこそ、生身のセックスの気持ちよさ、そして男と女が体を寄せあうことの素晴らしさを味わいたいものだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | AVについて | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: