FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

フェラチオの基本的な舌使い

 フェラチオの時の舌使いとして、まず基本的なパターンを説明しておこう。実際にする時には、これらのパターンを組み合わせることになるけど、基本的なテクニックとして分けて整理しておく。

基本技
(1) 舌の面で舐める
舌を広げて、ペロペロと舐める。単純に上下に舐めるだけでなく、亀頭全体をクルクルと回転させながら、曲面にまとわりつくように舐めると、人間業とは思えない快感がある。舌先を使って裏筋と亀頭の下側を舐めるのも効く。男のイメージとしては、セックスの時に、膣に挿入する際に、亀頭が入口の粘膜と擦れて感じる快感に近い。しかし膣口はそれ自体、亀頭にからみついて動きまわることはないので、よく動く舌の動きがもたらす快感は、フェラチオ独自のものだ。

(2) 舌先を硬くして、突いたり、レロレロと回転させる
尿道口への刺激には、舌先を硬くしてツンツンと突くのが有効だ。舌先をレロレロと回転させる方法は、亀頭の他にも、裏筋などへの刺激にも効く。男のイメージとしては、セックスの時に、奥まで突いて、子宮口に亀頭の先がコリコリとあたる感触に近いかも知れない。

(3) 唇を使ってくわえこむ
亀頭部分だけでもいいし、ぱくっと根本までくわえて、搾り取るように締め付けながら先っぽまで引っ張る。その逆で、亀頭部分からくわえ込んで、ググーと押し込んでいくのもいい。男のイメージとしては、セックスの時に、膣に入れたり、抜いたりというストロークしている時の快感に近い。唇の方が膣よりも、締め付け具合も自在に調整できる。但し、口だと、膣ほど奥まで入れられないことが、膣との違いかな。

(4) 歯による刺激
普段あまり使わないし、これは決して心地いいものではない。だから、むしろ歯は当たらないように気を付けなければならない。ところが、敏感な亀頭は別として、棹の部分であれば、軽く触れる程度だと、時には変わった刺激にはなる。バストへの愛撫の時、乳首を軽く甘噛みして欲しい、と希望する女性がいるのと同じだ。

(5) バキューム
くわえ込んだ後、バキュームをかける。根元までくわえこんでは出来ないので、亀頭部分をくわえた時にすることが多い。裏筋に吸い付いてバキュームをかけるという手もある。ちょっと変わった刺激にはなるが、正直言うと、男にとっては、それほど凄い快感になるというわけでもない。(3)の動きをするときに、バキュームをかけてやると、吸い付き感が増していいかな、という程度だ。男のイメージとしては、セックスの時、挿入したあと、キューと膣が吸い付くような快感に近い。

(6) 喉の奥までくわえ込み、喉の粘膜でもって亀頭部分を刺激する。これはディープスロットの時に使うテクニックだ。この場合は、喉の奥しか使えないので、複合技は難しい。男のイメージとしては、膣の奥まで挿入し、さらに亀頭で奥の窪みをグリグリする感覚に近いけど、喉の締め付け感は、やはり喉独特のものだ。


複合技
(1) (2) (3) の組み合わせ
唇で亀頭をくわえこみながら、口の中で舌を亀頭にからめたり、舌先で尿道口をツンツンとつついたりする。くわえこみながら、舌で裏筋をスリスリしてもいい。これは男にはかなり効く刺激だ。
(3) (4) の組み合わせ
唇で亀頭をくわえこみながら、バキュームをかける。
(1) (2) (3) (5) の組み合わせ
唇で亀頭をくわえこみながら、バキュームをかけ、さらに口の中で舌先で亀頭を刺激する。

 こうしてみると、フェラで使う舐め方って、案外、限定されている。基本は、舌と唇だけで、その組み合わせとなる。最も複雑な(1) (2) (3) (5) の組み合わせが一番気持ちいいかというとそうでもない。バキュームに気を取られて、舌の動きが鈍くなってしまうことが多いからだ。だから、バキュームはせずに、唇で亀頭部分をくわえ込み、舌をペロペロと回転させながら亀頭にからみつく、という動きが一番、気持ちいいような気がする。
 最後に、吸い付いたり、舌でペロペロするときの強さだけど、あまり強すぎても、直ぐに射精しそうで、快感の過程を楽しめない。逆にソフトすぎても、刺激がたりない。もの凄く精神的に興奮しているときには、ソフトなタッチでもビシビシと感じるが、普通の時は、ある程度の強さは必要だ。 どの程度の強さがいいかは、相手の反応をみながら調整すればいい。



スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: