FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

騎乗位ー女の姿勢で変わる二段階の深さ

 僕のペニって最大限に勃起すると、真っ直ぐではなく、バナナ型に曲がってしまう。バナナ型というのは、日本刀のように上に反り返って、おへそにくっつくようになるのではなく、反対に下側に反るのだ。なので、ペニスそのものはお腹の方に向って首をもたげても、下側に反っているので、真横から見たら、水平に勃起しているように見えてしまう。おまけに、ゆわゆる「コブラ型」というペニスで、亀頭とその直ぐ下の棹の部分が太くなっていて、そこから根元にかけては、すーっと伸びている。

 こうした形状のせいか、女性上位で女性から跨がるのも簡単にはいかない。膣口を通過するところで痛がる女性が多く、すんなりと奥まで入ったためしがない。正常位でも挿入時には痛がる女性が多いぐらいだからね。自分から好んで痛いことをしたがる女性がいるわけがない。挿入の途中で痛さに耐えられずに、一旦抜いて、再度、トライする女性もいれば、ゆっくりと時間をかけてなんとか根元まで飲み込む女性もいる。

 何度もこういう経験をしているので、女性上位が女性主導のセックスで、M男を責める体位であるなどとは、一度も思ったことがない。たとえ何とか根元まで飲み込んでも、あまりのきつさと快感で、もう今にもイキそうとなり、とても自分から腰を振れるような状況でもない。そんな時に僕が下から腰を振ってあげると、あっさりとイッテしまう。イッテもイッテも腰を振り続けると、どう考えても僕が女性を責めていることになるんだけどね。

 それはさておき、こういう形のペニスなので、女性が対面の女性上位で跨がって来ても、ペニスがお腹側に向って圧迫されるので、根元近くの棹がお腹に着き、バナナ型にカーブしたペニスの2/3ぐらいしか、挿入されないことがある。それでも、18センチあるペニスなので、女性にとっては15センチぐらいは入っている感覚になる。しかもコブラ型なので、挿入感は半端ない。
 大抵の女性は、これが女性上位だと思い、そのまま前後の動きを始める。これだけでも、女性にとっては十分に気持ちいいと思うが、僕としては、中途半端な挿入感なので、どこかで奥まで入れたくなってしまう。そこで
「まだ、全部はいってないんだけど………」
「えっ……うそ」
「ほんとだって、じゃあ、膝を起こしてM字開脚で跨がってみて」
「痛っ……」といいながらも、何とか大きなペニスを飲み込んだまま、M字開脚になる。いこうすると、寝かされ気味だったペニスも真っ直ぐに立ち上がるので、18センチの全貌が姿を現わす。
「うわっ……あっ、奥まで届く………」
「だからいったでしょう?」
「すごい、なんかお腹の奥まできている………」

 男の僕が聞いても生々しい描写だ。先ほどとはまるで違って、お腹の奧の方まできているペニスの姿が、まるで見えるかのようだ。
「その格好で今度は上下に動いてみて」
「こう?」
大抵の女は、たった2~3センチの上下動しかしてこない。これって、多くの男がスラストしていても、実際のペニスはたった2~3センチしか動いていないのと同じだ。
「そう。もっと大きく動かせる? 亀頭が抜けるギリギリまで腰を上げて、そしてまた根元まで入れて………」
女性の体をリードするかのように、持ち上げる時に両手で支えてあげる。
「ああ………やだ、これ……お腹の奥まで来る………」
「これが上下動の女性上位だよ」

 しかし、ほとんどの女性は、膣への刺激が強すぎるのか、自力でこの動きを続けられる女はまずいないかな。
「これ、きつい………」
「じゃ、前後の動きにもどす?」
「うん」となる。しかし、もうペニスのフルサイズを飲み込んでいるので、前後に動いても、快感は先ほどとはまるで違う。僕がじっとしているだけでも、女の方で勝手に登り詰めてくれるから楽だ。

 しかし、僕のペニスの形の威力がさらに発揮されるのは、背面でのM字開脚で跨がる体位だ。奥まで入るだけでなく、亀頭部分の膨らみが、女性が背面になった結果、膣天井を直撃するからだ。前後に動かしても、上下に動かしてもね。
 イッテぐったりした所で、今度は僕の方から腰を上下に激しく打ち付けると、もうイキっぱなし状態となる。しかも、女を拘束しなくたって、もう自分からは身動きできない状態だからね。心の中で、「女性上位を甘く見たら、痛い目に遭うよ!」と思いながら、ペニスの大きさと形状を最大限に生かしながら、何度も何度もイカせる僕であった。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスの体位 (女性上位) | CM(1)

この記事に対するコメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2019/12/11 18:25】 | # [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: