FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

生理前のおまんこを舐めて速攻で挿入

 とあることで知り合った、20歳の女子大生。何度かセックスしている関係だった。初めて家に遊びに来た時のことだ。セックスを期待していたのに、時間がないから今日はもう帰るとのこと。彼女にしてみれば昨日したばかりなので、今日はないと思っていたらしい。
「じゃ、ちょっとだけでも、舐めさせて...」 と、ベッドに横たわる彼女の両脚を広げて、ピンクのパンティーに包まれた股間に顔をよせる。
「昨日の夜から履いているから、汚れているとおもうけど...」
通常の汚れと言うよりは、生理前というだけあって、あの独特のきつい匂いがパンティーごしにツーンと鼻にくる。悪臭ではないが、甘酸っぱい匂いでもない。とにかくメスを感じさせる匂いだ。

 ところがだ、この匂いを嗅いでいるうちに、なんとズボンの中でペニスが急速に勃起してしまい、もう、やりたいモードに入ってしまった。メスの匂いとはおそろしい。昨日も、彼女とセックスしたばかりだというのに。
 パンツの中で痛いほどになっているペニスを自由にしてあげるべく、目の前でズボンを脱ぎ捨てた。勃起したペニスを見せつけられたからか、入れられることを覚悟したのか、結局、セックスすることになったけど、短い時間しかなかった。

 パンティーを脱がすと、プーンとさらに強烈な匂いが漂う。パンティーを裏返してみると、白っぽいおりものが線上にこびりついて乾いている。一晩履いている割には、オシッコの跡が全くない。匂いを嗅ぐと、頭がクラクラする。「まさか、この強烈な匂いのおまんこを舐めるの...?」 という思いが交差する。
 おまんこの方を見ると、小陰唇のまわりにパンティーに付着しなかった粘液がまだこびりついている。これが固まると、白っぽい痴膏になりそうだ。これから舐めるかも知れないオマンコを少しでもきれいにすべく、パンティーの裏側で割れ目の粘液を拭き取った。これでパンティーには二カ所に白い筋ができた。

 パンティーを放り投げて、股間に割って入った。ここで 「舐めてあげるから、シャワー浴びておいで」 とは言えない。それに時間も20分しかないし。これだけ汚れたおまんこを舐めるのは初めてかも知れない。意を決した僕は、目を閉じて、舌先を割れ目に這わした。すぐさま、ツーンとした匂いと味が舌先に伝わる。一舐めしてしまえばもう同じだ。ゆくくりと舐める場所を広げていく。舌先を通して匂いと味が口の中に広がっていく。いくら舐めても強烈な匂いと味は薄まることがなかった。

 思い切って、舌先を膣の入り口付近にもっていくと、愛液とは別の液体のトロリとした舌触りと、舌先が痺れるような苦みが伝わってくる。その源を探るかのように、膣の奥深くに舌先を差し込む。もう何でもやっちゃえ。ついに舌先を洗ってないお尻の穴へ! さすがに何とも言えない濃い匂いがするが、お構いなしに舐め回す。さすがに彼女もこれだけ汚れたおまんこやお尻の穴を舐められて、気持ちよさそうな声をあげている。極めつけは、舌先を固くして、お尻の穴の中に差し込んだ! その瞬間、彼女も大きくのけぞり、気持ちよさそうな声をあげる。それに勇気づけられ、さらに舌を差し込む。

 舐めるのはもう十分だった。すぐにスキンをかぶせ、両脚をかかげペニスを突き入れた。あれだけ濡れているのに、入り口付近で少し押し戻される感触があったが、一気に奥まで押し込む。やはり彼女の膣は小さく、僕の大きなペニスではキツキツだろう。
 じっとするまもなく、両脚を広げ、結合部を見ながら、大きくペニスを出し入れした。時間もあと10分ぐらいしかなかったから、我慢する必要もなかった。大きなスラストに彼女も顔を歪めている。
「ねえ、痛いの?それとも気持ちいいの?」
「内緒...」
きっと気持ちいいんだろう。

 気がつくと、彼女も僕も下半身だけ露出して、互いの性器をはめ合っていた。裸で抱き合いたくなり、結合したまま上着を脱がせ、ブラを上にたくし上げて、オッパイを吸う。自分も上を脱ぎ、全裸になって覆い被さり抱きしめる。キスをし、いよいよフィニッシュへ。時折、痛がるみたいだが、最後まで激しく突いて、中に出した。連ちゃんなのに、相変わらず、凄い量の精液がでた。スキンの処理をしていると、
「シャワー貸して」
と全裸になってシャワー室へ駆け込んでいった。

 20分間の速攻だったが、汚れたおまんこを舐め、下半身だけ裸で結合するなど、今まで経験のないセックスだった。彼女のパンティーを手に匂いを嗅いでいると、彼女がシャワーから戻ってきた。
「ねえ、このパンティー、ちょうだい」
「え...何するの?」
「○○の匂い嗅ぎながら、オナニーしたいから...」
「いいけど...」

 結局、彼女はその日、ノーパンで帰ることになった。駅で別れ際、彼女の方から身を寄せてきたのがかわいかった。そっと抱きよせて頬づりあった。汚れたおまんこを舐めてくれたからか、セックスが気持ちよかったのか。男としては嬉しくて、人前だったけど、堂々と抱き寄せてお別れのキスをした。
 部屋に戻ると、ベッドの脇の床に彼女のパンティーが無造作に落ちていた。拾い上げてパンティーを裏返して匂いを嗅ぐと、やはり強烈な匂い。よくもこんな匂いのするおまんこを舐めたものだなと、自分でも感心してしまった。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 体験談-匂いフェチ | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: