FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

男性にとっての「汚い」ところ

 Rちゃんとの『女性にとっての「汚い」ところ』の話の続きをしよう。今度は男からみた女の体の「汚い」ところの話題だ。女性にとっては、やはり陰部は汚い所、というイメージがある、という話だ。

「その汚い陰部を男が舐めるのって、凄くない?」
「よく舐めるな、とは思うよ」
「いまでこそ、クンニ好きな男になっているけど、この俺でも20代のころは、舐められなかったんだ」
「そうだったんですか」
「舐めたいとはいつも思ってはいたわけ。でも、実際におまんこを目の前にすると、なかなか舐めることができなかったんだ。今みたいにパイパンか、半分脱毛している女性も少なかったし、股間を開くと、剛毛でプーンとメスの匂いやおしっこの匂いがして、とてもじゃないけど、舐められなかったね」
「そうでしょうね」
「で、いつも、『次回こそは、絶対に舐めるぞ!』と心に誓って臨むんだけど、やはり舐められなかった」
「心に誓っても?」
「で、20代の終わりの頃、『今日こそは何があっても絶対に舐めてやる』という強い気持ちでデートして、ついに生まれて初めてクンニしたというわけ」
「どうだった?」
「もう、舐める気満々というか、挿入よりも舐めることばかり考えていたからね。股間に割って入って、いよいよとパンティーを脱がした時が一番、興奮したかな。まだ見ぬおまんこ、それをこれから舐める決めていたからね」

 その時のことを思い出しながら、臨場感たっぷりに説明してあげた。剛毛ではなかったけど、それなりに毛の生えた、生々しいおまんこだったかな。パンティーを脱がす時にさりげなくクロッチの裏側を見たら、べっとりとおりものや愛液で濡れていたしね。彼女は恥ずかしそうに目を両手で被っていたので、汚れをチェックするぐらいの時間はあった。だけどあまり間をあける訳にはいかなかった。目的は汚れたパンティーではなく、目の前のおまんこだからね。股間を大きく開くと、濡れたおまんこが目の前に。ここで観察いていてはまたためらってしまうかも知れないと、間髪いれず、むしゃぶりついていった。彼女は、いきなり舐められるとはおもっていなかったらしく「だめだめ、シャワー浴びてないから………」と抵抗していたけど、それもすぐに気持ちよさそうなあえぎ声に変わっていった。そしてなんと、生まれて初めてのクンニで、彼女をイカせることができた。これが大きな自信となり、その後のクンニ人生の出発点になった、というような話をしてあげた。

 話しながら、久しぶりに自分も思い出してしまい、その「再現ビデオ」をやってあげることに。もう一度、彼女にパンティーを履かせて、忠実に再現してみる。結局、これがこの日、予定していなかったタイミングでのクンニとなってしまった。なので、イカせるまでは舐めなかったけど、彼女も生まれて初めて舐めた男の決意を感じたのか、興奮していたけど。
「あっ、しまった! これでチュウができなくなってしまう!」
「そうだね」
「うがいしてくればいい?」
「うん、いいよ」
ということでうがいしに。なんか、これって、間が抜けているんだよね。前回は、確か、クンニしたあと、全身を舐めまわした後、流れでキスもしたと思うけど、今回は乳首も舐めないうちに、いきなりのクンニだったので、印象も強烈だったしね。仕方なく、洗面所に行って、うがいをする。うがいをしてみて初めて、口の中に残っていた彼女おまんこの強烈な匂いに気が付いた。生理前と言っていたしね。数回のうがいでは匂いも消えなかったので、歯ブラシも取りだして、磨いた。これでまた抱きしめあってのキスを再開することになった。

 その時、あそこを舐められない男の人って、結構、いるよ、という話題になった。中には、その日の匂いでクンニするかしないかを決める男もいるとのこと。
「指マンしたあと、抱きよせる振りをして、女に見えないようにしてそっと指の匂いを嗅いで、きつかったらクンニしない男の人って、いるよ」とのこと。  
なぜ、それを知ったかというと、その男がそういう仕草をして、その訳を話してくれたからとのこと。匂いを嗅いでいるなというのは、見えなくても女には何となく分るらしい。
「それでクンニをパスされたら、匂うのかな?と女が傷つくのでは?」
「まあそうかな」
「でも、他の男の人に聞いてみたら、実は俺もそうしているよ、という男の人が何人かいたよ」

 やはり、男にとっては、クンニするしないの境界線って、あるのも事実だ。誰でも、いつでもいいというわけでもない。しかし、指についた匂いって、膣内のものだし、クンニしてもそんな奧まで舌先は届かないのにね。まあ、匂いは確かにチェックできるけどね。生理前後のまったりとした匂いとか、生理中の鉄分くさい匂いをチェックしたいのかな。
 クンニ好きな僕に言わせれば、そんな小細工しないで、舐めたければどんな匂いであろうと舐めろ、舐めたくなければ初めから舐めなければいい、と思うね。僕にとっての境は、ずばり、キスしたい女か、そうでないかだ。キスしたいと思う女なら、たとえ生理前後であっても、さらには生理中であっても、クンニしてしまうけど。というかその方がより興奮するけど。それはされる側の女も同じだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスのデリカシー | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: