FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

フニャチンでの挿入

 普通、セックスにおいて、フニャチン状態で男が挿入することはない。物理的に入らないし、女の方もフニャチンを見て、挿入を期待することもしない。それに男としても、フニャチンだと雄としても情けないし、この状態で悪戦苦闘して入れようとしても、より情けなくなるだけだ。女の方も、しらけた目でみるしね。ましてや、いざセックスとなっても、勃起しないとか、さらには中折れしてしまった時など、必死に挿入を試みれば試みるほど、萎えてしまうものだ。

 今まで、自分でもそのように思っていたので、フニャチンで挿入しようとは思ってもいなかった。しかし、最近、考え方が変わってきた。フニャチンでも、何食わぬ顔をして入れてしまうのだ。と言っても、最初からフニャチンと言う訳ではない。最初はちゃんと勃起していて、硬いペニスで何度もイカせたあと、休憩となる。話し込んでいると、当然、ペニスは柔らかくなる。

 ここで再挿入したければ、普通はフェラでもしてもらって、再び硬くしてから、入れるものだ。しかしこのステップを省略し、フニャチンで挿入してしまうのだ。もちろん、挿入するには、最小レベルまで縮んでいては無理で、ある程度の大きさは必要だ。常識的には、6~8割の勃起、つまりカチカチではないが、何とか芯が通っていれば、入れられなくもない。

 しかし、僕の場合、4~5割の大きさというか、見た目には完全にフニャチン状態でも入れてしまう。コツは、フニャチンの根元をギュッと握り、亀頭から棹の途中まで、無理やりに充血させて芯を作りだし、そのまま手を添えて、なんとかねじ込むのだ。この時、女性もM字開脚にして、股間を広げてもらう必要がある。すでにセックスをしているので、股間も緩んでいるし、濡れているので、何とか入るものだ。もちろん、これは生での話であって、スキンを着けては無理だ。

 というのも、まがりなりにもフニャチンを入れてしまうと、腰を動かしているうちに、生の刺激で徐々に硬さを取り戻すからだ。この時にスキンがあっては、これも不可能だ。生の刺激どころか、無機質なスキンの中でペニスが動くだけなので、萎えるだけで、そのうちスキンから抜けてしまう。
 腰を動かすのは、最初は短いストロークでやらないと抜けてしまうが、硬さを取り戻しつつあるのを感知したら、あとはひたすらスラストをすることだ。女の反応も勃起を促してくれる。

 フニャチンでの挿入は、慣れた女なら、「それで入れるの?」という感じだろうが、中で徐々に硬くなっていくに従って、「やだ!気持ちいい!」となってくる。これって、フニャチンをフェラしていて、口内で徐々に硬くなっていくのと同じ感覚を、膣で味わうことになる。これって、なかなか出来ない経験だ。
 また、セックスに慣れていない女性なら、痛みを覚えること無く、大きなペニスを飲み込むことができる。中で膨らむ分には、それほど痛みを覚えないものだ。

 しかし、フニャチンでの挿入の最大の妙味は、勃起したペニスは当然のこと、「フニャチンでも私の膣内に入れたいの?」という、自分に向ってくる男のかわいさに、女としても嬉しくなることかな。その上で、あっという間に硬くなって、いつもの快楽を与えてくれるとしたら、こんなリスタートもありだと思うもものだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 挿入について | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: