FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

発話表現の豊かな女はよがり声も複雑

 いろいろな女性とセックスしてみると、よがり声もさまざまだということが分ってくる。以前にも書いたけど、概して、声の大きい女性は絶叫タイプのよがり声で、小さな声の女性は消え入るようなよがり声を出す。僕的には、絶叫タイプよりも、恥ずかしそうにこらえながらも、ついつい漏れてしまうようなよがり声の方が萌えるかな。

 ところで、この声の大きさとは別に、単調なよがり声と、複雑極まりないよがり声とがあることに気がついた。単調なというのは、クンニしていても、挿入して突いている時も、そしてイク時も、ただ「あっあっあっ」というよがり声を指す。これでも、突いている方は、それなりに興奮はするけど、今ひとつ、味がないかな。

 対して、複雑極まりないよがり声を出す女性もいる。これも以前に書いたが、楽器の音色のような、つまりまるで音楽のようなよがり声を出す女性もいる。しかし、ここで言う、「複雑極まりないよがり声」というのは、これとも少し違う。とにかく、いろいろな表現をするのだ。
 例えば、クンニをしていても、最初の一舐めで出る「あんっ」というよがり声は、膣口に舌先を入れられると「ひゅーっふ」という声になったり、クリを刺激すると「うっつっひいっ」となったりと、とにかく色々な声とも思えぬ声を出すのだ。

 挿入する瞬間も、「はあっんん」と反応したかと思うと、ペニスを引かれる時に「いっっひっはぁあ」という具合だ。奥まで突きまくると、「あんあんあんあん」となるし、入口の高速ピストンをすると「いやっっはあうっ」という感じになる。最後、イカせようと突きまくってイカせると「いぐっ……ひっ………んっぐっ……はああぁん……」と、とにかく、予想外の声が漏れるのだ。息を吐きながらだけでなく、息を吸い込みながらもなんらかの声を出しているので、声が裏返ったりもする。

 こういう女性って、愛撫の仕方や体位、さらには突き方、突く場所を変えるだけで、まるで違ったよがり声を出す。おそらく本人も、与えられる快感に自然と反応しているだけなのだろう。出そうと思って出せるものでもない。男からみると、よい音を奏でる名器の演奏をしているというよりも、もっと複雑系の音が出る装置という感じかな。これこそが、決まった音しかでない楽器と違って、生身の女の生の声のもつ面白さだ。

 概して、こういうよがり声を出す女性って、普通の会話をしていても、発話する際の表現が豊かというか、バリエーションに富んでいる女性が多い。会話していて楽しく、心地よい女性は、よがり声も聞いていて楽しいものだ。もちろん、そんな女性に、複雑なよがり声を出させるには、いろいろな愛撫をし、いろいろな体位で、いろいろな突き方をしないとダメだけどね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 女のよがり声 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: