FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

ペニスは動かないと快感を生まない

 女には当たり前過ぎる事実だけど、男にはちょっと分かりにくいこと、というものがいくつかある。その一つが、女性にとって、ペニスは動かないと快感を生まない、というものだ。なぜ男には分かりにくいかというと、男にとっての動き、即ちスラストは、射精に至るための行為なので、「気持ちいい」 というのとは、少し違うレベルなのだ。
 実際、男の場合、温かい膣の中に入れているだけで気持ちいいし、動かさなくても、女に締め付けられただけで、射精までいってしまうぐらいだ。なのでこの男女間の違いは、男の方が常に意識しておく必要がある。

 ところで、ペニスの動きといっても、いくつかの種類がある。挿入という行為は、男女ともに気持いい。しかし、女がペニスが入ってくる時が気持ちいいと感じるのは、特に最初の時だ。それは膣口が擦られることから生じる気持ち良さで、まさに動きがあるからだ。
 そのペニスがさらに進入してくると、異物が体内に挿入される違和感、ゾクゾク感があるようだ。ところが奥まで全て入れられると、そこで動きが止まってしまう。しかも、ペニスに馴染んでくると、中に入っているという充実感はあるものの、直接的な快感が生み出されることはない。

 ところが、女はペニスを引かれると、中の壁を擦られる快感が走る。特に、ペニスのカリが張っているとその感覚が強くなる。あるいは、ペニスそのものが太ければ、そのまま内臓を引き抜かれるような感覚、おまんこがめくられるような凄い快感に襲われるようだ。

 男は、ペニスを押し込む時に快感を感じる。それは感度のいい亀頭部分が擦られるからだ。亀頭の形状って、入れる時のスムーズさを優先して 「設計」 されている。抜く時のスムーズさではない。なので、男にとって抜く時はそれほどというか、ほとんど気持ち良くはない。包茎ぎみなら、引く時に皮が亀頭を覆ってしまうし。

 男にとって、快感を感じるためには、つまり押し込むためには、引き抜かないとできない。男がペニスを引いて抜くのはそのためだけだ。興奮している時には、このスピードも猛烈に速くなる。早く押し込みたいから、早く抜く訳だ。しかし、女性にとっては、あまりに早く抜かれると、快感をゆっくりと味わう暇がない。

 但し、大きな動きがなくても、奧に当たっている場合は別だ。亀頭が奧に当たっていれば、小刻みな動きだけで、女をイカせることもできる。
 それにしても、男は入れる時に快感を感じ、女は抜かれる時に快感を感じるというのは、何ともうまくバランスが取れているものだ。だからこそ、男と女は永遠に、ペニスと膣を擦り合せるようにプログラムされている。

 男にはこの引かれる時の感覚がわからないものだが、唯一、体験できる場所がある。それはお尻の穴だ。お尻の穴に綿棒なり、指を入れてみると、女の膣の感覚を体感できる。入れられる時よりも、抜かれる時の方が何倍も気持ちいいこと、その引かれるスピードもゆっくりの方が味わう時間があること、中でじっとされているだけだとあまり快感がないこと、などがよく分かる。
 女の快感を考えたら、男としては 「ゆっくりと引いて、奥深くまで突く」 というスラストが基本だ。




スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | スラストの技術 (基礎編) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: