FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

速効でクンニ・オーガズムに導く王道

 クンニではイッタことがないというMちゃん。それでもM字開脚にして、立体的クンニのフルコースをしてあげると、10分ほど時間はかかったものの、あっさりと生まれて初めてのオーガズムへ。せっかくなので、そのまま二回目のオーガスムへ。2回連続も生まれての経験だった。

 二回目に会った時、彼女の性感帯をしっかりと把握していたので、時間的な余裕もあったので、クンニの前に、たっぷりと前戯をしてあげた。キス、乳首、背中のKスポット、そして首回りと耳という順番で30分近くもかけただろうか。そこで初めて股間に指をやると、もう股間の粘膜が熱く、小陰唇の外側に愛液が溢れ出すほど濡れているではないか。

 そのまま僕だけ体の向きを変えて、彼女の両脚を広げ、濡れた股間を露わにした。男が上になるシックスナインを少しずらしたような姿勢で、彼女のお腹側からクンニを始めた。股間を開いたことで、小陰唇の内側に溜まっていた愛液が割れ目全体に広がり、彼女の股間はもう凄いことになっていた。いつもなら、M字開脚している股間に割って入るのだけど、あまりの濡れように、このままクンニを続けることにした。

 それでも、いつものように大陰唇回り、小陰唇の外側と内側に舌先を這わし、膣口に舌先を差し込んだ。ヌルヌルの愛液が熱く、僕の唾液なんか必要としないぐらいだった。そこから直ぐに、既に硬くなって浮かび上がっているクリに吸いついた。それまでとは違ったよがり声に。クリを被っている三角形のフードを左右にレロレロしてみたり、膣口側からクリに向って上下に舌先をレロレロしてあげる。

 すると、なんとものの2分で、イキそうな雰囲気に。そのままレロレロと舐め続けると、3分後にはあっさりとイッテしまった。前回は10分もかかったオーガズムだけど、今回は速効でイッテしまったのだ。しかも、考えてみれば、この姿勢でイカせたのも初めてだった。興奮さえしていれば、クンニの姿勢など選ばないということだ。

 いつもなら、連続して二回イカせるのだが、深くイッテいるのでもう十分だった。それに余韻に浸っている彼女を抱きしめたくなったので、濡れた股間に名残惜しむようにキスをすると、また上体を元の位置に戻し、彼女の乳首を舐めまわした。イッタ直後に乳首を舐めまわされると、また腰をくねらせながら、気持ちよさそうな声を上げている。おっぱいを経由したのは、口の周りにまとわりついたベトベトの愛液をキスの前に、取っておきたいというのもあった。

 向かい合って抱きしめたところで、
「クンニの後のチューはいや?」 と聞くと
「いいですよ」とのこと。直ぐにまたねっとりとしてキスを楽しんだ。
 ちなみに、その後は、そのまま挿入し、なんと生まれて初めての中イキを体験させてあげることができた。しかも興奮していたせいか、ものの5分もかからないうちに。こちらも射精までに余裕があったので、クンニの代わりに中イキを二回連続で味あわせてあげた。長い愛撫も、クンニでのオーガズムも、全てはこの生まれて初めての中イキに繋がっていたということだ。

 クンニを始めてから、彼女がイクまでの時間が短縮されたのは、僕のテクがうまくなったからではない。彼女も、前回に初めてイカされて、イクというのが分っていたというのもあるが、今回、こんなにも短い時間でイッテしまったのは、たっぷりの時間をかけて、愛撫をしっかりとしておいたからだった。股間が熱くなり、溢れ出すほど愛液が出るぐらいに興奮していれば、10分もクンニを続ける必要など、まったくないというのは、ちょっとした驚きだった。

 今まで磨いてきたクンニテクって、何だったんだろう、という思いだ。洗っていないおまんこを舐めたかったせいもあるが、まだ女性がそれほど興奮していない段階からいきなり舐めることが多かった。そんな女性をイカせるには、10分近くかかるのも当然だ。しかし、これって果たして正しいというか、効率的なクンニだったのか、と反省もしてしまった。

 考えてみれば男だって、10分もフェラされた後に、射精するのって、なんか間延びしている。それに精神的な興奮は10分も続かないものだ。フェラをはじめられてから数分で射精させられる方が、快感の度合いもするどい。同じことはクンニにも言える。クンニを開始してから、あっという間にイカされてしまう方が、興奮も持続しているので、快感も高い。

 これからは、どれだけ長く、色々なテクを駆使して舐めるかよりも、如何に短い時間であっさりとイカせてしまうか、に挑戦しようかなと思う。そのためには、事前のたっぷりの愛撫が最適だ。それに、愛撫は、10分続けようと、女性が焦らされることはあっても、興奮が冷めることはない。事前の愛撫もクンニのうちだ、と思えばいいのだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | クンニのテクニック(上級編) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: