FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

奥まで突くのは、何度もイカせて膣内をほぐしてから

 ある程度大きなペニスだと、初めて入れる女性は、まず挿入の際に痛がるかな。特に僕のは、先が太くなっているいわゆる「コブラ型」なので、なおさらだ。
 きつい膣口を何とか通過しても、膣奥まで突くと、ここも痛がる女性も多い。なんせ、18センチあるし、亀頭部分までカチカチなので。生まれて初めて感じる圧迫感に、最初から「奧が気持ちいい」という女性は、2~3割かな。

 そんな時は、無理をしないように、正常位で挿入したら、まずは入口の高速ピストンでイカせてあげるようにしている。そして側位にもちこみ、ここで初めて膣天井を刺激してあげ、膣天井でイカせてあげる。角度によっては、側位でも痛がる女性がいるので、こういう時は無理をせず、すぐに四つん這いバックに切り替える。

 四つん這いバックって、実は非常にユーティリティーの高い体位だ。挿入さえできれば、女性の膣内の快感エリアのどこでも、自在に突ける。
 最初は無難に入口の高速ピストンをお見舞いする。コツはあまり深く入れないことだ。おおきくゆっくりとしたストロークから、徐々にスピードを上げていく。絶頂トラックに乗せるまでは、スピードを緩めないことだ。一度、絶頂トラックに乗せてしまえば、もうこちらのもの。何度でも面白いようにイカせることができる。

 続いて、女性の両脚を少し広げさせて、やや上側から突くと、もう一つの快感エリアである膣天井を亀頭が直撃する。女の反応が一段、上がるので、ポイントを突いていか否かは直ぐに分る。あるいは、「おしっこもらしそう」と訴えてくる女性もいる。そんな時は「おしっこじゃなくて、潮だって」と説明し、突き続けることだ。
 もし側位でも一度イキ、膣天井でイケることが分っていれば、バックにしてから、いきなり、膣天井を刺激してもいい。そこで何度かイカせた後、休憩を兼ねて、スローなストロークに切り替え、おもむろに膣口の高速ピストンに切り替える、という手もある。

 ごく稀に、膣口の高速ピストンよりは、膣天井の方が感じるという女性もいる。順序はどうであれ、感じる方をさぐって、そこを徹底的に責める。もし両方が感じるなら、両方を交互に責めるという手もある。

 こうして何度かいかせたあと、いよいよ、膣奥まで押し込んでみる。最初は痛がっていた女性も、この段階になると、膣内もほぐれてくるのか、快感で麻痺してくるのか、痛がる女性はほとんどいなくなる。それどころか、「奧、気持ちいい………」などと、声を振り絞るように訴えてくる。「最初に痛がったのは何だったんだ」と思ってしまうほど、あっけなく奧の気持ち良さに目覚めてしまう。こうなると、もう膣口、膣天井、膣奥と、3個所のどこででも、自在にイカせまくることができる。

 最後、僕は正常位で抱きしめ合いながら射精することが多いけど、バックから正常位にし、奥まで突きまくっても、もう女性は痛がるどころか、感じまくっている。特に射精に向けてラストスパートをかける時とか、射精の瞬間とかは、どうしても奥まで突いてしまう。しかし、このような手順を踏んでいれば、もう奥まで突いても痛がらないので、思う存分、奥まで突きまくることができる。それどころか、奥まで突かれる快感に目覚めているので、女性にとっても、膣口の高速ピストンと膣天井を擦りながら、膣奥まで突かれるので、堪らない快感となるようだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(1)

この記事に対するコメント

私は、このサイトが大好きです!
こんな素敵なサイトを作れるのは、FPさんだけです!あと、記事がエロ過ぎて、大好き!いつも、FPさんにクンニされている姿を想像しています!会いたいです!
【2019/11/13 22:24】 URL | 彩華 #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: