FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

男の性欲の根源にあるもの

 男の性欲の根源は、ずっと射精欲にあると思っていた。性的に成熟すると、男の場合、女を知らなくても、オナニーを経験しなくても、自然な生理現象として勃起はするし、夢精までする。一度、精通を経験すると、あとはひたすら射精の快感を求めて、オナニーなりセックスに励むことになる。その根底にあるのは、間違いなく、射精欲だ。そして射精欲の根底にあるのは、あのキーンとなるような快感を味わいたい、という欲求だ。そのためには、射精するしかないからね。

 しかしながら、オナニーでの射精を繰り返していると、やがて女の体にペニスを入れてみたい、女の体の中で射精したい、という欲求が強くなってくる。そう、挿入欲といってもいいし、セックスしたいという欲求が強くなるのだ。
 しかし、精通を挿入と同時に経験できる男はほとんどおらず、大半は先に射精欲を知り、その後に挿入欲に目覚める。一生、童貞でいると、ひたすらオナニーでの射精の快感を追求することになるけど、セックスを覚えるようになると、射精欲と挿入欲とが一致するようになる。

 ところで、長年、セックスを繰り返していると、男の場合、若い頃のような強烈な射精感というのが薄れてくることも事実だ。あるいは連続して射精すると、辛くなってくる。それでも女を抱きたくなる時がある。となると、男の性欲の根源は、実は射精欲にあるのではなく、挿入欲にあるのかな、と思うようになる。実際、クンニ好きな男は、射精できなくても、ひたすらクンニすることで精神的な快感を得ているものだ。
 「最悪それとも最高の組み合わせ?」で書いたように、挿入して女をイカせることができれば、射精できなくても、男は何らかの満足感がある。喩えて言えば、女が自分はイケなくても、自分の体で男がイッテくれると嬉しい、というのに近いかな。

 しかし、たとえ射精を求めなくても、挿入を果たすには勃起が大前提となる。なので、男には勃起欲というのもある。立たなくなったら、もう男として終り、使い物にならないからだ。だから、挿入できなくても、あるいは射精できなくても、定期的に勃起させて、オスとしての機能を維持したい気持ちになる。

 ところがだ、男には、たとえ勃起せず、挿入ができなくても、女と触れあっていたい、という欲求がある。挿入を前提としないクンニがそうだ。おしっこプレーだけで興奮して満足する男もいる。となると、男の性欲の根源にあるのは、どうやら、勃起欲でも射精欲でも、挿入欲でもなさそうだ。勃起しなくなっても、女を求める男はいる。
 ということは、たとえ射精できなくても、勃起せず挿入できなくても、男の性欲は衰えないというわけだ。それもそのはず、快感というのは、亀頭ではなく、実は脳で感じているものだからだ。脳にその機能が残されている限り、男の性欲は消えることがないのだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 男の性欲・女の性欲 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: