FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

オチンチンを入れて欲しくなる愛撫

 挿入前の愛撫としては、とろけるようなディープ・キスが一番だけど、他にも、うなじや首、耳へといった性感帯に舌先を這わすというのも効果的だ。しかし最も効果的なのは、何と言っても、おっぱいへの愛撫と、クンニがメインとなる。特にクンニの場合、挿入前にクリへの愛撫でイカせることもできる訳だから、前戯の一つというよりは、もう立派な性戯となる。

 挿入することを前提とした場合でも、僕はまずクンニで何回かイカせてから、おもむろに挿入するというパターンが多い。その方が、女の感度も上がり、挿入された時点ですでにハイレベルの感度になっているので、イキやすい体になっているからだ。男としても、少ないスラストでイカせることができるので楽だし、射精までの時間にも余裕が生まれるので、連続オーガズムに導くのも難しくない。それに膣内が十分に濡れているので、潤滑油にもなるし、膣内の粘膜も熱くなっているので、ペニスにとっても快感が増すというメリットもある。

 クンニで何回もイカせてあげると、女はさらなる快感を求めて、「オチンチンが欲しい……」「早く入れて欲しい………」と思うようになる。中には言葉でそう訴えてくる女性もいる。あるいは、男の勃起したペニスを握って「こっちがいい………」と甘えてくる女もいる。こんなことをされると、男としても堪らなくなって、速効でペニスをぶち込みたくなる。

 挿入を前提としていない場合でも、クンニで何度もイカせると、女は「だめ、欲しくなっちゃう………」「入れて欲しくなっちゃう………」と切なそうに訴える。でもまだこの段階では、理性が働いている。
 その理性をあっさりと壊し、本当にオチンチンを入れて欲しくて堪らなくさせる方法がある。それはクリへの刺激ではなく、膣口に舌先をねじ込む愛撫だ。膣口が感じる女性なら、これだけでもオーガズムに達してしまうほど、強い快感を得る。

 クリへの愛撫は、あくまでクリイキ、外イキの快感でしかないが、舌先を入れられると、女はペニスによる挿入をイメージし、より深い中イキを求めるようになる。しかも舌先って、奥まで入ってこないもどかしさを助長するので、より奥まではいってくるペニスを欲しくなると言うわけだ。なので、舌先を膣口に入れる時は、できる限り奥までいれるようにすることと、入れっぱなしにせず、入れたり抜いたりを繰り返すといい。

 舌先がより奥まで入る、四つん這いバックの姿勢でも、このテクは活用できる。M字開脚であれ、四つん這いバックであれ、さんざん女の膣口を焦らしたところで、勃起したペニスの亀頭部分を舌先に代って押しつけると、女は「だめ、はいっちゃう」という気持ちと、「そのまま押し込んで!」という気持ちとが葛藤する。ここでキスするなり、おっぱいに舌を這わせたりされたら、もう女も受け入れ姿勢になり、自分から腰をせり上げてペニスの挿入を求めて来ることが多い。

 なお、同じような愛撫として、指入れがあるではないか、と思われがちだが、指と舌ではまるで違う。指は奥まで届くし、膣天井や子宮口を刺激することでイカせることもできる。ここまでしてしまうと、指で十分なので、女としては満足してしまう。舌先のように、奥まで入れよとしても、入口付近で留まっているもどかしさがいいのだ。なので、もし指入れで焦らしたければ、第一関節か第二関節までに留め、しかも側面を擦らないようにニュートラル・スラストをすることだ。
 しかし、舌先には、指にはない粘膜の感覚と温かさがあるので、はやり指は舌先にはかなわない。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | 全身愛撫術 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: