FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

鍛え抜かれたペニス

 鍛え抜かれたペニスって、あると思う。オスの生殖器も、肉体と同じで、鍛えれば鍛えるほど、逞しくなるものだ。鍛え抜かれたペニスは、単に使い込んだペニスとは違う。使い込んだだけでは、使いすぎてむしろ疲労していることもある。だから使い込んで色素が沈着しているからといって、鍛えれれたペニスとはかぎらない。
 また、単に大きくてk硬いペニスとも違う。確かに鍛えれば、ある程度は大きくなるかもしれないが、大きさや形状は先天的なものなので、手術でもしないかぎり変えようがない。硬さも重要な要素だが、硬さにも先天的な要素があると思う。

 では、鍛え抜かれたペニスとは、どんなペニスか? まず、鍛えたペニスは、見ただけでそれと分かるものでなければならない。鍛えた肉体は、服を着た状態でもわかるものだ。だから勃起していない半立ち状態であっても、日々のトレーニングとセックスという実践を通して、いかにも逞しそうなオーラを出していないといけない。
 皮がむけ、大きくエラの張り出した亀頭部分、長く太い棹の部分は赤銅色に輝き、青筋だった血管がゴツゴツと浮きでている。全裸の女を前にしても、童貞や少年のようにむやみに勃起させたりなんかはしない。

 鍛え抜かれたペニスは、こうした大きさや形状、硬さもさることながら、女の膣にそれまで味わったことのないような快感を与えることのできるペニスでなければならない。
 そのためには、まず、抜群の持続力が求められる。一時間でも平気で射精することなく、腰を振り続けられなければならない。これは、単なる遅漏とも違う。鍛え抜かれたペニスは、あくまで自分の意志で射精をコントロールできなければならない。だから、女が何度目かの絶頂を迎え、ここで射精すればその感覚で失神する、と判断すれば、瞬時に射精することもできなければならない。
 
 当然、精液を造る能力もずば抜けていて、そのための巨大な金玉もペニスの下に鎮座している。だから、一度射精してもすぐに回復して、連続して何回でも射精することができる。いいかえれば、鍛え抜かれたペニスは、勃起力だけでなく、射精力も求められる。

 鍛え抜かれたペニスの次の条件は、その高いポテンシャルを持ったペニスを、存分に使いこなすだけの体力と、セックスのテクニックも兼ね備えていなければならない。体位や挿入の角度、スラストのスピード、常に相手を観察しながら臨機応変に、ペニスを自在に操らなければならない。

 最後に、鍛え抜かれたペニスは、いつでもどこでも、使えるものでなければならない。野外であろろとも、何人もの人前であろうとも、瞬時に勃起させて、その能力を最大限に発揮する。高度1万メートルの上空でも、海の中でもだ。

 鍛え抜かれたペニスは、指による前技や、舌や唇といったオーラルセックスのテクを使わなくても、ペニス一本だけで、どんな女をも絶頂に導くことができ、まさに女を 「落とし」 、どんなおすましな女をもメスに豹変させてしまう、オスの武器でもある。そんな逞しいペニスを男は理想とし、女はそんな鍛え抜かれたペニスを探し求める。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 男の名器 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: