FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

絶頂トラックに乗せるためのスラストのリズム

 女性を絶頂トラックに乗せるためのスラストには、どうやら最適なリズムというのがあるようだ。しかも、一度、絶頂トラックに乗せたら、それを維持するためにも、最適のリズムを維持しなければ意味がない。まあ、これは男のオーガズムにもいえることで、挿入以外でも、テコキにしても、フェラにしても、最適なリズムというのがある。このリズムは、どうやら男女ともに共通しているようだ。だって、これがずれていたら、挿入しての同時オーガズムなんて、できなくなってしまうしね。

 では、最適なリズムって、どのぐらいの間隔か? これについては、「絶頂トラック(2) なぜ早い動きがいいのか?」でも触れているけど、その時は、経験から、アバウトに1秒に2回の動きとして説明した。この間隔だと、10秒間で20回動かす計算になり、1分で120回、これを3分は続けるとして、合計で360回にもなる。そして絶頂トラックに乗ってしまえば、3分あれば十分だ、と書いた。

 その後、このリズムをあらためて計測してみた。すると、やはり1秒に2回から、それより少し多い、2.5回のリズムで動いていた。そしてフィニッシュになると、1秒に3回のリズムになっていた。もちろん、最初から1秒に3回のリズムでも構わないと思う。それだけ相手にも強烈な快感となるが、それだけ自分にもかえってくるので、射精までの時間は短くなるかもしれない。
 1秒に3回のリズムだと、10秒で30回、1分で180回、3分で540回もに達する。これだけスラストするには、どのぐらいの間隔で腰を振ればいいか。男性の方は、鏡の前に立って腰を振ってみるか、布団をまるめて覆い被さり、正常位で突いているつもりになって、時計を見ながら、シュミレーションしてみるといい。 
 
 10秒で30回って、結構なスピードだ。シュミレーションをするなら、3分間、この動きを続けてみるといい。これをワンクールとして、一日、数回、このスピードで腰を振るトレーニングをしておくと、実践の際に役立つかもしれない。

 もっとも、実際のセックスでは、射精直前の男はみな、このリズムで腰を振っているのだけどね。言い換えると、相手を絶頂トラックに乗せたいと思ったら、射精直前に無意識のうちにしている早い腰の振りに切り替える、ということになる。問題は、どれだけ射精を我慢できるかだけど、それは経験とトレーニングで鍛えるしかないかな。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 絶頂トラック | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: