FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

痛くないお尻の叩き方

 Mっ気のある女性の場合、四つん這いバックで突かれながら、お尻を「パン パン」と叩かれると、さらに興奮するものだ。物理的な軽い痛み(本物の鞭ほど痛くはないが、適度な刺激が皮膚に心地いい)のほか、「男に好きなようにやられている感」が女を興奮させるようだ。女性によっては、また叩き方によっては、物理的な軽い痛みが、快感に変わることもあるらしい。

 もっとも、このお尻叩き、全ての女性が快感と感じる訳ではないので、バックで突きながら「お尻、叩かれるの好き?」と聞いてみた方がいい。「好き」と言えば、容赦なく叩けばいい。あるいは、見るからにMっ気全開の女なら、聞くまでもなく、試しに軽く叩いてみて、反応がいいようだったら、本格的に叩くのがいい。

 とことで、とある女性と四つん這いバックで突いていた時のこと。「叩かれるの好き」というので、容赦なく叩きまくった。見ると、お尻の表面の皮膚が紅くなっている。さすがに、女の方から「ちょっと……痛いかな………」とのコメントが。いくら好きでも、本気で叩きまくっても逆効果ということがよく分かった。

 その後、さほど痛くなく、それでいて大きな「パチン!」という音がでる叩き方を色々試してみて、一つのやり方にたどり着いた。それは、お尻の肉を叩くイメージではなく、お尻の表面の皮膚の1ミリだけを叩くイメージでやるといい。

 大きな音を出すには、手の平に空気を入れたり、空気の抜け道を作らないことだ。そのためには、指をそろえて手の平をなるべく平らにする。そして、鞭のようにしなやかに、手の平にスナップを効かせて表面だけを叩くのだ。大きな音を出すには、それなりに力を入れる。だけど、お尻の皮膚に触れた瞬間、手の平を反転させて、皮膚から離すのだ。

 こうすると、音だけは、「パチン!」と出るが、叩かれている方はそれほどの痛みを覚えない。むしろ、お尻の皮膚の表面に手の平で乾布摩擦を受けているかのような、軽い痛みと適度の心地良さがある。
 但し、この叩き方でも、繰り返していると、お尻の皮膚が紅くなることがある。いくら痛くないとはいえ、ほどほどにすべきだ。コツは、連続して叩かないことだ。一回叩いたら、数秒まち、痛みが消えてからまた叩くのがいいかな。あと、同じ所を叩かず、毎回、場所を変えればさらに痛みを覚えることも無い。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | SとM | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: