FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

足の指舐めのもう一つの姿勢

 足の指舐めの姿勢については、「足の指舐め」【全身愛撫術】で、3つの姿勢について紹介している。第一は、定番ともいえるもので、ソファーに座った女性が足を差し出し、跪いた男が舐めるというやつだ。
 第二は、直角正上位で挿入する姿勢で(実際に挿入しながらでもできる)、女の足を男の口にもってきて舐めるという姿勢だ。この方が、女の股間に勃起したペニスや金玉を置くことができて、複合的な刺激を与えることができる(挿入していれば膣内への刺激となる)ので、効果的だ。しかも、足の指のなかでも、最も感じやすい指の裏側に舌先を当てることができるので、より繊細で効果的な足の指舐めをすることができる。僕が使うのも、この姿勢が一番、多いかな。

 そして第三の姿勢が、男女とも横向きになる姿勢だ。女が胴体と脚とが直角になるように寝て、男も横向きになり、女の足の方の顔を向けるのだ。この姿勢のでも、ペニスを女の股間にあてがうこともできるし、挿入することも可能だ。男女ともまくらがあれば、首も疲れないけど、やはり横向きだと長時間はきつくなってくるかも知れない。

 ところが先日、これ以外にも足の指舐めの姿勢があることに気が付いた。それは女性がうつぶせに寝た状態で足の指舐めをするというものだ。なぜこの姿勢で足の指舐めをしたかというと、うつぶせから愛撫をスタートして、背中、うなじ、耳などと愛撫し、そこから腰におりてきて、最後、女性の股間に僕の両肩を入れて腰を浮かせて、アナリングスをした時のことだった。

 クンニ直後のキスをいやがる女性がいるぐらいだから、アナリングス直後のキスって、絶対に嫌がるものだ。そこで僕はいつも、アナリングスをしたあとは、脇腹とか、おっぱいとかを舐めて、ワンクッションおいてから、キスするようにしている。その時は、すでに上半身を舐めまわした後だったので、彼女の両膝を90度に折って両足を上に向けてみたら、なんと目の前に足の指があったから、ごく自然にそこに唇がすいよせられた、という感じだ。

 彼女にとっては、アナリングスも生まれて初めての経験だったけど、足の指舐めも初めてみたいで、驚いていた。だけど、うつぶせで両足を上げられているので、身動きが制限されているようなもので、もうされるがままだった。しまいには、股間がズキズキとしてきたのか、腰をクネクネと動かしてくる。それを見ながらの足の指舐めって、効果を目の前で確認しながらなので、なおさら楽しくなる。

 それにこの姿勢でも、舌先は感じるポイントである指の下側にはうまく届かないけど、唇で快感ポイントをしゃぶることは十分に可能なので、足の指舐めの効果が半減するわけでもないということが分った。うつぶせの女性の股間に枕でもあれば、腰をクネクネさせるのって、クリを擦りながらオナニーしているのと同じことになるので、足の指舐めをしながら、オーガズムに導くことも可能かもしれないね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 全身愛撫術 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: