FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

セックスでの非ピストン系の動きー理論編

 セックスでの非ピストン系の動きとは、どんなものか。一口に非ピストン系と言っても、単純なものではない。ここで、非ピストン系の動きには、一体、どんな種類があるのか、それらの多様性を構成している諸要素を整理しておきたい。
 まず、非ピストン系の動きの定義であるが、これは文字通り、挿入してもピストン運動をしない、というものである。

 非ピストン系の動きとしては、大別して、挿入した状態で、(1)男が腰を前後に振るか、(2)左右に振るか、(3)回転させるか、の3通りある。実際には、左右の振り前後の動きが少し加わると、楕円形の動きとなり、女性には、回転しているかのように感じられる。なので、この3つの動きは、現実にはシームレスに繋がっているのであるが、便宜上、3つにわけることとする。

 挿入の深さも、大別して、三段階に分けられる。(1)亀頭だけを入れた浅めの挿入、(2)ペニスを半分ほど入れる挿入、(3)ペニスを全部入れる。(1)の場合は、膣の入口を刺激することに、(2)の場合は膣天井を刺激することに、(3)の場合は膣奥を刺激することになる。

 挿入の向きも、大別して、(1)対面での挿入、(2)背面での挿入、(3)側面での挿入と3つある。もちろん、これも理論上は360度、シームレスなものであるが、現実には、この3つに分ければいいであろう。

 非ピストン系の動きとは、以上の3要素(それぞれが3つに細分化されるので、総数は9となる)が組み合わさったものとなるので、理論上は、実にさまざまなやり方があるということになる。

 次に、より実践的に、体位の視点からみてみたい。ここでは、三つ目の要素である、結合の向きによって分けてみたい。

 対面
 正常位(直角正常位・抱きしめ正常位・屈曲正常位)
   寝たままロディオ(男正座・男跪き・男立ち・台利用・風呂の浮力利用)
    座位
    女性上位
 駅弁
 背面
 四つん這いバック(抱きしめ・片脚あげ・正座・蹲踞)
   立ちバック
    寝バック
     背面寝たままロディオ(女の両脚を持ち上げる)
    背面座位
    背面女性上位
    背面駅弁
 側面
    側位
側面女性上位

 このうち、女性上位での前後の動きと、寝たままロディオは、 やっていることは同じだ。違いは、女性上位では女性が垂直になるのに対し、寝たままロディオでは男が垂直になる点だ。言い換えれば、女性上位では男が横たわるのに対し、寝たままロディオでは女が横たわる点にある。同じ姿勢でも、重力のかかり方が違うので、男女とも、感覚は微妙に違って来る。それと、もう一つ、大きな違いは、女性上位では女が腰を前後に動かすのに対し、寝たままロディオでは、男が女の腰を上下に動かす点だ。この違いも女の快感に大きな違いを生み出す。

 従って、上記の3つの要素に加え、挿入した後、男女のどちらが動くか、によっても、(1)男が動く、(2)女が動く、(3)男女の両方が協力して動く、の3つに分けることができる。
 この、誰が動くのか、というのも忘れてならない重要な要素だ。女性上位で女性が腰を前後に振る場合、動くのは女性だが、寝たままロディオでは男が動かす。一方、座位の場合、女性が積極的に腰を振ってくることもあれば、男が腰を持って振る場合もあるし、両方が協力する場合もある。 



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 非ピストン系の動き | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: