FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

膣の締め付けのバリエーション(1)

 「締りのいい膣」 が 「女の名器」 とされているが、実は膣の締め付けにはさまざまなバリエーションがある。生まれつき小さい膣の場合も、挿入した時の感覚は 「きつい」 と感じるが、これは物理的なきつさであって、必ずしも 「名器」 というわけではない。
 「女の名器」 と呼ばれる膣は、ただきつければいいというものではなく、普段はやさしくペニスを包み込み、男が求める時に、キューっと締め付けてくれる膣を指す。つまり、単なる物理的な小ささではなく、緩めたり、締め付けたりといった「動き」 がある膣を指す。

 こうした動きは、大きく分けて、女の意思でできる随意のものと、女の意思ではできない不随意のものとがある。随意の締め付けは、筋力を鍛えれば、誰でもできるものだ。これはこれで、男にとってはきつい締め付け感となるので、全く無いよりはあった方がいい。しかし、意図的に締め付けられると、なんか射精を催促されているようで、あまり自然な感じがしない。

 男からみて、本当の名器というのは、女性が膣での深いオーガズムを迎えた時に、膣内が間歇的に痙攣し、そのつどペニスを 「キュー」 っと締め付けてくれる膣だ。こればかりは、女の意思でできるものではない。そもそも、自分の膣が痙攣を起こしている、ということ自体、当の女は全く、自覚できないものだ。なので、これを自分の意思で行うなど、不可能だ。こればかりは、膣で深いオーガズムに達するしかない。なので、これは女の側の問題というより、男の側の責任でもある。

 この膣の痙攣は、男が射精する前に始まることもある。男としては、 「あ、今、イッテいるな」 というのが確実に分かるので、安心して自分も射精モードにはいることができる。 射精直前に強い痙攣が起ると、射精そのものが、膣の痙攣によってコントロールされてしまうことがある。つまり、痙攣が起きて膣が収縮すると精液の流れが止まり、膣が緩むと、精液が流れ出す。なので、普段の射精よりも長い時間をかけて全ての精液が流れることになり、それだけ快感も長く味わうことができる。

 それに、痙攣によってペニスもきつく締め付けられるので、射精そのものも、気持ちいい。膣の痙攣は、射精が終わっても、数分間は続く。まるで、まだ硬いペニスの根元を締め付け、血液の逆流を止めて、少しでも長く勃起状態を維持して欲しいかのようだ。男としても、ぐったりとしつつも、痙攣が完全に収まるまでの数分間は、至福の時間だ。それは女をイカせた男だけが味わえる、ご褒美でもあるからだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 女のオーガズムと膣の締め付け | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: