FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

ペニスの硬さと異物感の変化

 女性にとって、膣内に入ってくるペニスって、基本的に異物である。男にとっては、膣内に挿入するのって、本来入るべきところに入ったという感じで、温かかく、ぬめぬめしていて気持ちいい。なので、間違って異物の中に入れてしまった、という感覚は全くない。しかし、女性にとっては違う。そもそも膣内って、粘膜でできているので、感覚は通常の皮膚と比べ、格段に敏感だ。おまけに、痛みもあれば、快感もあるという場所だ。

 女性にとっての理想的な挿入は、愛撫の流れの中で、気がついたら互いの体が合体していた、というものであると書いた。これって、異物感ゼロの自然な挿入を意味している。しかし、いわゆるポリネシアン・セックスの場合を別として、イカせるためには、多少の異物感も必要だとも書いた。

 ところで、とある女性と非ピストン系のスラストの「実験」をやった時のこと。女性の口から、非ピストン系の場合には、ペニスの長さや太さの他に、硬さも大事、というコメントがでた。確かに、ペニスが柔らかければ、奥深く入れたまま腰を回転しても、たいした刺激は生み出さない。
「ということは、やはりペニスにとっては硬さが一番大事だということ?」
「そうね、でもあんまり硬いと、異物感がでてくるけど」

 これは僕にとってハッとさせられた一言だった。そうか、女性が感じる異物感というのは、硬さと密接に関係している、ということに気がつかされたからだ。

「でも硬い方が気持ちよくない?」
「カチカチのオチンチンで乱暴に中をかき回されたら、痛いだけだし、ものすごく異物感があるよ」
「でも、僕のも大きいだけでなく、硬くない?」
「すごい硬いよ」
「じゃ、異物感がないの?」
「ないかな、これって、相性の問題なのかな」
「分った、好きでもない男のペニスだと、カチカチだと異物感があるけど、好きな男だと、異物感が快感にかわるということかな」
「そうかも」
「確かに、無理やり入れてきた男のペニスがフニャチンだったら、入れられている感じがあまりしないよね。それでいて小さかったら、入っているのかいないのかも分らないぐらいだからね」
「確かに」
「だけど、好きな男のだったら、硬い方がいいでしょ」
「そうね、硬い方が嬉しいかな」
「柔らかいと、私の体、そんなに魅力ないのかな、って思ってしまうよね」
「女の子はそう思っちゃうかな。それに、硬い方が気持いいし」

 こんな会話を交わしながら、昔、フーゾクの女性と、ペニスの硬さについて話したことを思い出した。硬い方がいいにきまっていると思っていた僕に対し、「カチカチだと痛いから、硬すぎるのも善し悪し」とか言っていたのを思いだした。好きでもない男を受け入れる女にしてみれば、硬いペニスは、たとえ痛みを感じないにしても異物感を感じるんだろうね。一日に何本ものペニスを受け入れる女にしてみれば、小さめで、なんとか挿入できるぐらいの柔らかいペニスの方が、痛みもなく、異物感もないので、楽ちんだろうね。

 しかし、好きな男とセックスする場合となると、話が違ってくる。大きくて硬い方が、女としても嬉しくなるし、膣が感じる快感も桁違いに大きなものとなる。
 いや、異物感を感じるペニスというのは硬さと関係しているだけでなく、相手との関係によっても感じ方がまるで逆になるということだ。女性の膣と心って、なかなか複雑だね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 膣の中のペニス (女から) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: