FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

座位のバリエーション

 座位と聞いたら、多くの人は、ベッドの上で男女が両脚を投げ出し、上半身を起こした状態で結合する体位を思い浮かべると思う。これって、正確に言うなら、対面座位だ。当然、座位には背面の座位もありうる。背面座位も加えると、座位のバリエーションは、結構あるものだ。

 対面座位にしても、男が女の下に腰を入れて限りなく、女性上位の形で結合するものから、徐々に女の体を後方にずらしていき、互いに同じ高さで結合するものまである。当然、前者の方が深く入り、後者になるに従って、結合は浅くなり、抜けそうになる。男にとっては、ペニスの上側に女の体重の圧力がかかるので、快感はほとんど無いので長時間、耐えることはできるけど、圧力が強すぎると、ペニスが痛くなるかも。

 しかも浅くなるほどに、動くと抜けてしまうので、動けなくなる。まあ、じっと抱き合ってキスするなら、腰の動きは不要だけど、下半身が離れていって、上半身だけが密着するというのもアンバランスだ。

 この状態から、さらに女が両手を後ろに着いて、上半身を後ろにそらせることもある。男も同様にすれば、真横から見たらV字に見える。しかし、ここまでくると、座位といよりは、限りなく女性上位の変形になってくる。
 しかも、この姿勢では、男は絶対に腰を動かせない。女が動かすしかないけど、それでもペニスの上側しか刺激できないので、射精にいたることはない。まあ、結合部は丸見えとなるので、どちらかというと、AV的な体位かな。

 座位というのは、やはり、上半身が密着しているか、近づいているものを指して呼ぶべきだと思うね。座位のいいところは、女性が上側から深く結合した状態で、なお且つ上半身を抱きしめあうことができる点にあると思う。

 問題は、この姿勢って、女には楽だけど、男にとっては、背中を曲げなければいけないので、長時間は難しい。これを解決するいい方法がある。それは、椅子を使うことだ。できれば、背もたれつきで、左右に肘掛けのないのがいい。男が椅子の深く腰掛け、その上から女性がまたがるのだ。女性が恥ずかしがるようだったら、駅弁から移行してもいいけど、駅弁というハードな体位の後には、やはりV字開脚正常位みたいな、ハードな体位が似合うので、やはり、女性にまたがってきてもらうのがいいかな。
 シティー・ホテルにはこうした椅子が常備されているけど、ラブホテルにはソファーはあっても、こういう椅子がないのが不満かな。

 背面座位は、それほど男にとっても負担はないので、長時間、続けられる。しかし、肝心の抱きしめ合うということができないのが欠点だ。せいぜい、後ろから抱きしめ、両手でおっぱいを愛撫するぐらいかな。女が振り向けばキスは可能だけど、長時間は難しい。 まあ、敢えて焦らすのなら、背面座位もいいかも。そんな場合は、キスしながら、右手でおっぱいを、左手でクリを愛撫するのが効果的だ。

 背面座位へは、背面での女性上位から、男が上半身を起こすのが一番、自然かな。四つん這いバックから男が倒れ込む方法もありそうだけど、なんか抜けそうであまりやった記憶はない。
 背面座位から、鏡の前に移動して、女の両脚を大きくV字に開いてもいいし、起き上がって、背面の駅弁に移ってもいい。こうしてみると、はやり背面の座位も、つなぎの体位ということになるのかな。

 もし、背面座位を長時間楽しむなら、対面座位と同様、椅子の上で結合するのがいい。できれば、これも鏡の前なんかでやると、それほど動きがなくても、結構、卑猥だ。それにシティー・ホテルの椅子って、必ず机と鏡の前にあるので、ごく自然に鏡の前でのセックスとなる。
 ソファーにはソファーの活用法があるけど、ラブホテルには是非、座位のための椅子も置いて欲しいね、それも鏡の前に。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | セックスの体位 (座位) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: