FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

バックでの高さ調整

 男女の身長差は、正上位にしろ、女性上位にしろ、対面性交の場合はさほど問題とならない。しかしバックとなると、身長差が問題となることがある。平均身長でいうと、男のやや方が高いので、大きな問題はないが、女性の身長が極端に低い場合や、同等か女性の身長の方が高い場合、多少の調整が必要となってくる。

 特に身長差が問題になるのが立ちバックだ。女性の身長が極端に低い場合、女性を台の上に乗せるか、あるいはわざと持ち上げて空中セックスという手もある。普通にしたければ、男が両脚を広げ気味にすれば、腰の位置を下げることができる。

 女性の身長が男と同等か、高い場合、男としては立ちバックはやりにくくなる。そもそもバックって、動物的な交尾の体位だから、強靱なオスがか弱いメスを背後から襲うイメージがあるけど、女の方が背が高いと、その図式も崩れてしまう。それに、バックの場合、女性の膣内の性感エリアは、下側にくるが、女の身長が高いと、その性感エリアをペニスの亀頭や棹の下側で刺激しにくくなる。見た目だけでなく、与える快感にも影響がでてくるのだ。まあ、男が台の上にのればいいのだけど、それも情けないので、こういう場合は、立ちバックは避けることかな。

 四つん這いバックの場合も、同じ事がいえるけど、こちらの方はまだ調整がしやすい。背の低い女なら、男が両脚を広げ気味にすればちょうどいい高さにすることができる。問題は、背の高い女性の場合だ。女性の背の高さだけでなく、背の高い女の場合、膝から股関節までが長いことが多い。
 この場合、四つん這いバックになった時に、お尻の位置、つまり膣の位置が高くなり、男としては挿入やスラストがやりにくくなるのだ。まるで背伸びをしながらやっているような感覚になり、征服欲を満たすことは出来ない。

 こういう時にどうしたらいいか?実は、簡単で、女の両脚を開き気味にすればいいだけだ。肩幅だと高すぎるなら、両脚をハの字に広げていけば、股間の位置は下がっていく。さらに広げていくと、限りなく寝バックの姿勢に近くなる。
 女性がこの姿勢を取ることには、もうひとつのメリットがある。それは膣内の性感エリアである膣口や膣天井が左右方向に横に引っ張られるため、ペニスで擦られた時の摩擦が増し、感度もさらに増すのだ。

 なので僕は、ちょうどいい高さの女性でも、敢えて女性の両脚を広げ気味にさせることが多い。それと、女の股間の位置を下げれば下げるほど、「膣天井直撃バック」と同じ体位になっていく。男が腰を高くあげて、下に向って突き刺す「膣天井直撃バック」って、女には効果てきめんだけど、男には体力的な負担が多い。なので、女の両脚を広げて股間がベッドから20センチぐらいの高さにすれば、男はそれほど腰を高く掲げなくても、「膣天井直撃バック」と同じように膣天井を突きまくることができるからだ。

 AVとかみていると、四つん這いバックのあわせ技として、女の片手や両手を後にひっぱたりと、いろいろなやり方をやっているけど、一番、大切なのは、見た目の派手さではなく、女の両脚を広げて腰の位置を下げ気味にし、膣天井を亀頭やペニスの裏側で擦りまくることだ。これこそが、バックをやる意味なんだから。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | セックスの体位 (バック) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: