FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

セックスでの非ピストン系の動きー実践編(2)側位・四つん這いバック・寝バック

続いて側位でやってみた。浅い挿入では、左右、回転運動とも今ひとつで、やはり上下の動き(正常位では左右の動きに相当)が一番、感じるという。半分いれた深さでも、一番は上下、次に回転運動、最後に左右の動きとなった。奥まで入れた状態だと、どれも気持ちよくて甲乙付けがたいけど、強いて言えば左右が一番で、次が回転運動、最後が上下動となった。
 側位のメリットは、亀頭が膣天井に当ることなので、予想はどの深さでも左右が一番にくると思っていた。これは、実見をしたときの挿入がニュートラル・スラストでやったためだろう。初めから、膣天井直撃の角度にしてやれば、予想通り、左右が一番になったことだろう。実際、奥までいれた状態では、左右が一番になっている。

 続いて四つん這いバックへ。やってみて分ったのは、四つん這いバックの状態で、男が浅めに、あるいは真ん中までペニスを挿入した状態で、腰を上下、さらには回転運動をすること自体、肉体的に難しいということだ。例えば、上下に動かそうとしても、体の構造上、上に動かしようがない。

 そこで女性に両脚を広げ気味にしてもらい、こちらも腰の位置を下げるようにした。そうすると、多少は腰を上に上げることができる。あるいは、女性に前屈みになってもらい、男が両膝を着くのではなく、中腰で立つようにすれば(膣天井直撃四つん這いバックの姿勢)、腰を上に動かすことはできる。しかし下げるとなると、まるでスクワットをやるようで、体力的にきつい。

 対して左右の動きはそれほど難しはない。回転運動となると、上下の動き同様、難しい。そこで思いついたのが、男が片脚を立てる姿勢だ。そうすると多少は、腰を回転しやすくなるが、あまり大きな円運動はできない。こうすると、前後の動きも、多少は斜めになるが、やりやすくなる。
 で、女性の反応だが、一番は、左右、次に前後、最後に回転運動となった。やはり、ちゃんとした動きがきるのは、左右だけなので、刺激も多かったのだろう。

 奥まで入れると、また状況が違ってくる。男がやりやすいのは、左右、上下、最後の回転運動の動きであるが、女の反応は、一番に上下、次に左右、最後に回転運動だった。
 四つん這いバックをまとめると、どの深さであれ、男にとって回転運動は非常にしずらいため、大きな動きにならず、女性にもあまり好評ではない。よって、浅めであれば左右、奧まで入れれば上下の動きが好評であった。

 寝バックの場合はどうか。これだと浅めができないので、深く入れた状態で試してみた。寝バックだと、男もどんな動きでも自由自在だ。女性の評価は、一番に回転運動、次に前後、最後に左右の動きだった。やはりこれは男が自由に動けたことが、回転運動が一番になった原因であろう。よって、寝バックの時は、回転運動を中心に、ときおり上下の動きを入れる、というのが効果的ということだ。


スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 非ピストン系の動き | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: