FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

おしっこプレーでM女からS女へと変貌した女

 「恥ずかしそうに飲まれるM女 VS 無理やりに飲ませるS女」で書いたように、最初は恥ずかしそうにしていた女性も、回数を重ねていくと、おしっこを飲ませることに快感を覚えるS女になることがある。今回はそんなお話し。
 
 とある女性と初めてのおしっこプレーをしたことがある。もともと少しSっ気があったのか、飲まれれる恥ずかしさだけでなく、飲ませる快感のようなものを感じているようだった。実際、おしっこを飲んだ後の定番のお掃除クンニでは、あっさりと初めてのクンニ・オーガズムを体験してしまった。さらに、その後のセックスでも、生まれて初めての中イキを経験することに。本人曰く、「やっぱりおしっこを飲まれた後だと、興奮するね」とのこと。

 その後、会う度におしっこプレーをしていたが、彼女の場合、3回目あたりから、完全にSに目覚めてしまったようで、どんどん、過激になっていった。いつものように顔面騎乗で飲ませてもらおうとした時のこと。この時はアイマスクを着けていた。クンニしていて、尿道口からしずくが漏れ、おしっこ臭い匂いがしてきたので、いよいよかと思っていたら、急におまんこが口から離れた。どうしたのかと思っていたら、急に口をめがけて勢いよくおしっこをしてきた。慌てて飲み込もうとすると、目に入るわ、枕は濡れるはで、大変なことに。おまけに「ほらほら、こぼしてるよ!」と怒られる始末。どうやら、このプレー、彼女としては確信犯だったみたいだ。

 その後、一旦おしっこを止めて、コップに残りを出した。また後で飲まされるのかと思うと、興奮と同時にちょっと辛いかなという思いがあった。その後はお決まりのお掃除クンニ。彼女が顔面騎乗クンニでイッタあと、寝ている僕の上に跨がって挿入となった。もちろん、コップのおしっこを飲まされながらね。味がかわって、おしっこの匂いにむせながら何とか飲み干し、射精まで腰を振られてしまった。

 その次に会った時には、じょうごとチューブでの強制飲尿プレーとなった。自家製の道具を見せたら、興味津々、「これやろう、これいい」とノリノリ。早々、横たわる僕にチューブをくわえさせ、顔の上に立つと、「いくよ」とおしっこを出し始めた。黄色い液体がじょうごから透明なチューブに移り、あっという間に僕の口の中へ。もう飲むしかない。ただ、意外なことに、空気に触れないせいか、おもっていたよりもおしっこ臭くなかった。

 途中、じょうごにおしっこが溜まりすぎると、おしっこを途中で止める余裕が。こうして出しては飲ませ、出しては飲ませで、ついにコップ2杯ぶんぐらいの大量のおしっこを一滴もこぼさず飲まされてしまった。チューブの中のおしっこが見えるだけに、ごまかしが効かないので、もう時間をかけてでも飲み込むしかない。苦しそうに飲んでいる僕を笑いながら上からみている彼女。

 全て飲み終えると、「これいい、これ面白い!」と大満足の様子。複数のじょうごを連結して、複数の女のおしっこが飲まされるプレーがあることを教えて上げると、「それやってみたい!今度、やろう!」とノリノリだった。まあ、これは実現しなかったけど、実際にやったらお腹はゲボゲボになるだろうね。だって、一人だって全て飲まなければならないので、お腹いっぱいになってしまうぐらいだから、二人、三人だったら、もう拷問に近いかな。

 次に会った時は、着衣放尿プレーとなった。といっても、パンツを脱いで、タイツを履き、そのままお漏らしをするというもの。二人で風呂に行き、仁王立ちする彼女の股間に割ってはいり、跪いておしっこをパンスト越しに飲むというプレーをやらされた。あふれ出るおしっこは、パンストの網目にそってあちこちに流れていくので、案外、きれいに飲むことができなかった。仕方なく、濡れたパンストの上から太股からふくらはぎへと、にじんだおしっこを舐めとることしか出来なかった。

 その次に会った時は、僕が全裸になって風呂場に横たわり、仁王立ちしている彼女が僕の体めがけておしっこをかけるというプレーとなった。最初は勃起したペニスめがけて、僕の下半身を狙っていたけど、僕が無意識のうちに口で受けたいと思ったのか、起き上がろうとしているのを見て、遠慮なく顔におしっこをかけてきた。大きく口をあけて飲み込もうとする僕。しかし、勢いを増したおしっこは、口からはずれて、顔じゅうや、髪の毛にまでかかる。もう全身、おしっこだらけになりながらも、全身で彼女のおしっこを受け入れた。全てを出し終えると、浴室はもうおしっこの匂いが充満している。
「凄いことになっているね」
とそれでも、嬉しそうに僕を見下ろしている彼女。いや、男としては、かなり屈辱的なプレーだ。まだ口の中に直接入れられ、飲まされる方が良心的かな。

 その後も、どんどん、エスカレートしていった彼女だけど、いつの間にか、自然消滅してしまった。きっと、ひととおりのプレーをやりつくして、おしっこプレーにも飽きてしまったのかな。それともS女としては、他のM男を見つけて、おしっこプレーを楽しんでいるのかも知れないね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 体験談-おしっこフェチ | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: