FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

おっぱいの揉み方・舐め方

 おっぱいの揉み方だが、女性によっては、強く揉まれることに快感を覚えるタイプもいれば、やさしい方がいいというタイプもいる。それと生理前はおっぱいも張っているので、断然、やさしい方がいい。これは揉みながら、相手の女性にそれとなく、 「どちらが気持ちいい?」 と聞いた方が早い。

 おっぱいの舐め方だが、これもクンニの時のクリトリスと同じで、いきなり乳首にはいかず、まわりから舐めあげるのがいい。僕がよく使うのは、舌先を唾液で濡らした上で、おっぱいの山のすそ野の方から、渦巻き状に回転しながら乳首に迫っていくという動きだ。これを左右、何度か繰り返してから、最後に乳首にいく。回りから攻めることにより、意識が段々に乳首にいくから、最後、乳首に到達したときの快感が強くなるのだ。

 乳首の舐め方は、クリトリスの舐め方と基本的に同じだ。舌先でレロレロしたり、吸い付いたり、バキュームをかけたりと、いろいろな愛撫方法がある。クリトリスよりは大きくなっているので、男としては、ついつい激しく愛撫しがちで、これも注意が必要だ。

 特に生理前の女性は敏感になっているので、普段以上にやさしくする必要がある。概して、乳首の小さい女性ほど、敏感で、強い愛撫には痛みを覚えるもの。逆に、大きめの乳首の女性なら、多少、強い愛撫がいい。中には、「歯で軽く噛んで!」 なんて要求してくる女性もいる。もちろん、きつく噛まれると痛いけど、甘噛みなら堪らない快感を覚える、という女性は多い。この場合も、噛みっぱなしではなく、噛んだら直ぐ、乳輪から乳首にかけてペロペロと舐めてあげるといい。噛まれた痛さと、やさしい舌先の動きのコンビネーションがいいみたいだ。

 女性が、上半身を起こしている時、おっぱいは最も美しい形となる。そんなおっぱいに吸い付いている時、男としては、この時ばかりは、唇が二つないことにいらだちを覚えるほどだ。だから左右、交互にもどかしそうに愛撫するしかない。もっとも両手をフルに使うと、片方を揉みながら片方舐めるとか、あるいは左右のおっぱいを中央に引き寄せて、同時に舐めるとかもできる。とにかく、両手と唇を総動員して、複雑な刺激を送り続けてあげることだ。  
 
 おっぱいの愛撫がどれだけ効果的であったかは、バスト愛撫を終えて、クンニしようと股間を開いた時に分かる。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | バスト愛撫術 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: