FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

スラスト中にスキンが着いているか確認する女

 とある女性と、セックスした時のこと。生で入れたかったけど、スキンをつけて挿入してとのリクエストだったので、XLサイズのスキンをつけてスラストしていた。彼女にとっては、久しぶりのセックスだった上に、生まれて初めて入れる大きなペニスだったらしく、挿入する時は痛がったものの、大きさに慣れてくると、「おっきい……」と何度も一人ごとのようにいいながら、僕の容赦ないスラストを受止めていた。きつめのおまんこに、僕のペニスの硬さも絶好調だった。

 スラストの滑りの良さから、膣内に愛液が分泌されているのは分るが、どれぐらい濡れているのかは分らなかった。女の濡れ方が激しいと、スラストしていても「グチュグチュ」という音が聞こえるものだが、彼女の場合は、そんな音もしない。直角正常位でスラスト中に股間に目をやってみると、ペニスを引いた時に一緒にネバネバした愛液がまとわりついていて、棹の根元から愛液が糸を引いてシーツに垂れていくのが見えた。
「すごい、愛液が糸を引いて垂れているよ!」
「そうなの、大きすぎて分らない……」
どうやら、きつめの膣に大きなペニスが入ると、膣内が目一杯広げられ、棹との間に隙間がなくなり、愛液は棹を引いた時にしか外に出ようがないようだった。

 あまりの滑らかな動きに、彼女の方から「大丈夫?スキン、ついている?」と心配になったようで、指を伸ばして棹の表面を確認している。まるで生で出し入れしているかのような感覚になったのだろう。
 僕はスキンをつけていることを忘れるほどでもなかったが、彼女がそう感じるのも分る気がした。勃起が弱いと、スキンとの間に隙間が生まれ、スラストしていても、スキンのたるみが感じ取れるものだけど、パンパンに張ったペニスだと、スキンを押広げるので、まるで皮膚のようにペニスの表面に密着する。その上に、十分な愛液で濡れていたので、まるで生で出し入れしているような感触を覚えたのだろう。

 スキンが着いているのを確認すると、安心したようでまた背中に手を絡めてくる。僕としては、疑われたことよりも、「この女、生の感触がどんなものか知っているということは、生でもやりまくった経験があるのかな」と思って、なんかこの女がイヤらしく思えた。体位を変えて、四つん這いバックの時や、再び正常位に戻った時にも、彼女はまた手を伸ばしてスキンが着いているか、確認してきた。それほどまでに、彼女にとっては生で入れられているような感覚になったということだ。

 最後、正常位で射精した時も、彼女はちゃんとスキンがついているか、心配しているようだった。柔らかくなるまで膣内に留まったので、僕自身も、スキンがついているか、心配になってきた。というのも、キツキツの隙間で長時間、スラストしていると、僕自身も段々と、スキンを着けている感覚が薄くなり、最後、射精した時には、スキンを着けていることを忘れるぐらいになっていた。亀頭を濡らす精液の暖かさで、かろうじてスキンの中に出したことが分る程度だった。なので、棹を抜いたときにちゃんとスキンが着いているのを見た時には、ちょっと安心したかな。

それにしても、今まで、こういう経験があまりなかっただけに、凄く印象に残るセックスとなった。滴るような愛液で濡れたきつめの膣と、パンパンに張った大きなペニスとが組み合わさると、スキンを着けていてもまるで生で出し入れしているかのような感覚になる、というのは新鮮な発見だった。スキンを着けている男がこれを全く忘れるということはないが、少なくとも入れられている女には、生のような感触を味わうことも出来るということだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 体験談-大きなペニスがいいの | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: