FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

膣の大きさと緩さは別もの (1)

 いろいろな女性とセックスしてみると、解剖学的な意味での膣の大きさには、個人差があると言うことだ。大多数の女性は、ほぼ平均値の中におさまっているけど、中には、極端に小さい女性もいれば、大きな女性もいる。

 膣の小さい女性の場合、大陰唇や小陰唇など、外性器そのものも小さい。膣の入り口の穴も、見るからに小さい。でもって、中はどうなっているのかな、と指を入れようとすると、それだけで「痛い!」となる。膣も濡れていて、指も唾液で濡らしていてもである。 実際、細い指なのに、膣口の締め付けが感じられるほどで、本当に小さい膣だな、と実感する。浅さはどうなっているのかなと、奥まで指を入れようとしても、痛がって、それどころではない。
 
 こういう女性とは今まで、3人ほど出会ったことがあったけど、実際に挿入できたのは、一人だけだった。あとの二人は、どうやっても入りそうになかった。特に僕のは大きいせいか、物理的に無理そうだった。
 これくらい小さな膣だと、よほどペニスが小さめの男でないと、セックスはできないのではないかな、と思う。もちろん、慣れてくれば、普通のサイズのペニスも入るようになるだろうけど、僕のでは無理だ。
 
 逆に、膣そのものが大きい、という女性も中にはいる。こういう女性は、概して体格もよく、おしりも大きい。外性器もよく発達している。
 そして、膣口も大きく、指はもちろんのこと、僕の最大限に勃起したペニスも難なく受け入れる。全く痛がるどころか、正直、入れても反応が薄い。こういう女性の膣に初めて挿入した時には、 「あれ?緩いのかな?」 とか思いがちだ。ペニスを抜いて、指で膣の中をまさぐってみると、膣そのものが全体的に大きいことが分かる。奥も深く、18センチのペニスならなんとか奥に当たるけど、指では奥の壁まで届かない。

 このような膣の女性だと、普通のサイズのペニスを入れられても、押し広げられるような圧迫咸を感じたり、中をかき回されるという感覚も薄いだろうし、ましてや奥の壁に当たる、という感覚も味わうことはできないだろう。

 こればっかりは、生まれ持った体質なので、このような女性は、大きなペニスと持った男と出会えることを祈るしかないかな。まあ、こういう女性は、激しいセックスや、複数の男性を受け入れてもOK、という利点もある。また、男の性器への刺激もどちらかとういうと少なめなので、男が長持ちしやすい、という利点もある。女にしてみれば、長時間のスラストを楽しめるというわけだ。( 実際、締まりの良すぎる膣だと、どんな男も数分でイッてしまい、自分が満足できない、という悩みをかかえることになる )
 早漏でお悩みの男性なら、相手が満足するかどうかを別にすれば、お勧めの相手といえるかもしれない。それに、出産となれば、明らかに安産型だ。

 要は、解剖学的な膣の大小には、個人差があり、こればかりはどうしようもないということだ。しかし、多くの男は、膣の大小と、締め付けのきつさ、緩さとの区別がつかない。というのも、男の性器の場合は、勃起させれば、もう隠しようがなくその大小が明らかだ。しかし、女性の膣の場合、目で見えるものではないので、大きな膣を緩いと、小さな膣をきつい、と単純に勘違いしてしまいがちだ。ここに誤解が生じる。

 だから、男としては膣の締め付けの度合いだけでなく、膣そのもののサイズについても理解すべきだ。そうした事実を知った上で、対処の仕方を考えなければならない。これは女にも言えることだ。自分の膣の締まり具合を気にする前に、まずサイズを知るべきかも知れない。その上で、どう男に対処すべきか、考えればいいのだ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 12:00 | 女の名器 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: