FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

男性に愛された後のおまんこ

 「使用前使用後」ということばがあるけど、これって、男女の性器にもいえることだ。男の性器の場合、「使用前」は、これから一戦を交えんとばかり、元気にいきり立っている。挿入を前に、気持ちがはやってヒクヒクしているし、待ちきれずに先から我慢汁を垂らすこともある。金玉も臨戦態勢に入り、二つの玉が激しく動きながらせり上がって来る。

 しかし、酷使した「使用後」となると、芯がなくなり、柔らかくなって、情けけないぐらいに小さくなってしまう。生の中出しだと、酷使したペニスのまわりには、自分の精液と女の愛液とがまとわりつき、怪しげなぬめりと淫靡な匂いを放っている。スキンをつけていても情況は同じで、女の愛液がスキンの外にあるだけで、スキンをとれば、自分が出した精液まみれとなってしまう。

 女性の性器の場合はどうか。「使用前」のおまんこって、興奮や前戯で中が濡れていることはあるけど、小陰唇をぴたりと閉じて、中の粘膜をしっかりとガードしている。淫靡さはそれほどなく、身持ちのいい女の性器という感じかな。しかし、男と同様、「使用後」となると、表情が一変する。

 まず、クンニでイカされたおまんこから。男の唾液と自分の愛液とで、股間まわりはべっとりと濡れている。そして舌先や唇の愛撫による刺激から、小陰唇が充血して、ぷっくりとした二枚の花びらのようになる。クリトリスも充血し、回りを被っている三角形のフードごと盛り上がっている。中には、クリだけが露出して紅い真珠のような輝きを放っていることもある。そして何よりも、舌先を入れられた膣口が、軽く開き気味になり、その奧から男の唾液とも愛液ともわからない透明な体液をだらしなく垂らしている。

 クンニでイカされた後のおまんこって、男から見たらこんな感じだ。しかも、クンニによるオーガズムだけでは、決して満足せず、さらなる快感を求めて、膣口をヒクヒクさせながら、男の生殖器の挿入を待っている。

 その生殖器を飲み込み、男が射精した後のおまんことなると、もっと「使用感」がでる。生の中出しの場合なら、愛液と精液とで股間はベトベト状態となる。奥深くに放たれた濃い精液はすぐには出てこないかもしれないけど、やがて水っぽい液体となって膣口から垂れだしてくる。そしてなによりも、太いペニスでこじ開けられ、激しいスラストで擦りつけられたおまんこは、ぱっくりと小さな膣口を開けて、ヒクヒクとしている。

 普通の男なら、こんな「使用直後」のおまんこなど、クンニしたいとは思わないし、自分のペニスを入れたいとも思わないだろう。だれだって、「使用前」のおまんこがいいに決まっている。
 ところがだ、とある女性の体験談を読んでいたら、この「使用後」のおまんこを指して、「男性に愛された後のおまんこ」という表現を使っていたのだ。ううん、これって、さすがに女性ならではの表現だなと、感心してしまった。そうか、女性はそんなふうに思っているんだ、とそれまでの「使用後」のイメージが払拭される思いだった。


 それにしても「男性に愛された後のおまんこ」って、なんていい表現なんだろう。ネットなどで見ることの出来る、中出し後のおまんこの画像って、言い換えれば、「男性に愛された後のおまんこ」ということだ。こう考えると、また違った表情をみせるから不思議だ。
 まあ、これは他の男に愛されたおまんこなので、羨ましいな、という気持ちしか起きないけど、ふと、そんなおまんこを眺めていると、いじらしくも見えてくる。もし自分がその場にいたら、思わず自分が口でお掃除してあげたくなってしまうかも、という気持ちが起ってしまう。

 他の男に愛されたおまんこでもそう感じるなら、自分が愛したおまんこなら、もっと愛情をもって接することができるようになる。セックスが終ったおまんこって、精液を吐き出した、ティッシュで拭かなければならないような、汚い「穴」などではない。オスの性欲の塊である勃起したペニスを優しく包み込んでくれ、精液を出すほどに気持ちよくさせてくれたおまんこに、男は感謝しなければならない。
 だから僕は、スラストの途中でも、ペニスを抜いてクンニをすることがあるし、射精した後も、お掃除クンニをしてあげるようにしている。おまんこを愛してあげられるのは、ペニスだけでなく、口でもできるからだ。

 このように考えると、スラストの途中でも、いま自分は、この女性のおまんこを愛しているんだ、と感じるようになってきた。クンニの時は、舌と唇でおまんこを愛している感覚はあったけど、スラストしている時も、ペニスでおまんこを愛してあげている、という感覚になってきたのだ。

 ある時、この気持ちを言葉で女性に伝えたことがある。大きなペニスで体の奥まで突かれると、深く愛されている感覚になる、という女性の言葉を思い出して、やさしくスラストしながら、女性の目を見つめながら
「大きなペニスで体の奥まで突かれると、深く愛されている感覚になるって聞いたけど、そんな感じなの?」
「うん、そんな感じがする」
「○○ちゃんのおまんこ、僕のオチンチンでいっぱい愛してあげるね」
「うん、うれしい、ありがとう」

 この瞬間から、僕の腰の動きは、摩擦の快楽を求めてのスラストではなく、「彼女のおまんこを愛している」という行為に変わっていった。一突き一突きに愛を込め、彼女も一突き一突きに僕の愛を感じ取ってくれる。ねっとりとしたキスを交わしながら、僕は射精を我慢し、たっぷりと彼女のおまんこを僕の硬いペニス愛してあげた。
 その甲斐あってか、その日、彼女は生まれて初めての中イキを経験することができた。射精した後も、僕のペニスは硬さを維持し、初めてのオーガズムでボーっとしている彼女をきつく抱きしめ、ねっとりとしたキスをし続けていた。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスのイメージ | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: