FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

相手の絶頂に同調してイク女

 「笑いと涙とオーガズムは伝染する」 と書いた。男でも女でも、このことを身を以て体験した事のある人は多いと思う。
 男のオーガズムでいえば、挿入中に、相手の女性が先に登りつめ、膣がギューっと痙攣を始めると、おもわず男も射精してしまう、ということがよくある。心理的には、もう相手をイカせたので、自分は何時いってもいいという解放感と、膣の痙攣がもたらす刺激に、体の方が反応してしまい、同時オーガズムのチャンスかなと、脳内のスイッチが入ってしまい、射精してしまうのだ。

 女性であれば、男の射精にともなうペニスのピクピクという動きに、思わず同調してイクという女性も多い。あるいは、中に出された温かな精液が膣内に広がる感覚で、イクという女性も多い。これも、相手のオーガズムに精神的に同調しつつ、膣に与えられる物理的な刺激も加わって、あっという間にスイッチが入ってしまうのだ。

 この時の、オーガズムって、男も女も、半分は自分の意思、半分は体が勝手に反応して起るものなので、100%自分の意思でイクのとは、また違った快感がある。予定よりは、早かったとしても、満足度の高いオーガズムを味わえる。

 これは、オナニーしている場合にも起る。たとえば、男の多くはAVを見ていて、女優がイク瞬間に射精することが多い。女性も、女優がイク瞬間に、あるいは男優が射精する瞬間にあわせてイクという場合が多い。

 なので、なかなかイケないという女性は、この伝染力をうまく使って、自分もイク、というのを試してみるのもいいかも知れない。自分の快感レベルだけではなく、相手がいま、どのような快感を感じているのかに、意識を集中させる。相手が絶頂トラックに乗ったら、自分が相手になったつもりになって、そのまま快感曲線を一緒に登っていく。

 すると、いつの間にか、自分も絶頂トラックに乗ったかのような気になってくる。そして、いよいよ相手がオーガズムに達した時、相手のオーガズムに同調して、自分の体も勝手に反応していしまい、イッテしまうのだ。
 フェラしている女性が、口内射精された瞬間に、自分も軽くイッテしまう、ということもよくある。とりわけ、乳首なんかを刺激されながらだと、下半身は触れられもしないのに、男のオーガズムに合せてイク、ということが起る。
 あるいは、生でセックスしていて、射精が近づいた男がペニスを抜き、膣外射精をした時も、熱い精液がお腹や胸に飛んできただけで、体をピクンピクンさせながら、一緒にオーガズムを迎えてしまう、という女性も多い。

 これって、肉体だけでなく、精神的な同調感がともなうので、なかなか味わい深い快感となる。コツは、相手が感じている快感レベルに意識を集中させ、自分が相手になった気持になって、相手の快感を疑似体験することかな。
 Mな男を責めるS女が感じている精神的な快感って、これに近いものがあると思うね。立場上、男には悟られないようにするけど、男の射精と同時に軽くイッテいるS女も多いのではないかと思う。それにしても、人間のオーガズムって、不思議なものだね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 同時オーガズム | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: